児童連続殺人者Wesの最も切実な切望———被害者意識と犠牲者意識———

Wes(WestleyAllanDodd) ウェストリー・アラン・ドッド Wes 自己犠牲 犠牲者意識 被害者意識

Westley Allan Dodd(ウェストリー・アラン・ドッド)の少年時代



 

WesWestley Allan Dodd)が子どもたちを殺してしまった最大要因の一つが、またわかった。

 

 

Wes(ウェス)

 

 

我が同志よ、もし良かったら、この話を進める前に、僕が2015年6月に書いた

ベンジャミンと先生 - sirosorajpnonikki’s blog

という物語を読んでみてほしい。

僕はWesを知ったのは2022年の6月だったけれど、約7年前に、僕はWesを表現できていたんだ。

この物語を何一つ意図せず(何者かの力によって)書き上げた瞬間、僕の心は震え上がるほど感動したんだけど、それはずっと僕でさえ知らなかった知らない僕の本質(最も深い潜在願望)を表現できたと感じたからだった。

でもこの物語の主人公であるベンジャミンという少年は、どうも僕自身ではない。

僕はベンジャミンほど純粋な人間ではないんだ。

もう一人の主人公である先生も僕にとって憧れの存在だけれど、ベンジャミンも僕の理想的な男の子だ。

Wesの本質だ。ベンジャミンは、Wesの本質を表現しているんだ。そう僕は今朝にやっと気づけた。

それはその数時間前に僕は起きて、『ラムサ 愛という名のエリクサー 改訂版』

を読んでいて、ラムサのこんな言葉を読んだからだ。

 

『性欲、犠牲者意識、病気、権力欲、暴君的態度、被害者意識といったものを彼は持っていなかった。彼にはそういったものがまったくなかった。あなた方はそれらを持っている。あなた方はそれらに基づいて機能している。』

 

ぼくはラムサの言う犠牲者意識とは被害者意識のことだと勘違いしてしてしまっていたが、それらは別の意識だった。

深く愛されたくとも、愛されない(愛されてはいない)というWesの潜在意識にある凄まじい被害者意識は生きる程にどんどん巨大化して行き、もう手に負えなくなった。

Wesが子どもたちを殺害するに至った最大要因の一つはその被害者意識であると僕は確信している。

そしてもう一つ、今日確信できた。

犠牲者意識』というものだ。

犠牲者意識とは、みずから自分が犠牲となりながら(自分自身で自己犠牲を選択しておきながら)、その犠牲に対して最高の報いを求める意識だ。

僕は、それで気づいたんだ。

Wesが求めていたものとは、ただただ、普遍的な愛で深く愛されることではなかったのだと。

Wesが本当に本当に求めていたものは、もっともっと特別なものだったんだ。

それは、神の愛と呼ぶに相応しい。つまり、堕落した我々は到底与えることもできないようなもの、真の無条件の愛であり、それだけではなく、「自分だけに特別に与えられるもの」であって、Wesは心の奥深くで、自分ではまったく気づかない場所で、Wesは本当の特別な愛を強く強く求めつづけ、何よりも、切実に切望していたんだ。

だからこそ、Wesはあのとき、自殺するわけにはいかなかった。

最初に子どもたちを殺したあの日の数日前に、Wesは本気で自殺しようと考えたが、考えを変えた。

自殺したところで、自分が最も求めているものは手に入らないとWesは覚ったのだ。

この時点で、Wesの人格は凄まじい程に崩壊している。

Wesは、此処で死ぬわけには行かないんだと想った。

そのとき、Wesのなかにある闇の底に、確かに何かが降りて来たんだ。

そしてその時に降りて来たアイデア、まさしく悪魔(Satan)からの贈り物と言えるその一つのアイデアを、Wesは絶対に、実行させなくてはならなかった。

それが「子どもたちをでき得る限り残酷に殺す」というアイデアだった。

そのたった一つのアイデアは、Wesにとっての最後の砦でもあった。

つまり、自分にある特別な神聖さ(神聖な潜在願望)を、護り通す為にも必要だったんだ。

ただ此処で自殺してしまえば、自分は無価値な存在だとこの世に知らしめて終る。

でも僕は、こんな馬鹿げた人生で終わるべきではない特別な人間なんだ。Wesはそう確信し、ベッドに深く沈み込むように横たわらせていたその身体を立ち上がらせた。

Wesは心の底から信じた。

僕にこのアイデアが降りて来たのは、僕が本当に特別な存在だからだ。

そして僕ならば、これを遣り通すことができるし、死が訪れるまで遣り続けられる。

Wesは実際にこれまでにオカルトを研究していた為に、殺す子どもたちを上手く捕まえられないことに苦悩し、最終的に(ルシファーとも呼んでいる)サタンと契約を交わし、そしてサタンとの契約書に、子どもたちを殺させてくれるならば僕の魂をくれてやると書いてサタンに誓った。

Wesは逮捕されたあと、『I don't understand how I can love kids so much and yet do all that I've done.僕はどうしてこんなに子供を愛しながら、僕がしたことのすべて実行できたのか(何故、あんなことができたのか)、理解できない。』と素直に述べているので、Wesは自分の潜在願望に何も気づいていない。

でもWesの潜在意識は、Wesが本当に求めているものがなんなのか、ちゃんとわかっていたんだ。

だからこの時点で人格を完全に崩壊させることに成功できたWesは、"それ"を叶える為に、突き進むしかなかった。

何よりも、他の何よりも、Wesはそれが必要だった。

それを叶えたかった。

Wesは、此の世に存在するだれよりも、自分こそが真の特別な愛によって愛される人間であるということを信じて疑わなかった。

疑うならば、Wesは(完全に無価値な存在として)自殺する以外、道はなかったからだ。

Wesは、Wesには、それは堪えられなかった。

Wesは、神を信じてはいなかったし、サタンも信じて崇拝はしていなかった。Wesはただ自分の最も大きな潜在願望を叶える為にサタンの力を借りただけだった。

僕はWesほど、自分の良い部分を何から何まですべて裏目にした人間を知らない。

Wesの純粋性、純真さ、無邪気さ、男の子たちに性的虐待をしたいが為に真剣に平然と「このゲームの優勝者はパンツを下ろさなければならない」と言える稀有な天然さ、綺麗で(子どもたちから信用される)幼い顔立ち、嘘をついているとは信じられない透き通った感情深い優しく美しい眼、独特な面白いユーモアの才能、聡明な知能。

子どもたちが純粋な自分自身を投影できる存在として関心を深く抱き、素直に惹かれ着いていきたくなる本当に素晴らしい嘘偽りのないものがWesのなかには確かにあった。

Wesはいつでも純粋な切実さのなかで生きていた。だから子どもたちは、Wesを信用し、Wesに着いて行ってしまったんだ。

それは子どもたちがWesの邪悪さ、暗黒性を見抜けなかったからではない。

Wesの本質は、Wesが本当に深く求めていたものが、"特別な愛によって自分だけが愛される"という純真無垢なものだったからなんだ。

Wesにそれを叶えられる日は来るのか?

Wesは絶対に取り戻せない、その子どもたちがあのときに味わった苦痛の全てに、宇宙で最も深い闇の底でたった独りで永久に後悔し続けているに違いないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェストリー・アラン・ドッドは、30年前の今日、1月5日の午前12時過ぎに処刑されました。

Wes(WestleyAllanDodd) Wes ウェストリー・アラン・ドッド 死刑執行 処刑 絞首刑 死刑囚 児童連続殺人

yuzae1981


7ee2bcca4dbeb996986d20ebeafd05a122-1.png

Westley Allan Dodd (July 3, 1961 - January 5, 1993)
ウェストリー・アラン・ドッド(1961年7月3日 - 1993年1月5日)




WesWestley Allan Dodd)は1992年8月の時点、既にワシントン州立刑務所(Walla Walla州立刑務所とも呼ばれるワシントン州の死刑囚収容所) にいた。

そして10月8日時点、自分の死刑執行が進むというニュースを知った。

一晩中眠れないほど精神が疲弊し、消耗しきっていた。Wesはその頃、頻繁に「tired(疲れた)」と言っていた。

12月22日時点で、Wesは自分の死刑執行が1993年1月5日(火)に行われることを知っていた。

1月5日午前12時2分にWes処刑室に現れ午前12時5分に死刑執行。12時9分、Wesの死が確認された。 https://t.co/6lJBA6ZFmD
01-04 14:24

ワラワラ, ワシントン州, アメリカでの現在時刻https://t.co/3o6BDYv65p

Wes(Westley Allan Dodd)は今から30年前の処刑日前日、この時間をどう過ごしていたのだろう?

恐らく、この日も眠ることができなかったかもしれない。

今から24時間後には、自分は死んでいる。その恐怖に堪えられるだけ、Wesはとても強い人だと想う。

多くの人はWesを最も残忍な殺人者の一人だと言っているが僕の知る中ではWesほどに良心が深く在り、自分のやったことを心から苦しんで後悔している連続殺人者を知らない。

だからこそ、Wesはもう限界に在り、その死(死刑)が彼にとっての救いの一つだったと考えることはできるだろう。

もしかすると恐怖よりも、やっとこの悪夢の連続の人生を終りにできるのだという安堵に包まれていた可能性もある。

だがWesは死後にも命が続くことを信じてもいた。

死んで終りにできることは何もないと覚り、Wesは神に『赦しを請い求めた』

つまり、それは僕らにとっても、人ひとり死刑にしても何も終りにできることもなく、解決することもなく、真の安心も齎されることもないということなんだ。

01-04 17:24



News Report on Westley Allan Dodd Execution 1993 https://t.co/zsrg9lIJNJ



『死刑反対派がwalla walla刑務所の外で祈りを捧げている今夜、数時間後、ワシントンで有罪判決を受けた小児殺人者ウェストリー・アレン・ドッドは絞首刑に処されるワシントン州刑務所の6棟の東側では、この刑務所で最も恐ろしい部屋... この死刑執行室は、ペンキが塗り替えられ準備されている。』

1:00 Wes『people need to knowit's the only thing that will stop meit's necessary it has to be done

みんなに知ってほしい。

それが僕を止める唯一の方法だ。

必要なことなんだ。(やらなければならないことなんだ。)』 

https://t.co/WGXqljfKHB


処刑のために少なくとも14人が執行に立ち会う

1:44 死刑執行の24時間前にドッドはこの階段(ステップ)に護送される

1:50 ドッドは最後の数時間をここで過ごすことになりますここで眠り、絞首台から数フィートのところで最後の食事をします』

『2:13~2:17 赤いボタンが押され、トラップの扉が開く』約2ヶ月前にこの場面を最初に観た時、僕は思わず、咄嗟に口を押さえた。解る人には解ると思うのだが、決して瞬間的速さでこの絞首台が開かれるわけではないんだ。僕は想像していた速さでは全くなく、このゆっくりと開かれる扉に息を呑んだ。

01-04 20:16



ワラワラ, ワシントン州, アメリカでの現在時刻https://t.co/3o6BDYv65p

30年前の今日、あと3時間ちょっと経てばWes(Westley Allan Dodd)は処刑室へと入る。

もう最後の晩餐は終えただろう。

Wesは最後の食事に刑務所の一般人が食べるもの、サーモン、ホタテ入りポテト、ミックスベジタブル、コールスローだけを希望したという。

画像の絞首台から数フィートしか離れていない部屋で、1人で食べたか、もしくは食べられなかったかもしれない。

30年前の今、もしかしたらDarrell Lee弁護士と話をしているかもしれない。この部屋でだろうか?

Wesにとって特別に信頼できる人物だったのだろう。 https://t.co/2Fiu8gxEcK

01-05 13:54


Westley Allan Dodd was executed 30 years ago today, January 5, just after 12 a.m. ウェストリー・アラン・ドッドは、30年前の今日、1月5日の午前12時過ぎに処刑されました。https://t.co/aPxFHgPoJc

redditにWesの死刑執行絞首刑)について詳細に書かれている記事の翻訳を投稿しました。 https://t.co/BEHbay0S4p

01-05 17:15

Westley Allan Dodd was executed 30 years ago today, January 5, just after 12 a.m. ウェストリー・アラン・ドッドは、30年前の今日、1月5日の午前12時過ぎに処刑されました。 #note https://t.co/va7ogo50i9

noteの方にも同じ記事を公開しました。

人一人を死刑にする事は多くの人達に消えないトラウマと深い悲しみを残し続ける事を、私は改めて感じています。私は処刑というものがどれほど残酷でグロテスクなものであるかを、自分自身の感覚で知る為に、公開処刑を誰もが目にするべきであると想います。

Wesのケースは大変、上手く行った例だが、それでもある記者は公開処刑を観た後、ホテルに帰って嘔吐し、Wesの死刑執行の為に誰より力を尽くしたダレル・リー弁護士はもうできれば死刑には関わりたくなかったようです。

それほど心に大きな傷を残すものだったからではないか。

何十人以上もの人たちが人ひとりを死刑にする事で苦しみ続けるかもしれない。

その事についても深刻に考えるべきだ。

01-05 19:53



1993年1月5日午前12時1分がWes(Westley Allan Dodd)の死刑執行予定時刻だった。

その時間、処刑が行われるワシントン州立刑務所の外で雪が積もるなかに多数の死刑反対派たちが徹夜で祈りを捧げるなか、Wesの死刑を賛美し続ける人たちは予定時刻に爆竹や花火を打ち上げ、歓喜の声を上げていた。 https://t.co/QjjpSYwnrL

01-07 10:31

Wesは1992年10月8日に自分の死刑執行が早まるというニュースを知り、遅くとも12月22日時点、既に自分の死刑執行日を知っていた。

Wesは死刑執行予定時刻の7時間20分前、1月4日午後4時40分にこの階段(ステップ)を上って護衛された。


IMG_6691-1.pngIMG_6693-2.png

ウェストリー・アラン・ドッドは処刑される為にこの階段を上った


Wesは処刑を止めたいようなそぶりは見せなかったと言う。 https://t.co/r6wouyLg7S

そして絞首台からわずか数フィート(1フィートは約30cm)しか離れていないこの集中管理室の独房で最後の時間を過ごし、最後の食事をし、眠った(眠れただろうか?)。


IMG_6696-2.png

ウェストリー・アラン・ドッドが最後に過ごした部屋


Wesの死刑執行の希望を叶えるために戦ったDarrell Lee弁護士はWesが最後の数時間に、宗教的信念と後悔を示し、そして赦しを請い求めたが、同時に赦し を期待していないことを明らかにした。https://t.co/N6dmCqwwfz

Wesは最後の殺人で、4歳の男の子をゆっくりと絞殺するという首吊りをさせたので、自分は致死注射ではなく、同じ絞首刑を選択した。

実際の当時のWesによる最後の殺人記録 https://t.co/qQFaJXPn2g

リー弁護士は、Wesが家族、特に父親に対して、自分が成長する過程で愛情が足りなかったと反撃したい気持ちから、このような事件を起こしたのだろうと考えた。

しかしWesを「ワシントン州に存在する最も凶悪な犯罪者だろう。」と言ったリー弁護士は「彼は父親を赦したのだ。」と平和に死を迎えたと語った。

ワシントンでは1963年以来、米国では1965年以来28年振りの初めての絞首刑である。

Wesはワシントン州で74番目に処刑された人物であった。

Wesは1989年11月に3人の男の子を性的暴行後、また拷問後に殺害した罪で逮捕され、死刑に固持し続け、死刑反対派のロビーと激しい戦いを繰り広げ続け、自身の死刑を許可された。

Wesの体重は147ポンド(66.7kg)身長は5フィート7 ½ インチ(約171.5cm)とされ、落下地点は7フィート(約2.1m)とされた。

Wesは午前12時2分、処刑室の一番上の窓から、両手を手首の紐で前に固定され、オレンジ色のボイラースーツ風の囚人服を着た姿で現れた。

そして最後の言葉があるか尋ねられ、公衆放送を通じてこう述べた。


"I was once asked by somebody, I don't remember who, if there was any way sex offenders could be stopped. I said, `No.' I was wrong. I was wrong when I said, `There was no hope, no peace.' There is hope; there is peace. I found both in the Lord Jesus Christ. I urge everyone:

Look to the Lord and you will find peace."

"僕は以前、誰だか忘れたが、性犯罪者を止める方法はないかと訊かれたことがある。

僕は「ない」と答えた。僕は間違っていた。

僕は「希望も平和もない」と言ったが、それは間違いだった。

希望はある、平和もある。

僕はその両方を主イエス・キリストの中に見いだしました。

僕はみんなに勧めます。

主を見よ、そうすれば平和を見いだすことができる。"


その場には少なくとも14人の処刑証人がいて、それを聴いた。

上下の部屋の窓の両方から公開処刑の様子を観ることができる。

Wesが現れた約2分後の午前12時4分、一番上の窓の上にブラインドが下ろされた。

そのブラインドを背にして、目撃者は、一人の死刑執行人がWesの足を縛り、彼の頭に黒いフードを被らせ、もう一人が6巻きの縄を首にかけ、左耳の下(耳下位置)できつく調節しているシルエットを見た。

午前12時5分、赤いボタンが押され、電磁解除装置が作動し、Wesが立っている仕掛け扉が解除された。

彼は下の部屋に落下し、フードを被った彼の身体はロープの先でゆっくりと反時計回りに回転していた。



IMG_6695-1.png

ウェストリー・アラン・ドッドは、最後、この仕掛け扉が開いた瞬間、落下し、

死が彼を迎え入れた(抱きかかえた)




目撃者(観察者)たちによる報告「仕掛け扉の音と、そこから飛び込む彼の身体の光景は決して忘れることはないだろう。」https://t.co/REzJ3c9Zyu

「それは(身体は)視界に落ちた瞬間から、生気がないように見えた。ロープの先で踊ることもなく、ぞっとするような見せ物もなかった。」

「激しい動きや目立った痙攣もなかった。」

目撃者の中には、Wesが目の前にぶら下がったとき、体の腹部にほとんど気づかないほどの動きを感じたと思った人もいたが、ほとんどは不随意筋収縮によるもので、そのとき彼に意識があったとは考えられないということで意見が一致した。

午前12時6分、窓の下にカーテンが引かれ、12時9分、医師が聴診器を使っても心音が聞こえないことから、Wesの死が確認された。

01-07 10:31













僕のなかに生きているWes

Wes(WestleyAllanDodd) Wes ウェストリー・アラン・ドッド お風呂 日記

yuzae1981

愛と悪 第百章 中編 https://t.co/dsM6IPEXSn

このWesの最後の殺人を表現する3日前くらいにやっとお風呂に入れて、その日(10月26日)から今日までお風呂に入れなかった。

長く伸びていた髪も自分で短く切ってすっきりした。

僕のなかに生きているWesも「良かった良かった!」って喜んでくれてる。

  https://t.co/8DwBXQ8CpU
12-17 20:12

スクリーンショット (872)

Westley Allan Dodd (July 3, 1961 - January 5, 1993)
ウェストリー・アラン・ドッド(1961年7月3日 - 1993年1月5日)









史上最も残虐な殺人者と呼ばれたウェストリー・アラン・ドッドの日記

聖書外典 児童連続殺人 性犯罪 シリアルキラー 快楽殺人 殺害記録 Wes ウェストリー・アラン・ドッド Wes(WestleyAllanDodd)

yuzae1981

1989年11月14日、彼が逮捕された翌日で既に酷く後悔している様子が見られる。彼は子どもたちを救う為にどんなに苦しくても起きた全てを書き記して残したいと願っていたが、処刑の日が早まり、それは叶えられなかった。Serial Killer Sex offender Westley Allan Dodd 1991 https://t.co/TlCrvlWeaR
12-01 23:28

クローゼットのなかで苦しみ続けていたかもしれない可能性について、Wesが考えなかったはずはないだろう。Wesはこの記録を刑務所で読み返したことだろう。インタビュー動画を観ても、このことを話すWesはとても苦し気で項垂れて、深い溜息を吐きながら話しており、
12-01 23:28

午後5時10分 彼はかなり気持ち悪い顔をしている--冷たく、硬く、そして紫色だ。僕は彼のお尻をファックして(犯して)みようと思ったんだけど、今となってはしたいかどうかわからない......』つまり実際に、彼がいつの時点で死んだかが、わからないんだ。Wesが仕事に行っている間、ずっとずっと暗い
12-01 23:28

聞いていた。僕が彼の死体をクローゼットに隠したときに彼は僕に2回おしっこしたし、もう1回はクローゼットの棚にもおしっこした。5:10 p.m. He is rather gross-looking--cold, stiff, and purple. I was going to try butt fucking him, but now not sure I could if I wanted to....
12-01 23:28

片付けている間、彼は10分ほど吊るされていた。午前5時45分 僕はロープを切り、彼をベッドに寝かせた。午後4時10分 Wesは仕事から帰宅当時の殺害記録にWesはこう記している。『そうそう--僕は今朝、彼が死んだと確信したんだ。死んだら筋肉が緩んで "おまる(トイレ)に行く "のは普通だと
12-01 23:28

初めて手を掛け、『僕は彼の口に息を吹きかけ、彼が復活(蘇生)できるかどうか確かめた。しかし、彼はその20秒後にゆっくりと喘ぎ始めた。僕はさらに1分ほど彼の首を絞めたが、彼はまた静止した。彼は再び喘ぎ始め、目を開いた。』午前5時35分に彼をクローゼットの洋服掛けに吊るし、Wesが部屋を
12-01 23:28

史上最も残虐な殺人者と呼ばれたウェストリー・アラン・ドッドの日記 4 『(僕は)言った「朝になれば僕は君を殺すよ。」 彼は言った「そんなことしないで。」』 Westley Alan Dodd: Diary 4https://t.co/qQFaJXOPcI被害者のリー君を、Wesは時間をかけて、ゆっくりと絞殺した。午前5時30分に
12-01 23:28

紫色だった。そう...僕はベッドに横たわっている彼の写真を何枚か撮った。5:51 I don't understand how I can love kids so much and yet do all that I've done.僕はどうしてこんなに子供を愛しながら、僕がしたことのすべて実行できたのか(何故、あんなことができたのか)、理解できない。
12-01 23:28

closet and laid him on the bed.He was stiff.cold qnd purple.um...I took a couple of pictures of him laying on the bed.仕事を終えて、4時ちょっと過ぎに帰宅した。リーの死体をクローゼットから取り出して、ベッドに寝かせた。彼は強張(こわば)っていた(死後硬直していた)。冷たく、
12-01 23:28

紫色だった。とWesが言った言葉の特に「紫色」という部分にしつこく拘って、何度と反芻して繰り返しそれを言葉で表現していた。拘っているのは僕なのか、僕のなかに生きるWesなのか、わからない。5:32 Got off work. got home a little bit after four o'clock.Took Lee's body out of the
12-01 23:28

続きを読む

Wesの悲しみの深い眼

Wes ウェストリー・アラン・ドッド Wes(WestleyAllanDodd) 町田康 ヴィーガン アドレノクロム

yuzae1981

子どもができても、結婚しないことを選択する親たちが増えてきてるのだろうか。「結婚しない理由」が、互いの愛と、生まれてくる子どもに対する愛によるものだとは想えないんだけどな。僕が結婚しない両親の子どもだったら、なんで自分の親は結婚しないのか、ずっと考えて苦しみ続けるだろう。
11-27 14:53

なんだろう、この温度計の温度差は…?CASIOが正しければ、6℃高いとして、当日25.3℃あった可能性もあるな…。本当にあたたかい日だ。今日は朝に少しヒーターをつけていたから。 https://t.co/qXhDVhfi8P
11-27 14:02

ヴィーガンを目指す人、ヴィーガンの人は特に、決して人工添加物を摂取してはならない。それは著しく、精神を脅かすものとなるだろう。人間は、人間を食べさせられてきた。我々の悍ましき悔い(喰い) 弐 https://t.co/iyJX6pG43E
11-27 12:17

アドレノクロム〗の存在を、僕は確信している。それは誘拐した大量の子どもたちに拷問の苦痛を与えて抽出できる。でもそれは決して、意識してそれを買う裕福な人たちだけが殺される為のアイテムじゃない。それは既に、〖人工添加物〗、そして〖肉(動物の死体)〗として、人類は摂取してきた。
11-27 12:09

後で死ぬほど後悔し続ける日が必ず来るんだ。
11-27 11:35

グライムスたん、苦しんでるんだな…。女性が自分のヌードを披露(全公開)するなんて、最悪な自虐(自傷)行為に他ならないからね。自己破壊衝動が強まってきているんだ。
11-27 11:31

@YzypC4F02Tq5lo0 これはただの性的でくだらないものだと想います。優れた芸術作品で在れば、いくら女性のヌードを表現しようとも、人々はそれを単なる"性的なもの"と感じる事がありません。親ならば、愛する子どもにどちらを与えたいと願うものでしょうか?
11-27 11:19

断言する。Wesは心が生きていた。だから自分が殺した子どもたちを戻せるならば、どんなに苦しんでもいいと言って自ら贖う為に絞首刑によって処刑されたんだ。そのような人間性の深い人間を、よくも殺せる(処刑できる)な。人と呼べないような冷たい人たちが、"生きた人"である人を殺すんだ。
11-27 10:56

続きを読む

我々は、未来の犠牲となる子どもたちを救える方法を彼から教えられていたかもしれない。

Wes(WestleyAllanDodd) Wes ウェストリー・アラン・ドッド インタビュー

yuzae1981

"I kept trying to be his friend the whole time even though I was doing even though I was molesting and raping https://t.co/6oQ077TDrf he's a real nice little https://t.co/4GwCn4cx5q

...僕はずっと彼の友達でいようとした、たとえ僕が彼を性的虐待し、レイプしていたとしても...

そう...彼は本当にいい子だったんだ。"
11-19 07:35

IMG_6523-3-12.png

Westley Allan Dodd (July 3, 1961 - January 5, 1993)
ウェストリー・アラン・ドッド(1961年7月3日 - 1993年1月5日)




児童連続殺人犯・性犯罪者 ウェストリー・アラン・ドッドインタビュー(和訳) "Serial Killer Sex offender Westley Allan Dodd 1991"|yuzae #note https://t.co/6mqfEGuTZLWesインタビュー映像を翻訳しました。

字幕の文字起こしの翻訳で、間違いが多く、幾つかはわかって訂正しましたが、他にも誤訳があるかもしれません。でもWesが言わんとすることはもう大体、私にはわかるので、重大な間違いはないはずです。

Wesはずっと自分自身が犯した重大な行為の原因が何かを突き止められないまま、酷く混乱し、何も見つけられずに絞首台から落ちて死なねばならなかった。

後、数年、あれば、我々は、未来の犠牲となる子どもたちを救える方法を彼から教えられていたかもしれない。
11-19 04:56

〈愛してくれる者(容易く愛する事のできる者だけ)を愛したからといって,どんな報い(益)があるというのか。〉

Wes(WestleyAllanDodd) Wes ウェストリー・アラン・ドッド 性的虐待 大量虐殺 屠殺 マタイの福音書 Radiohead デペッシュ・モード 歴代最高のアルバム

yuzae1981

@damned398 チャラ男・ダムドさん、こんばんは🌃この世界は恐らく殆どの人が自分がしでかし続けて来た重大な事に真剣に目を向けることなく死んでゆく人達の方が多いように感じます。でも私は存在が永遠であると確信しているので、何度でもリベンジが可能であり、その点に於いて絶望的になることはないです。
11-17 22:52

酪農産業は牛の赤ちゃんを母親から引き離し、オスを生後間もなく「"veal" (子牛の肉)」として屠殺するため、すべての人が殺されたオスの子牛の代わりに牛乳を飲むことができるのです。 https://t.co/53jKu3WI0v
11-17 22:11


FhHr2MtXkAINJH4.jpg


この言葉は〈敵(自分や自分の愛する者を迫害する者)を憎む(憎み続ける)〉ことで、世界に悪が終らないこと、また、容易に愛することのでき得る存在だけを愛したところで、何一つ自分にも愛する者にも報い(報酬)がないことをイエスは示しました。つまりそれをし続けて救われる者はいないのです
11-17 21:59

〈あなた方は,こう命じられたのを知っている『隣人を愛し,敵を憎め』しかしわたしは言う。敵を愛しつづけ,迫害する人のために祈りつづけなさい。愛してくれる者(容易く愛する事のできる者だけ)を愛したからといって,どんな報い(益)があるというのか。〉マタイの福音書5:43~46
11-17 21:59

「痛みを知る」というのは、強制的に行われる(思わされる)ものではないのです。強制的に痛みを思い知らせようとすることは慈悲ではありません。人は愛を知って、ようやく他者の痛みに気づけるのです。我々は残酷なことをする人ほど、愛を示さねばなりません。それまで、彼らは殺され続けます。 https://t.co/oRpeYVScLp
11-17 21:40

RT @action55194890: こうやって虐待されたり、大量虐殺されながら、我々の口元に運ばれて、「美味しい美味しい」と笑顔になる人間。 https://t.co/VbRvRWLHLk
11-17 21:33

Depeche Mode - Enjoy The Silence (Official Video) https://t.co/g9yKYrIIie @YouTubeより 無情な言葉はまったく必要ない此の世界に害を及ぼすだけ彼らに必要なのは、すべてを赦す愛僕らはいつの日か、それを与えられるだろう僕ら自身に
11-17 21:16

ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 | 2020年改訂版 https://t.co/3dQRFhUGhV 可笑しいよ、このランキング20. Radiohead "Kid A" , 2000 低すぎ211. Joy Divison "Unknown Pleasures" , 1979 Huh?なんでやねんまさかJoy Divison "Closer"入ってすらいないのか...?huh?!
11-17 20:52

くれる女性が一人さえいたならば。Wesは子どもたちを殺し、自分も殺されることを望む道を歩むことはなかっただろう。Wesを一人の人間とは認めず、ただ利己的に使って棄てて来た人たち(社会)が、彼の切実な叫びを聴くこともなく、彼をただの人殺しと化け物扱いして最後は処刑して終わった。
11-17 16:39

性的虐待がやめられず警察から逃げる為、引っ越しを繰り返しながら大切なオルガンを運び込んでまで彼は家で1人で弾いていた。もしWesを諭し、音楽の道へ強引に引っ張り込んでくれる人がいたならば。もしWesにセックスだけ求め利用する不倫の関係を続けるような女性ではなく、彼を本当に愛して
11-17 16:39

続きを読む

僕たちの人生は少しでも繋ぎ合わし方を変えるだけで全く別のストーリーとなる。

Wes(WestleyAllanDodd) Wes ウェストリー・アラン・ドッド 愛と悪 連載小説 コルタサル 追い求める男

yuzae1981

コルタサルの断片 https://t.co/fWZ4msUxSM #gooblog これは僕が好きな『コルタサル短篇集追い求める男」92P,93P の破れた断片』を僕が自由に繋ぎ合わしたものなんだ。僕たちの人生はこういったものなんだと感じる。少しでも繋ぎ合わし方を変えるだけで、それは全く別のストーリーとなる。
11-15 17:25

#gooblog 愛と悪 第九十九章 https://t.co/iLIvjACbMcまたWesウェストリー・アラン・ドッド)の写真を加工し直しました。 https://t.co/2kisnWCeaI


愛と悪 第九十九章

Westley Allan Dodd (July 3, 1961 - January 5, 1993)
ウェストリー・アラン・ドッド(1961年7月3日 - 1993年1月5日)




11-15 05:33

僕らは同じ虹の先を目指してるんだよ

Wes(WestleyAllanDodd) Wes ウェストリー・アラン・ドッド ムーン・リバー 自画像

yuzae1981

Me!! https://t.co/5oG9r3VcBE
11-14 22:14


2021,6,12 kozue


去年6月の僕(Kozue)を加工した! https://t.co/AmkM9fTtTF
11-14 22:03

訂正:『小舟』は男性器や『刀(切るもの)』『傷つける(創つける)』の意味があるんだ。そして『傷つける』は『創造』の意味が隠されている。詳しくは僕が過去に考察したものを御参照願いたい。神と人間の創造 https://t.co/IAS91AwKqp神はKILL https://t.co/5AeyaTkfof #gooblog
11-14 18:42

I'm crossing you in style some day僕はいつか堂々と君を渡るずっと、僕たちはあまりにも罪深く、禁じられた関係で、僕たちは交ることも、愛し合える親と子の関係も赦されなかったが、いつか必ず、僕は君に辿り着く。だから、僕を待っててくれ。僕の愛するmum
11-14 18:25

ものすごく深い意味があるんだ!『小舟』は男性器や『創造』の意味があり、『水に浮かぶ「浮子(ふね)」』、即ち、子宮の河(海)を渡る『胎児』をも意味する。「子宮を渡って湊に辿り着く」とは僕(君)が、誕生する(創造する)ことを意味しているし、夫婦の愛の交りの意味も隠れているんだ。
11-14 18:17

そうか、 (Year 1961)ってことはこれがテレビで放映されたのがWesが生まれた1961年なんだな。Wesが僕にこの曲(歌詞)を送ってくれたように感じてるんだ。広いRiver(河)とは、海と同様に子宮を表している。そしてそれを渡るとは、つまりは港(湊)に着くことを意味していて、そこには
11-14 18:17

ああ、君は僕にを与え君は僕を壊した(僕を棄てた)君がどこへ行こうとも僕は君の道を行く二人の漂流者が オフの(狂った,終った)世界を観るために見たい世界がいっぱいある僕らは同じ虹の先を目指してるんだよ狂いまくって峠を越した処で待ってる僕のちいさな同志よMoon River, and me
11-14 17:50

Andy Williams - Moon River (Year 1961) https://t.co/Wvebup0k0x信じられない程に素晴らしい…このカバー曲はWesがちょうど生まれた次の年の1962年の曲で、Wesが物覚え付かない頃にこの曲を良く聴いていた可能性が高いんだ。ムーンリバー とてつもなく広い河いつか君を連れてゆくんだ
11-14 17:50

バンクーバー, ワシントン州, 現在時刻https://t.co/5rDyWYrHyVWesが最後に記録したのは1989年11月13日(月)5:25 p.m. Now going to Camas--will check out local parks before movie.午後17時25分 これからCamasに行く--映画を観る前に、地元の公園をチェックしてみる(探してみよう)。
11-14 10:25

は聴いてて、車の中で一緒に聴いてた僕の好きな曲だ。残念ながらまだ映画を未鑑賞で、この映画と今日のが何か関りがあるのだろうか…?寂しげな感じが凄く好きなんだ。Moon River (Original Main Title) https://t.co/VkMk4EqXgy
11-14 10:22

続きを読む

ウェストリー・アラン・ドッド 『僕は自分自身が憎い...あの子たち...彼らを連れ戻すためなら、どんなに苦しくとも僕は何でもするんだ。』

Wes(WestleyAllanDodd) Wes ウェストリー・アラン・ドッド 殺人記録 連載小説 閲覧注意 快楽殺人 シリアルキラー

yuzae1981

知って戴ける事を願っています。ウェストリー・アラン・ドッド 『僕は自分自身が憎い......あの子たち......彼らを連れ戻すためなら、どんなに苦しくとも僕は何でもするんだ。』https://t.co/8L4KU0HVby私は何より、Wesの悲しみを人々に知ってほしい。それは必ずや、深い愛へと繋がると信じて。
11-13 21:26

史上最も残虐な殺人者と呼ばれたウェストリー・アラン・ドッドの日記 4 『(僕は)言った「朝になれば僕は君を殺すよ。」 彼は言った「そんなことしないで。」』 Wesley Alan Dodd: Diary 4 http://nekrononikki.blog.jp/archives/30762628.html
Wesの当時の記録(最後の殺人記録)の全文の翻訳を載せ終えました。此の世で最も苦しい事件の一つを
11-13 21:26

Westley Alan Dodd Diary 4

Westley Allan Dodd (July 3, 1961 - January 5, 1993)
ウェストリー・アラン・ドッド(1961年7月3日 - 1993年1月5日)




https://t.co/5rDyWYrHyV11月13日になった。33年前のこの日の夜遅くに、Wesは逮捕される。33年間 果てしない宇宙から観れば、本当にあっという間なんだろう。僕たちは犯した罪をなかったことにすることはできない。でも永遠と想える時間の中、後悔し続けて苦しむ愛を与えられることはできる。
11-13 17:06

いて午後6時45分帰宅途中となっている。この仕事は続けていたのだろうか。Wesが逮捕された当時乗っていた車だ(実物の画像) https://t.co/gRSFVETEKL
11-13 10:41


Westley Allan Doddが乗っていた車


1989年11月12日(日) 午後5時〜7時 子どもたちを探しに街中をドライブ。33年前の今頃、Wes(Westley Allan Dodd)はこの車でドライブしながら連れ攫える子どもたちがいないか探してるんだ。https://t.co/5rDyWYrHyVWesは最初の殺人、9月の時には近くのマクドナルドで短時間のシフトをこなして https://t.co/ks3Biyqzm3
11-13 10:40

愛と悪 第百章 中編 https://t.co/AeDMZcjVpl 訂正した。擬似ではなく、模擬である。『午後2時5分から2時25分まで、セックス。此処で言う"SEX"とは、ヴァギナへの挿入ではなく、僕が編み出した、"crotch fucked,股間ファック(股間で僕のペニスを擦る模擬性交)"と呼ぶものだ。』
11-13 10:04

感じ取ることも出来得るであろう。とにかく、Wesの人種差別的に思える発言について、「しかし、(Wesの場合)ただそれだけではない」という考察をして行く必要がある。何故かと言うと、つまり子どもたちは世界中(外国中)の多くの捕食者による脅威を抱えていることの事実を顕示する為でもある。
11-13 09:34

事件#1で殺されてしまった男の子に対して「ほとんど中国人のようだった」という発言から、Wesが多くの人が潜在的に持つ人種差別的意識が皆無だったとも考えてはいない。しかし此処でも、Wesの「外国人だから(どうせ、やっぱり)僕を受け容れてはくれないんだろう」という悲観的強迫的意識を我々は
11-13 09:34

自分と同じ国らしき大人に対しての方が、より心を開く(開きやすい)であろう。という考えが、Wesの顕在意識、または潜在意識に深くあったと考えられるからである。すると自分と同じアメリカ人の子どもの方が勿論、自分の性的要求に応えてくれる可能性が高まるんだ。無論、弁護するばかりではなく、
11-13 09:34

Wesが本当に求めていたのは、とにかく自分の切実で苦しい"要求"を《素直に受け容れてくれる子どもたち》であった事を考えて貰いたいんだ。即ち、東洋人(外国人)に対する"strikes against(不利な状態)"とは、勿論、"Wes(自分)側"にもある。何故なら子どもたちは自分と同じ国らしき人よりも、
11-13 09:34

続きを読む