児童連続殺人者Wesの最も切実な切望———被害者意識と犠牲者意識———

Wes(WestleyAllanDodd) ウェストリー・アラン・ドッド Wes 自己犠牲 犠牲者意識 被害者意識

Westley Allan Dodd(ウェストリー・アラン・ドッド)の少年時代



 

WesWestley Allan Dodd)が子どもたちを殺してしまった最大要因の一つが、またわかった。

 

 

Wes(ウェス)

 

 

我が同志よ、もし良かったら、この話を進める前に、僕が2015年6月に書いた

ベンジャミンと先生 - sirosorajpnonikki’s blog

という物語を読んでみてほしい。

僕はWesを知ったのは2022年の6月だったけれど、約7年前に、僕はWesを表現できていたんだ。

この物語を何一つ意図せず(何者かの力によって)書き上げた瞬間、僕の心は震え上がるほど感動したんだけど、それはずっと僕でさえ知らなかった知らない僕の本質(最も深い潜在願望)を表現できたと感じたからだった。

でもこの物語の主人公であるベンジャミンという少年は、どうも僕自身ではない。

僕はベンジャミンほど純粋な人間ではないんだ。

もう一人の主人公である先生も僕にとって憧れの存在だけれど、ベンジャミンも僕の理想的な男の子だ。

Wesの本質だ。ベンジャミンは、Wesの本質を表現しているんだ。そう僕は今朝にやっと気づけた。

それはその数時間前に僕は起きて、『ラムサ 愛という名のエリクサー 改訂版』

を読んでいて、ラムサのこんな言葉を読んだからだ。

 

『性欲、犠牲者意識、病気、権力欲、暴君的態度、被害者意識といったものを彼は持っていなかった。彼にはそういったものがまったくなかった。あなた方はそれらを持っている。あなた方はそれらに基づいて機能している。』

 

ぼくはラムサの言う犠牲者意識とは被害者意識のことだと勘違いしてしてしまっていたが、それらは別の意識だった。

深く愛されたくとも、愛されない(愛されてはいない)というWesの潜在意識にある凄まじい被害者意識は生きる程にどんどん巨大化して行き、もう手に負えなくなった。

Wesが子どもたちを殺害するに至った最大要因の一つはその被害者意識であると僕は確信している。

そしてもう一つ、今日確信できた。

犠牲者意識』というものだ。

犠牲者意識とは、みずから自分が犠牲となりながら(自分自身で自己犠牲を選択しておきながら)、その犠牲に対して最高の報いを求める意識だ。

僕は、それで気づいたんだ。

Wesが求めていたものとは、ただただ、普遍的な愛で深く愛されることではなかったのだと。

Wesが本当に本当に求めていたものは、もっともっと特別なものだったんだ。

それは、神の愛と呼ぶに相応しい。つまり、堕落した我々は到底与えることもできないようなもの、真の無条件の愛であり、それだけではなく、「自分だけに特別に与えられるもの」であって、Wesは心の奥深くで、自分ではまったく気づかない場所で、Wesは本当の特別な愛を強く強く求めつづけ、何よりも、切実に切望していたんだ。

だからこそ、Wesはあのとき、自殺するわけにはいかなかった。

最初に子どもたちを殺したあの日の数日前に、Wesは本気で自殺しようと考えたが、考えを変えた。

自殺したところで、自分が最も求めているものは手に入らないとWesは覚ったのだ。

この時点で、Wesの人格は凄まじい程に崩壊している。

Wesは、此処で死ぬわけには行かないんだと想った。

そのとき、Wesのなかにある闇の底に、確かに何かが降りて来たんだ。

そしてその時に降りて来たアイデア、まさしく悪魔(Satan)からの贈り物と言えるその一つのアイデアを、Wesは絶対に、実行させなくてはならなかった。

それが「子どもたちをでき得る限り残酷に殺す」というアイデアだった。

そのたった一つのアイデアは、Wesにとっての最後の砦でもあった。

つまり、自分にある特別な神聖さ(神聖な潜在願望)を、護り通す為にも必要だったんだ。

ただ此処で自殺してしまえば、自分は無価値な存在だとこの世に知らしめて終る。

でも僕は、こんな馬鹿げた人生で終わるべきではない特別な人間なんだ。Wesはそう確信し、ベッドに深く沈み込むように横たわらせていたその身体を立ち上がらせた。

Wesは心の底から信じた。

僕にこのアイデアが降りて来たのは、僕が本当に特別な存在だからだ。

そして僕ならば、これを遣り通すことができるし、死が訪れるまで遣り続けられる。

Wesは実際にこれまでにオカルトを研究していた為に、殺す子どもたちを上手く捕まえられないことに苦悩し、最終的に(ルシファーとも呼んでいる)サタンと契約を交わし、そしてサタンとの契約書に、子どもたちを殺させてくれるならば僕の魂をくれてやると書いてサタンに誓った。

Wesは逮捕されたあと、『I don't understand how I can love kids so much and yet do all that I've done.僕はどうしてこんなに子供を愛しながら、僕がしたことのすべて実行できたのか(何故、あんなことができたのか)、理解できない。』と素直に述べているので、Wesは自分の潜在願望に何も気づいていない。

でもWesの潜在意識は、Wesが本当に求めているものがなんなのか、ちゃんとわかっていたんだ。

だからこの時点で人格を完全に崩壊させることに成功できたWesは、"それ"を叶える為に、突き進むしかなかった。

何よりも、他の何よりも、Wesはそれが必要だった。

それを叶えたかった。

Wesは、此の世に存在するだれよりも、自分こそが真の特別な愛によって愛される人間であるということを信じて疑わなかった。

疑うならば、Wesは(完全に無価値な存在として)自殺する以外、道はなかったからだ。

Wesは、Wesには、それは堪えられなかった。

Wesは、神を信じてはいなかったし、サタンも信じて崇拝はしていなかった。Wesはただ自分の最も大きな潜在願望を叶える為にサタンの力を借りただけだった。

僕はWesほど、自分の良い部分を何から何まですべて裏目にした人間を知らない。

Wesの純粋性、純真さ、無邪気さ、男の子たちに性的虐待をしたいが為に真剣に平然と「このゲームの優勝者はパンツを下ろさなければならない」と言える稀有な天然さ、綺麗で(子どもたちから信用される)幼い顔立ち、嘘をついているとは信じられない透き通った感情深い優しく美しい眼、独特な面白いユーモアの才能、聡明な知能。

子どもたちが純粋な自分自身を投影できる存在として関心を深く抱き、素直に惹かれ着いていきたくなる本当に素晴らしい嘘偽りのないものがWesのなかには確かにあった。

Wesはいつでも純粋な切実さのなかで生きていた。だから子どもたちは、Wesを信用し、Wesに着いて行ってしまったんだ。

それは子どもたちがWesの邪悪さ、暗黒性を見抜けなかったからではない。

Wesの本質は、Wesが本当に深く求めていたものが、"特別な愛によって自分だけが愛される"という純真無垢なものだったからなんだ。

Wesにそれを叶えられる日は来るのか?

Wesは絶対に取り戻せない、その子どもたちがあのときに味わった苦痛の全てに、宇宙で最も深い闇の底でたった独りで永久に後悔し続けているに違いないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我々人類が行ってきた《虐殺》に対し、彼らはまさに《報復》を行い続けている。

ティック・クアン・ドック僧侶 自己犠牲 グロテスク 大量殺戮 ブルーブラッド 爬虫類人 闇の支配者 人狩り 儀式殺人 性儀式

yuzae1981

人びとが《殺す》ことをやめるまで、この連鎖が延々と続いて、彼らは皆、《拷問地獄》のなかに殺される。人びとは、どうすればこのことに気づけるのか。どうすれば《自分自身》を生贄にし、自分自身を何度も何度も拷問にかけて殺して、その死体を悦んで《食べる》ことをやめることができるのか。
12-11 20:33

《無残に殺されて食べられる》ことを、"繰り返し"経験しているのだと考えている。勿論、《豚》に限るとは思えず、《牛》もあれば、《鶏》もあり、野生動物となって、《狩られて》殺される場合もあるだろう。しかし多くは、この《pig》が《鋳型》の意味を持つので《豚》が一番に多いかもしれない。
12-11 20:33

エレミヤの手紙 1:23 新共同訳『神々の像を美しく装わせるためにはり付けた金も、だれかがその曇りをふき取らなければ輝きません。《鋳型》に流し込まれたときも、何も感じていませんでした。』僕は神に背いてきた人間たちが《pig(豚の形の鋳型)》に流し込まれて自分のカルマを清算する為に
12-11 20:33

https://t.co/XIqTizBFkOpig とはhttps://t.co/30rLtq9uct4《冶金》生子なまこ(◇砂型などに流し込んでできた銑鉄などの長方形の鋳塊);銑(せん)鉄(pig iron);生子鋳型píg ìron《冶金》生子なまこ銑(◇鋼鉄・錬鉄などをつくる前の(品質の低い)銑鉄)
12-11 20:33


c109992aea14e8993bedacd78b13abcc.jpgil_680x540 715655775_hw7iスクリーンショット (885)

豚型の鉄の鋳型




に対し無慈悲で血も涙もない冷酷さによる悍ましきものであったかを我々に示しているのである。我々人類が行ってきた《虐殺》に対し、彼らはまさに《報復》を行い続けている。彼らが崇拝する神もまた、おそらく《牛の角》が生えていることだろう。https://t.co/NMS7I5s4ll
12-11 19:32

獲物を一箇所にかき集めて縛り付ける。》その後、この《獲物》が、どのような残虐な拷問を受けて殺されるかは、是非、この本を買って読んで戴きたい。僕が訴えたいのは、《彼ら(支配者たち)》に対してではなく、人類に対してである。彼らの残酷な行為はすべて、人類の行為が如何に、《別の種》
12-11 19:32

薬物で酩酊状態になっているハンターでも「獲物」をつかまえられるように罠が仕掛けてある。昼間のうちに罠にかかってしまう「獲物」もいる。その場合は、ハンターに拷問され、レイプされ、殺される。死体は焼かれる。遺体の一部をトロフィーにして飾っておくこともある。夕暮れになると、生き残った
12-11 19:32

人間たちのことだ。普通は男であるが、女のこともある。人種は問わない。「狩り」を面白くするため、「動物」たちには通常、アンフェタミン(中枢神経興奮剤)が投与される。ハンターたちは、鉄砲やナイフで武装し、弓矢を使うこともある。通常、「獲物」は、黄昏時まであちこち逃げ回ることを許される
12-11 19:32

の為の《儀式》としても続けられている。《この儀式には、いくつかの形態があり、儀式殺人、流血、性儀式、狩りと生け贄、悪魔が出現することさえある。》その宗教儀式は、通常、夜明けに始まる。《保護区域の原野に何匹かの「動物」が放たれる。といっても、肉体の強さとパワーを基準に選ばれた
12-11 19:32

https://t.co/Lv3hZp19Vp地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜 (超知ライブラリー) https://t.co/OGPnxdq1dEこの本のなかで、《闇の支配者》たちによる《人狩り(ハンティング)》が行われてきたことが書かれている。それは彼らが《娯楽》《快楽》を感じるものであり、神への祈願
12-11 19:32

続きを読む

〖自己犠牲〗こそ、人にとって最も正しい生き方

悪魔崇拝 輪廻転生 自己犠牲 利己愛 利他愛 Wes(WestleyAllanDodd) Wes

yuzae1981

僕はWesWestley Allan Dodd)は残酷な人間なんかじゃないと想っている。残酷なのは、寧ろ、自分は残酷じゃないと嘯きながら動物の大量殺戮に加担し続けている人たちだ。Wesは自分が残酷な人間ではないなどと否定して死ななかった。でも殆どの人は自分は"残酷じゃない”と信じて偽善者として死ぬ。
11-30 22:55

僕は人と関われば関わるほど鬱が酷くなって、自分の命を脅かすようだ。それは人は表面的にしか、僕と関わろうとしていないからなんだ。
11-30 22:37

@nakamura47331 Pendant - Formula To Attract Affections (Original Video) https://t.co/Ta679QJQmL
11-30 18:52

@nakamura47331 敬愛なる小平氏、今晩は🌠小平氏が心霊スポットもお好きだとは知りませんでした。私はあまり関心がありませんが、最近、今住んでる家のすぐ近くの服部緑地公園の映像を撮影し、MusicVideoにしました。此処は有名な心霊スポットであるようですが、私は夜中に行く勇気がありません…
11-30 18:51

僕とWesの最も深い共通点。〖すべてを真に破壊し尽くしたい〗という激しい衝動の欲求。これは僕とWesの愛の深さなんだ。この深さに達しない人たちは、僕とWesがどれほど切実に訴え続けようが、何も伝わることはないだろう。彼らは深いものより浅ましい物を選択し、利己愛に生きて、虚しく死ぬ。
11-30 17:32

Wesと出会えたことに感謝している。僕もWesも、やっぱり一番に救いたいのは子どもたちなんだ。すべてにとっての未来を僕とWesは自分を犠牲にしてでも救いたいんだ。でも僕とWesの切実な訴えが、本当にだれに届いてくれるのか、僕たちはわからない。ずっと不安で、ずっと打ちのめされている。
11-30 02:31

https://t.co/AeDMZcjVpl僕は愛するWesの実際の当時の殺害記録を基にした自分の作品でWesから拷問にかけられて殺された。これは僕が絶対に書かなくちゃならない作品だった。もうずっと身体が朝から重くて朝からワインを飲む日が続いていて、手が震えるようになってきた。でも僕は本当に
11-30 02:31

続きを読む

『無抵抗な存在の死体を食しておきながら、どうして自分は善良な人間だと言えるのか。』

Wes(WestleyAllanDodd) Wes ウェストリー・アラン・ドッド ヴィーガン 自己犠牲 16Personalities性格診断 INFP-T 夢のお告げ MOTEL 愛と悪

yuzae1981

「無抵抗な存在の死体を食しておきながら、どうして自分は善良な人間だと言えるのか」 https://t.co/i1a231kycO
11-05 21:52


やがて屠殺される運命の母と子の姿


RT @veganfuture: https://t.co/Z6fcK52Tv2
11-05 21:39

彼は何年も前からブログのコメントで僕に厭味を言い続けてくる人で、僕が動悸が激しくて死にそうだからやめてくれと再三頼んでもやめなかった。自分の為に、相手を殺す事さえなんとも思ってない人なんだ。それはWesがしたことと全く同じだという事を彼が何時の日か気づけばいいと僕は願っている。
11-05 21:32

自分が強制的に働かされ続けて苦しくて不幸だからお前も働けよ。って彼は僕に言いたいんだ。でもその思考回路はWesが当時持っていたものと良く似ている。自分がこれだけ苦しめられ続けても人々は平気だ。Wesは人々に自分と同じ程の苦しみを味わわせてやりたかったんだ。〖快楽〗が目的ではない。
11-05 21:26

僕はただただ、僕とWesの深刻で切実な訴えが届く人に向けて、精神を削り続けながら書いている。それが届かない人に向けて書いてなどいない。だからもう自分を振った女性に対して嫌味を言い続けるのはやめてほしい。そんな惨めで悲惨で虚しいことをし続けられるのは、Crazyだし、破滅へと向かう。
11-05 21:10

動物たちがどのように殺されて自分の食卓の上に死体としてあげられているかを深刻に考えもしない人たちがWesに向かって「狂ってる」なんて言える資格などないんだ。Wesは気が狂いそうな欲求衝動があり、他に選択肢はなかった。でも人々は他に食べるものがあろうとも惨殺された死体を選んでいる。
11-05 20:55

働くのを放棄し自分の表現する小説(創作)だけに専念すればこんなことは起きてないんだよ。
11-05 20:41

強制的に働かされ続けることで利他愛に生きる余裕を喪われてゆくんだ。Wesは頑張って働き続けて社会に貢献してきたが、結果、ただただトラウマを積もらせ続ける人生を歩み、最終的に精神が崩壊し、子どもを三人、性的暴行後に拷問せしめて殺害して処刑され、その人生に幕を閉じた。
11-05 20:41

『誰に向けて書いてるんだ?数年前に見た時より狂ってるな。こんなキモイ文章は常軌を逸してる。働かねえから、狂うんだよ。逃げるな。働け。』というコメントが入っていたが僕は一度会って話したことのある(ストーカーの)彼に二度と返信する気はない。人は働かないから狂うのではないんだ。寧ろ
11-05 20:41

史上最も残虐な殺人者と呼ばれたウェストリー・アラン・ドッドの日記 3『僕は喜んで僕の魂をサタンに引き渡そう。』 —Wesley Alan Dodd: Diary 3—"I will gladly turn my soul over to Satan."https://t.co/CwnNyFh486

またWesの写真を加工し直した。 https://t.co/z2u5TuzGYU
11-05 20:41

続きを読む