史上最も残虐な殺人者と呼ばれたウェストリー・アラン・ドッドの日記

聖書外典 児童連続殺人 性犯罪 シリアルキラー 快楽殺人 殺害記録 Wes ウェストリー・アラン・ドッド Wes(WestleyAllanDodd)

yuzae1981

1989年11月14日、彼が逮捕された翌日で既に酷く後悔している様子が見られる。彼は子どもたちを救う為にどんなに苦しくても起きた全てを書き記して残したいと願っていたが、処刑の日が早まり、それは叶えられなかった。Serial Killer Sex offender Westley Allan Dodd 1991 https://t.co/TlCrvlWeaR
12-01 23:28

クローゼットのなかで苦しみ続けていたかもしれない可能性について、Wesが考えなかったはずはないだろう。Wesはこの記録を刑務所で読み返したことだろう。インタビュー動画を観ても、このことを話すWesはとても苦し気で項垂れて、深い溜息を吐きながら話しており、
12-01 23:28

午後5時10分 彼はかなり気持ち悪い顔をしている--冷たく、硬く、そして紫色だ。僕は彼のお尻をファックして(犯して)みようと思ったんだけど、今となってはしたいかどうかわからない......』つまり実際に、彼がいつの時点で死んだかが、わからないんだ。Wesが仕事に行っている間、ずっとずっと暗い
12-01 23:28

聞いていた。僕が彼の死体をクローゼットに隠したときに彼は僕に2回おしっこしたし、もう1回はクローゼットの棚にもおしっこした。5:10 p.m. He is rather gross-looking--cold, stiff, and purple. I was going to try butt fucking him, but now not sure I could if I wanted to....
12-01 23:28

片付けている間、彼は10分ほど吊るされていた。午前5時45分 僕はロープを切り、彼をベッドに寝かせた。午後4時10分 Wesは仕事から帰宅当時の殺害記録にWesはこう記している。『そうそう--僕は今朝、彼が死んだと確信したんだ。死んだら筋肉が緩んで "おまる(トイレ)に行く "のは普通だと
12-01 23:28

初めて手を掛け、『僕は彼の口に息を吹きかけ、彼が復活(蘇生)できるかどうか確かめた。しかし、彼はその20秒後にゆっくりと喘ぎ始めた。僕はさらに1分ほど彼の首を絞めたが、彼はまた静止した。彼は再び喘ぎ始め、目を開いた。』午前5時35分に彼をクローゼットの洋服掛けに吊るし、Wesが部屋を
12-01 23:28

史上最も残虐な殺人者と呼ばれたウェストリー・アラン・ドッドの日記 4 『(僕は)言った「朝になれば僕は君を殺すよ。」 彼は言った「そんなことしないで。」』 Westley Alan Dodd: Diary 4https://t.co/qQFaJXOPcI被害者のリー君を、Wesは時間をかけて、ゆっくりと絞殺した。午前5時30分に
12-01 23:28

紫色だった。そう...僕はベッドに横たわっている彼の写真を何枚か撮った。5:51 I don't understand how I can love kids so much and yet do all that I've done.僕はどうしてこんなに子供を愛しながら、僕がしたことのすべて実行できたのか(何故、あんなことができたのか)、理解できない。
12-01 23:28

closet and laid him on the bed.He was stiff.cold qnd purple.um...I took a couple of pictures of him laying on the bed.仕事を終えて、4時ちょっと過ぎに帰宅した。リーの死体をクローゼットから取り出して、ベッドに寝かせた。彼は強張(こわば)っていた(死後硬直していた)。冷たく、
12-01 23:28

紫色だった。とWesが言った言葉の特に「紫色」という部分にしつこく拘って、何度と反芻して繰り返しそれを言葉で表現していた。拘っているのは僕なのか、僕のなかに生きるWesなのか、わからない。5:32 Got off work. got home a little bit after four o'clock.Took Lee's body out of the
12-01 23:28

続きを読む

「生きてこそ、人は自分の罪を贖える」

Wes(WestleyAllanDodd) Wes サイコパス 快楽殺人 凡庸な悪 獣の血 死刑 ハンナ・アーレント ジョン・レノン Radiohead

yuzae1981

「生きてこそ、人は自分の罪を贖える」のだと殺人者に言えない人々が、いつまでもこの世界に地獄の苦痛を齎し続けることができるだろう。
11-20 18:50

殺人者を一人死刑に処するとは、残された人全員で、彼の罪を死ぬまで贖い続けてゆくことを意味している。苦しみの中、人々が死ぬことを意味する。「人一人を殺害する」ことが、どれほど重い罪か。僕たちは身をもって、思い知ることになる。
11-20 18:50

人々は彼に「逃避しろ(死ね)」と言った。そんな彼に「死んでその苦痛を早く終らせろ」と言ったんだ。そしてWesのなかでも、悪魔はそう囁き続けたことだろう。「死んで何もかも、終りにして、楽になればいい。」と。神ならば、そんな言葉は決して言わないんだ。愛は言う。生きて、贖いなさい。
11-20 18:32

死刑囚監房は、想像を絶する苦しい場所で、Wesは自ら処刑を望み続けたものの、毎日毎日、殴られ続けるかのような他の死刑囚たちの声を聴き続けて、一晩中眠れぬ日々を過ごし続け、もう堪えられないほどの精神状態にあった。でもそれでも、僕はWesに「生きろ」と言った。
11-20 18:32

僕は赦せないんだ。" "自分自身を赦せない。""たとえ、神が僕に生きる道を見つけたとしても、あの少年が僕にごめんなさいと謝るのを聴かずに僕に生きる道(方法)を示すことになるだろう。それは僕にとって、耐えられないことなんだ。 "Wes(ウェストリー・アラン・ドッド) https://t.co/x0aw1qR1Uj
11-20 18:12

君にはわからないだろう。"神は僕を赦してくれるかもしれないけど、
11-20 18:12

"みんな僕は痛みをひどく感じてはいないと思ってるけど、でも、僕は痛いんだ。僕がどれだけ苦しんでいるか、君にはわからないだろう。ビリー、あの可哀想な子、僕に(刺される前に)「ごめんなさい」と言ったんだ。僕がどんなに彼に申し訳ないか(謝罪しているか)、僕がどれだけ彼に伝えたいか、
11-20 18:12

you know, "myself.""Even if God finds a way for me to live, he's going to have to show me a way to live without me hearing that little boy telling me that he was sorry — that is something I can't live with. "When Monster Comes Out of the Closethttps://t.co/pv45ZAR6qP
11-20 18:12

Westley Allan Dodd "People don't think I hurt bad, but, I hurt. You have no idea how much I hurt. Billy, that poor kid telling me he was sorry. You have no idea how much I want like to tell him how sorry I am." "You know, maybe God can forgive me but I can't forgive,"
11-20 18:12

そう…僕らはもう希望は必要ないし、今あるこの状態が恐らく何千年かは最低続くだろうと感じている。でもある意味もう僕らは喪うものがないんだよ。僕たちは人を愛することはできるが、僕たちはその喜びはあるが、他には何もないんだ。もし、あるとするならば、それは酷くくだらないものだろうね。」
11-20 16:28

続きを読む

ウェストリー・アラン・ドッド 『僕は自分自身が憎い...あの子たち...彼らを連れ戻すためなら、どんなに苦しくとも僕は何でもするんだ。』

Wes(WestleyAllanDodd) Wes ウェストリー・アラン・ドッド 殺人記録 連載小説 閲覧注意 快楽殺人 シリアルキラー

yuzae1981

知って戴ける事を願っています。ウェストリー・アラン・ドッド 『僕は自分自身が憎い......あの子たち......彼らを連れ戻すためなら、どんなに苦しくとも僕は何でもするんだ。』https://t.co/8L4KU0HVby私は何より、Wesの悲しみを人々に知ってほしい。それは必ずや、深い愛へと繋がると信じて。
11-13 21:26

史上最も残虐な殺人者と呼ばれたウェストリー・アラン・ドッドの日記 4 『(僕は)言った「朝になれば僕は君を殺すよ。」 彼は言った「そんなことしないで。」』 Wesley Alan Dodd: Diary 4 http://nekrononikki.blog.jp/archives/30762628.html
Wesの当時の記録(最後の殺人記録)の全文の翻訳を載せ終えました。此の世で最も苦しい事件の一つを
11-13 21:26

Westley Alan Dodd Diary 4

Westley Allan Dodd (July 3, 1961 - January 5, 1993)
ウェストリー・アラン・ドッド(1961年7月3日 - 1993年1月5日)




https://t.co/5rDyWYrHyV11月13日になった。33年前のこの日の夜遅くに、Wesは逮捕される。33年間 果てしない宇宙から観れば、本当にあっという間なんだろう。僕たちは犯した罪をなかったことにすることはできない。でも永遠と想える時間の中、後悔し続けて苦しむ愛を与えられることはできる。
11-13 17:06

いて午後6時45分帰宅途中となっている。この仕事は続けていたのだろうか。Wesが逮捕された当時乗っていた車だ(実物の画像) https://t.co/gRSFVETEKL
11-13 10:41


Westley Allan Doddが乗っていた車


1989年11月12日(日) 午後5時〜7時 子どもたちを探しに街中をドライブ。33年前の今頃、Wes(Westley Allan Dodd)はこの車でドライブしながら連れ攫える子どもたちがいないか探してるんだ。https://t.co/5rDyWYrHyVWesは最初の殺人、9月の時には近くのマクドナルドで短時間のシフトをこなして https://t.co/ks3Biyqzm3
11-13 10:40

愛と悪 第百章 中編 https://t.co/AeDMZcjVpl 訂正した。擬似ではなく、模擬である。『午後2時5分から2時25分まで、セックス。此処で言う"SEX"とは、ヴァギナへの挿入ではなく、僕が編み出した、"crotch fucked,股間ファック(股間で僕のペニスを擦る模擬性交)"と呼ぶものだ。』
11-13 10:04

感じ取ることも出来得るであろう。とにかく、Wesの人種差別的に思える発言について、「しかし、(Wesの場合)ただそれだけではない」という考察をして行く必要がある。何故かと言うと、つまり子どもたちは世界中(外国中)の多くの捕食者による脅威を抱えていることの事実を顕示する為でもある。
11-13 09:34

事件#1で殺されてしまった男の子に対して「ほとんど中国人のようだった」という発言から、Wesが多くの人が潜在的に持つ人種差別的意識が皆無だったとも考えてはいない。しかし此処でも、Wesの「外国人だから(どうせ、やっぱり)僕を受け容れてはくれないんだろう」という悲観的強迫的意識を我々は
11-13 09:34

自分と同じ国らしき大人に対しての方が、より心を開く(開きやすい)であろう。という考えが、Wesの顕在意識、または潜在意識に深くあったと考えられるからである。すると自分と同じアメリカ人の子どもの方が勿論、自分の性的要求に応えてくれる可能性が高まるんだ。無論、弁護するばかりではなく、
11-13 09:34

Wesが本当に求めていたのは、とにかく自分の切実で苦しい"要求"を《素直に受け容れてくれる子どもたち》であった事を考えて貰いたいんだ。即ち、東洋人(外国人)に対する"strikes against(不利な状態)"とは、勿論、"Wes(自分)側"にもある。何故なら子どもたちは自分と同じ国らしき人よりも、
11-13 09:34

続きを読む

僕たちは自分をどんなに犠牲にして喪ってでも、子どもたちを地獄から救わなければならない。

快楽殺人 性犯罪 動物虐待 拷問 無条件の愛 利他愛 Monster サタン 家畜化 Wes(WestleyAllanDodd)

yuzae1981

犬猫の殺処分をなくするには我々の想像以上になかなか困難かもしれない。何故ならそれは〖ビジネス〗と関わっているからです。〖レンダリング・プラント(動物性脂肪精製工場)〗で検索してください。 https://t.co/49OppaHC0o
11-07 23:19

僕は多くの人より、ずっとWesに近い人間だ。だから彼の存在が、僕を確かに慰めつづけている。同時に、苦しくて堪らないが、僕を動かすんだ。Wesのその深いエネルギーが、僕を動かしていることは確かだ。僕たちは自分をどんなに犠牲にして喪ってでも、子どもたちを地獄から救わなければならない。
11-07 20:41

Wesは『僕はこれを性的なものと感じなければならない。』と言ったんだ。Wesは誰からも愛された経験がなく愛を知らなかったので、性的な快楽を愛のように感じて生きるしか無かったんだ。全ての欲望を欲求を、性的なものとして強迫的に観念する意識がなくては彼は生きることが耐えられなかったんだ。
11-07 20:29

僕はずっとWesを"快楽殺人者"と表現して来たが、つくづく、彼を知るほど、どうにも違和感を感じてならない。彼は『それ(子どもたちをレイプして拷問に掛けて殺すこと)をしなくてはならない。』という物凄い"強迫観念"にあったと僕は感じてならないんだ。そしてそれを
11-07 20:29

Wesは或る意味、この世界に対して、そして何より自分自身に対して誠実に生きて処刑された人だ。自分のことも顧みずに自分の深い感情をただただ素直に〖最悪な形〗によって表現し、処刑される前はひたすらに後悔して苦しみ続け、死んだ子達を連れ戻せるならば僕は苦しくとも何でもすると言って死んだ。
11-07 20:19

僕はWes(ウェストリー・アラン・ドッド)の苦しみと悲しみを、その孤独を、"幾らか"理解している。僕もずっとずっと苦しんで悲しんで孤立して来た人間だからだ。そして常に激しく凄まじい悲憤の感情を抑え続けてきた。でも人々はそれが理解できないからWesを気持ち悪いと感じて非難するんだ。
11-07 20:11

『どうにかして屠殺場から逃れた1匹の動物が、このような異常なシナリオで殺されると、人々はそれを恐ろしい悲劇と呼びます。800億の動物が日常的に屠殺場でこのような結末を迎えるとき、人々はそれを食品産業と呼びます。』 https://t.co/fdtBtVKEIl
11-07 14:46

@cupppa1 @minmi21052766 ただ通報したり非難するだけでは何の解決にもならないと想うのです。もし自分の家族なら、それだけで終わらせようとする事はないと想います。厳罰も望まないと想います。動物を虐待する人、それを喜ぶ人たちに必要なのは〖人間の愛〗です。でも多くの人は真逆のものを与えていないでしょうか?
11-07 14:26

みちたもロビン(女の子)追っかけてたもんな。ロビンはずっとびびって逃げてた。交尾しようとしてたのかな? https://t.co/cVUiRkiQ1C
11-07 14:21

続きを読む

/*YouTube埋め込み動画を枠内に表示*/ iframe { max-width: 100%; }