人々は、〖殺された者〗の恐れをずっと食べ続けてきた。

加工食品 生活保護 しろっちとちよっち 水子 殺牛儀礼 ルシファー バアル神 モレク神 牛頭天王 生贄

yuzae1981

人々は恐れに支配されていて、みずから、恐れるものを引き寄せているんだ。人々は、〖殺された者〗の恐れをずっと食べ続けてきた。 https://t.co/YiX9i2aAIo
11-29 23:37

ワクチンに入っている胎児の細胞株 キャリー・マディ博士「ワクチン製造方法(moratorium needed)」https://t.co/STUZZvhd4X
これが、悪魔崇拝に人類が知らずして加担させられている事実です。 https://t.co/mDqCDMpa30
11-29 23:24

9月第二週の終わりに 恐ろしい添加物https://t.co/E0bPmjMcDO
人類は本当に深刻に考えなくてはならない。これは人々を、〖家畜として支配〗する為のものかもしれない。
11-29 23:19

は、神々の餌であり、同時にヒトである〖化け物〗たちの〖餌食〗として、利用されてきたかもしれない。何故、〖堕胎児〗たちが、犠牲となってきたのか。何故、堕胎児が生きたまま、麻酔もかけずに腎細胞が摘出され、その〖HEK293細胞〗が、人工添加物として、人々が摂取させられ続けてきたのか?
11-29 23:19

修飾する語とされ、他にも「エド」「エバ」などという方言があるという。』え‐じき〔ゑ‐〕【餌食】1 動物のえさとして食われる、命あるもの。2 野心や欲望のための犠牲となるもの。くいもの。「巨大資本の―となる」3 食物。食料。つまり〖ヒトの水子(堕胎された子や間引きされた子)〗たち
11-29 23:19

けたニセモノさえある)。人間の食べ物と差別化し、動物を下に見た言い方でもあるので、見下すべき人物を誘惑するための金銭や物品を例える語としても用いられる。「エサ」は、現在でも「生き餌」「撒き餌」などと言われるように、もとは「エ」だけで「エサ」の意味があった。「サ」は短音の「エ」を https://t.co/6dwkcI64cF
11-29 23:19

またお告げがあった〖餌(餌食)という意味の〈餌(え,エ)〉〗これが〈水子〉と関わっている『餌(ジ)』ěrは、柔らかい食べ物を表す形声文字『餌(エサ)とは、動物の皆さまの食卓に人間が給仕する食べ物。または饗応すると見せかけて動物をあざむいて捕らえるための食べ物(食べ物と見せか https://t.co/0qQQt9QVCd
11-29 23:19

旧約聖書:創世記:9章: 5節 あなたがたの命の血を流すものには、わたしは必ず報復するであろう。いかなる獣にも報復する。兄弟である人にも、わたしは人の命のために、報復するであろう。
愛と悪 第九十三章 https://t.co/18R2RAKugi
11-29 17:57

いいや、神は、そんなことを言うのだろうか?神は、こう言ってるのだ。『"皿"の上に、生贄が載せられている、それを"血"と呼ぶのだ。』即ち、神は我々に、その《血》を要求しておるのだ。
11-29 17:57

人々は確信した。「水神様を怒らせたのだ。牛頭天王様の神聖な場所を、その(血の)穢れで、怒らせたのだ。」この池はやがて、《生贄の器のための皿》として、また《血を溜める池》として、《皿池(さらいけ)》と呼ばれるようになった。水神は果たして、「さらえ(皿へ)」と言ったか?
11-29 17:57

続きを読む

/*YouTube埋め込み動画を枠内に表示*/ iframe { max-width: 100%; }