お姉ちゃんからの電話

お姉ちゃん

わたしは美術館にいる。
もう多分、すべての絵を観終わった。だからわたしは気に入った絵が描かれたタペストリーが入った袋を手に提げて、そしてパンフレットや本が並んだ場所の前にある椅子に一人で座り、本を読んでいる。
だれか知っているような男性が少し向こうにいるが、だれだか良く知らない。
わたしは突然、呼び掛けられる。
美術館の従業員の男性が、わたしに電話だと言う。
わたしは急いで、公衆電話の場所に駆けつける。
そして受話器を取る。受話器の向こうから、懐かしい、とても懐かしい声が、元気なその声が聞こえる。
「こず恵?!」
「うん!」
「うわぁ、ひさしぶりに声聞いたなあ~!!」
目が醒めると、この世界にはもうお姉ちゃんはいない。
2021年10月27日に、お姉ちゃんは55歳で此の世を旅立った。
でもわたしは、もっと前から、お姉ちゃんの声を聞けなかった。
2020年の夏から、もうずっとお姉ちゃんに会えなかったんだ。
最悪な爆弾発言を互いに言い合ったあの夏から、わたしはずっとお姉ちゃんに会えない。
こんな現実を受け容れられる方法はあるだろうか?
もしあるとしたら、それはきっとたったひとつだ。
の中で、赦し合えるなら。
どうかつづきを見れますように。
わたしは寝つづけてひどく疲れた身体を寝返りさせ、また眼を閉じた。
物がとても少ないさっぱりとした家のなかにわたしはいる。
引っ越しする前か、もしくは引っ越してきたばかりだ。
わたしは想像し、嘆いている。
この先、お兄ちゃんに何かあったとき、お姉ちゃんが傍にいてくれないのだと。
子どもの頃から、わたしもお兄ちゃんもあんまりにもお姉ちゃんを頼り過ぎて来た。
だからお姉ちゃんは疲れ果ててしまったんだ。
わたしはそう途方に暮れている。
場面は変わる。
待ち合わせをした初めての喫茶店で、わたしとお姉ちゃんは、向かい合わせに座って何かを話している。
わたしは美術館にいたときに、突然、お姉ちゃんから電話がかかってきたあの日のことをお姉ちゃんに話す。
確か、あの従業員は、誰からの電話か言わなかった。
「こず恵が、受話器を取ると…、……お姉ちゃんが……」
わたしは突如感極まって、声が出ない。
お姉ちゃんもそれを聞いて、そのときのことを憶いだしている。
「お姉ちゃんが……、お姉ちゃんの声が……」
わたしはまだ感極まりつづけて、次の言葉を出せない。
人はあまりにも感動すると声が出ないのだ。
お姉ちゃんも感極まり、愛情深い眼でわたしを見つめ、次の言葉を待っている。
魂が震える感動をふたりで経験したあと、やっとわたしは次の言葉を発する。
「お姉ちゃん……、お姉ちゃんの声が…こず恵?!…うわぁ、久しぶりに…声聞いたなあ~!!…って…」
この瞬間の前に、つまりあの声が出ない時間、あのときに、わたしとお姉ちゃんは確かに共に深いカタルシスを経験したんだ。
だから目が醒めてわたしは想う。
あの時間、あの声もでないほどの感動のカタルシスの時間、あの時間がもっともっと永く、そして深い時間を、わたしもお姉ちゃんも、きっと求めているのだろうと。
















❂人類を刈り取るために超高速で回転しながら虹色に光るUFO❂UFO Glowing In Rainbow Colors While Spinning at Ultra-High Speed to Reap Mankind❂

UFO 未確認飛行物体 刈り取り 虹色 聖書 reap 啓示

❂今日の僕の


Glowing UFO spinning at super-high speed to reap mankind



2019年2月から6月まで、わたしがお世話になり続けたわたしの雇っていたホームヘルパーの男性、干支藻さんと見知らぬ部屋に一緒にいる。

おそらく、干支藻さんの部屋だ。

干支藻さんは当時、確か33歳だったと記憶している。わたしは当時37歳だった。

彼に激しく恋をしてしまったのだが、残念ながら最期は、わたしの人格が破綻していた為、大声で互いに電話で罵り合って終わった。

「おまえて、だれに向かってゆうてんねん。」という低く恐ろしい干支藻さんの声を、今でも繊細に憶いだすことができる。

それはちゃっかしと録音していて、何度とそれを聴いたことも関係しているだろう。

彼は本当に男米(おとこまい・handsomeboy)だったが、彼は既婚者で子持ちでもあることをわたしにずっと隠していたこと、これがいけなかったのだ。

これがわたしを、破壊の神へと忠実に成らせ、わたしを本当に怒(いか)らせたのだ。

人間と人間の真に深い関わりをひたすらに求めつづけているのに、だれひとりとも真剣に関わることが叶わないことでとてつもなく寂しく、猛烈に烈し過ぎる凄まじき欲求不満のなかに苦しみ続ける引きこもりの37歳の独身女性の利用者に対し、妻も幼い息子もいるという事実を意図的に隠し続けて来たこと、その罪深さをわたしはただ知ってほしかったのだと想う。

わたしがレッド・ツェッペリンのロバート・プラントにハマっているのだと言った時、彼は張り合いたかったのだろうか、自分が若い時分にバンドのドラムをしていたときの写真を見せてくれた。

「髪が長くて、かっこいいですね。」と言うと、干支藻さんは嬉し気だった。

それで、なんでまた、わたしは今、干支藻さんの部屋にいるのだろうか。

あんな最悪なトラウマを互いに背負ったのにも関わらず、干支藻さんはわたしと仲の寄りを戻したいのであろうか。

わたしはどうしたら良いか、混乱し、酒を飲み、酔いどれるほか、なかった。

干支藻さんに向かって、酒瓶を振り翳し、「どらぁ。」などと言っていたかもしれない。

とにかく気持ちのなかでは、そんな感じで、彼に対して「なんやこらぁ。」という感覚に近いはずだった。

何故かと言うと、わたしは何故か、干支藻さんの部屋にあるキャビネットの上に乗って何か楽し気にしていたからである。

干支藻さんも、困惑しながらもちょっと楽しそうだった。

しかしその時である。突如、かなり大きな揺れ(地震)が来た。

「うわ、おわ。」と言いながらもわたしはキャビネットの上でバランスを取りつつ驚いていた。

干支藻さんも吃驚していた。

最早、頑なにキャビネットの上に居つづけて天下を捕った者のように干支藻さんに吠えつづけることがかなり危険であるとわかったので、諦めて大人しくキャビネットから降りようとした、まさにその時である。

窓の外が、物凄く輝いた。

そして、聴いたこともない恐ろしい響きが、外の世界で鳴り響き始めたのだ。

その音は、確かに金属的な響きを持っているが、同時に身も震えるほどの、恐ろしき"生命"の発する叫びのようにも聴こえるのである。

干支藻さんは、窓の向こうを観た瞬間、恐怖のあまり、「ひいいぃいいぃぃぃっっっ。」と言いながら、這うようにして部屋の電気を落とした。

何故か、それは窓の外に、〖それら〗が、ついに、遣ってきたからである。

本当に、突然のことだったが、〖それら〗は巨大でかなり薄い円盤状の超高速で回転する虹色に光り輝く物体たちであった。

そしてその《金属的だが同時に生命の発する悍ましき叫び》は、やはり〖それら〗が発している。

〖それら〗が、我々に何をしに来たか。

干支藻さんもわたしも、瞬時に、それを察した。

何故なら、〖それら〗は地に限界まで低空飛行して超高速で回転しながら地面の《草》の、その《上部》を、まさに《刈り取っていた》からである。

その《草たち》は、勿論、《雑草》として、《実り無き草》として、〖それら〗に判断されていることがわかった。

わたしと干支藻さんが震え上がって逃げる他なかったのは、その《草たち》は、はっきりと観えていたわけではなかったが、《人間の頭部》であることがわかったからである。

つまり、〖天の神々〗たちが、草を《草刈り機》の《刃》で刈り取るようにして、《罪深き人びと》たちを刈り取りに来たのである。

なのでその薄い超高速で回転し続けながら地を這って移動する虹色に光り輝く円盤はちょうど、《Mower Blade(草刈り機の刃)》とそっくりであった。



iu-800×800-iu-1000×1000-


わたしはそうと来れば、もう即座に、逃げた。

干支藻さんがどうしているのか、どこに行ったのか、全く頭にもなかった。

とにかくわたしの頭の中から干支藻さんは瞬時に消え、わたしの視界のなかにも彼はいなかった。

わたしは自分が逃げることしか頭になかった。

そして窓に面している部屋の中はいくら灯りを消そうとも窓の外から丸見えである為、わたしは素早くこの部屋の外に出て、ドアを閉めた。

そして次に、トイレへと向かったのだ。

可笑しなことに、干支藻さんの部屋のトイレは野外にあった。

その小さな、真っ暗な個室に、わたしは入り、全身を震わせながらじっとしていたのである。

すると、トイレには窓があって、その窓の外から、見知らぬ女性が、わたしに声を掛けた。

わたしは窓を開けて、彼女と対面した。

その女性は、わたしに「大丈夫だ。」ということを言い続けたあと、自信に満ちる顔でこう言った。

「うちらは大事なもののなかにあるから、大丈夫。」

しかし、その瞬間である。

建物と建物の隙間から、〖それら〗が我々を光り輝きながら覗いた…!

そしてわたしは、から覚めたのであった。







ガラテヤ人への手紙 6:8, 新アメリカ標準訳聖書
自分のに種を撒く者はから滅びを刈り取るが、に種を撒く者はから永遠の命を刈り取る。
Galatians 6:8, NASB
For the one who sows to his own flesh will reap destruction from the flesh, but the one who sows to the Spirit will reap eternal life from the Spirit.















✢未来のホロコースト(第三次世界大戦)の情景(今日の私の夢)✢Scenes from the future Holocaust (World War III) (my dream of the day) ✢

処刑 第三次世界大戦 夜と霧 ホロコースト 強制収容所 予知夢 絶望 屠殺 地獄 ヴィーガン

✢今日の僕の夢✢



スクリーンショット (880)

(右上の図)恐らく、人々の恐れていた《第三次世界大戦》が起き、人々はNazis(ナチス)同様、強制収容所に投獄され、迅速に大量に処刑される未来が遣ってきた。
ホロコースト(Holocaust)は効率良く行う必要があり、その為には必ず人々を"騙さねばならない"
「あなたがたのすべてを今から処刑する」などと言うものなら大暴動が起きるだろう。
この処刑法はまだ実験段階なのか、処刑されるのは一度で、《5人》の男だ。
それは牢屋のなかで行われる。
5人の男性が檻の中に入っているが、ここで自分が今から処刑されるとわかっているのは(右上の図)向かって右から4番目の男性Aだけだ。
他の4人は、Aだけを処刑すると告げられている。
だから他の4人はAを慰め、大人しくさせる為にただ利用されていると信じている。
しかし今から行われるのはこの5人全員の処刑である。
Aはとても慈悲深く耐え忍ぶ力のある人で、これから処刑されるのに他の者たちの事を心配している。
Aはおもむろに右隣の男性B(図の向かって右から5番目)に向かって言う。
「日本の関東にも大震災が起きましたね…本当に心配です。」
そう、Bは日本人で、異国のこの収容所にいるのだ。
我が母国よりも、Bの国を心配するAに対して、Bは涙を堪えながら応える。
「うゥ…わたしはなんと言ったら良いか…」
それが精一杯である。
Aは慈悲の表情を浮かべ、Bに「きっと大丈夫」という意味で微笑む。
突然、Bは感極まり、Aをぎゅっと抱き締める。
先に言っておくべきだったが、Aは50代前半で、Bは60代半ば程である。
Bは少し小肥りの体型で髭を生やし、博士のような雰囲気だ。
Aは誠実で清潔な面持ちをしている。
二人ともきっと子どもがいて、さぞかし心配だろう。
すると何を想ったのか、BとAが泣きながら抱き締めあっているその身体を離した瞬間、BはAに想い切り口付け(キス)をし、それだけでは飽き足らず、BはAの汗でぐっしょりと濡れたシャツの上から、半分透けているかのような乳首を下から号泣しながらいやらしく舐め上げる。
Aはつい、感じてしまったのか、「あっ…」という、喘ぎ声が出てしまう。
その様子を、他の3人の男たちは少し後ろから見つめながら、黙っている。
二人とも恥ずかし気で、それ以上の展開は起こらず、彼ら二人のお別れの儀式が終ったようで、元の位置に戻ろうとする時、図の向かって右から2番目の男性Cが、ぼそっと言う。
「なかなか大胆なことをするんだな。」
少し顔がにやけている。
向かって右端の男性Dは頷き、納得している様子だ。
その時、ずっと我慢していたものがはち切れたのであろうか、向かって右から3番目の男性Eが真ん中の少し後ろへ下がり、突如、『サタデー・ナイト・フィーバー』風に、派手な踊りを一人でし始める。
かなり楽し気だ。
完全に馬鹿にされているのだということをAとBは感じていたが、二人とも人格者であった為、彼(E)に対し、最早、何も求めなかった。
私は今から一人の男を処刑する事に精神が堪えられなくて崩壊し、ああなったのだろうかと考えながらそのEのダンスを残りの4人と同じように静かに眺めている。
そしてこの後、この《5人》の男性たちの処刑が完全に行われるのである。
通路を挟んで、向かって左側にも牢屋が続いている。
そこにはこの先、処刑される人たちがたくさん閉じ込められている。
幼い子どももいる。
「Dad... mom... where did you go...?(パパ…ママ…どこに行ったの…?)」
彼は泣いている。
この男の子も、いつの日か、処刑されるであろう。
『過去に起きた全ては、未来に繰り返されるからである。』
何故なのか…?と人々は神に向かって問い掛ける。

そう、実は僕はこのような第三次世界大戦の様子の夢を何度も観たことがある。
2012年には、その夢が切っ掛けでヴィーガンになった。
その当時の夢は今日の夢以上に残酷なものであり、人々が跪かされ、次々に斬首刑に合うというのを目の当たりにし、僕は震えあがった。
そしてこれは、未来に起る《予知夢》であるのだと感じたんだ。
その後、僕は屠殺場》の映像を観て、其処にある《生命の堪え難い地獄》と《人類の真の地獄》がまさに繋がっている(密接な因果関係にある)のだと、覚った。













滅亡5分前の生中継

こないだ、ぴんぽんとチャイムが鳴り、てっきり宅配便だろうとオートロックを解除したらば、ドアの前に立っていたのはどの宅配業者でもなく、NHK受信料徴収員のあんちゃんであった。
俺は騙されたあっと思ってオートロックを解除したことを後悔し、背の高いあんちゃんに向かって猛烈に怒りをぶちまけた。
「なんで観てないのに払わなくてはならないのか納得がいかない」という訴えから始まり、相手が「払う義務が法律で定められている」と抜かしゃがったので、果てには「何故この世に政府があるのか?政府とはなんのためにあるのか?民衆のためにあるんじゃないんですか?NHKが儲けるためにあるんですか?」と早口でやくざまがいにまくし立てた。
そして何度も「ほんま毎月、かつかつなんですよ」と貧困状態を訴えたものの、相手はそれでも引き下がらない。
「生活保護受けてて、カツカツなんですよ」と言ったら生活保護者はNHK受信料は免除になると言われてわれもそれ思い出して、「あ、ほんまや、免除なるんやったら、ほな契約しまっさ」としゃあなく受け入れて、面倒くさかったが、契約書に名前住所などを書いて判を押した。
しかしここで、徴収員のあんちゃんは「あなたのアンドロイドを見せてください」と言い腐ったので、なんで見せなあきまへんねん、と想いながらも「ワンセグついてなかったと思うけどなぁ・・・」と言いながら自分はアンドロイドを部屋に取りに行ってあんちゃんに画面を動かして見せながら、「ほらね、ワンセグのアプリどこにもありませんでっしゃろ?」と言ったのだが。
あんちゃんはしつこいあんちゃんで、「もう一度、お願いします」と抜かしてけつかりよる。
なんでもう一度自分のプライバシーな携帯の画面を見せなくちゃならんのだと想いながらもしかたなく、もう一度画面を見せてやったらば、「ね、ないでしょ?」「うーん、おかしいですね、あるはずなんですが・・・では機種の番号を教えてください」と言うので、機種番号を教えると、あんちゃんは自分の携帯でそれを調べ始めた。
そないだ「月々、500なんぼなんですよ、このアンドロイド」「やっすっ、安いですね~」「うん、ビッグローブでね、WIMAXで使ってるんすよ」などと世間話をしていた。
そしてあんちゃんが調べた結果、俺のアンドロイドはワンセグ付きのアンドロイドではないことが判明した。
「それじゃ、契約する必要はありません」と非常に残念そうな顔であんちゃんは言って、俺がせっかく書き記した契約書に大きく×をつけて、俺のほうがなんだか申し訳なくなって、「すんませんなあ」と言って、あんちゃんはそれ以上に申し訳なさそうに謝罪し、俺がドアを閉め切るまで、まるで天皇に深く頭を下げたオバマ元大統領のごとくの角度で頭を下げていた。

俺はその姿に感心して、俺が実はテレビは観ないがNHKの番組は好きでたまにネットでアップされたのをよく観ていることをあんちゃんには言えなかったことに後ろめたさはまったく感じなかったが、その代わりに、ありがとうとNHKに心のなかだけでの感謝を告げた。

そして今日、テレビにまつわる奇妙な夢を俺は見たのだった。

この世界はどうやら、もうあと数十分とかそこらで、滅亡することがわかっていた。
人類は間違いなく滅亡することがわかった今、テレビは何を伝えるか?
俺はテレビをつけて、その画面に映る人間たちを眺めていた。
するとまず、そこにはマチャアキこと堺正章が司会者たちにマイクを向けられ、沈痛な面持ちでカメラを向けられていた。
俺は小学校の卒業アルバムに好きな人ってところに「堺正章」と書いたくらい、当時は好きだったの。
最近、姉が堺正章ってお父さんに似てきたよなあ!っとスカイプで言ってきて、たしかにどこかが似ている気がした。
まちゃあきは日本のチャップリンと言えるような優れたコメディアンだったが、あと数十分ですべてが滅びゆくこのときには、その生真面目さが深刻さを破る隙を許さなかった。
まちゃあきは声を振り絞って何かを言おうとするのだが、それが声になることがなかった。
カメラは別の場所のカメラに移り、そこにも悄然とした顔で俯く男が一人、司会者たちに囲まれてマイクを向けられ立っていた。
その男は、大竹まことであった。俺はこのとき知ったのだが、大竹まことの愛する師匠は堺正章であり、堺正章の最も愛する弟子も大竹まことであったようだ。
まちゃあきは、我が愛する弟子が何を言うのかをじっとカメラを通して眺めていた。
しかし大竹まことも何も言葉を失った様子で、ただカメラの向こうをじっと見つめていた。
そこには愛する師匠が自分を見つめ返していることを知っていたからである。
そして大竹まことはまたもや俯いて目頭をぐっと指で押さえつけた。
するとまちゃあきも同じように感極まった様子で、自分の目頭を押さえつけ、必死に涙を我慢している様子であった。
感動的なシーンであった。すべてが滅び行くまえの、この言葉のない無声の生中継の映像が伝える人間たちの悲しみに感動しない者はあろうか。
誰もが黙っている数分間の間にも、司会者はマイクを下げることはしない。それが仕事だからであろう。
何故このときに、わたしたちは大竹まことにマイクを向けているのだろう?そんなことを考えながらもマイクを下ろすことは自分に対して許されないことだと、そのマイクを持つ手が細かに震えていたことをわたしは見逃したかもしれない。

数分か、数十分かの沈黙を切り裂く言葉が、ついに大竹まことの口から発せられた。
大竹まことはいつものあの独特な雰囲気と表情でこう言い放った。

「わたしの顔のアップが、数十分の沈黙の生中継に耐えうるものだとわかったので、想い遺すことはもうありません」

その場と全国の茶の間に妙な苦笑の広がる空気が流れた。

そして世界は、大竹まことの言葉の残響とどアップの顔を視界に焼きつかせたまま滅んで行ったのであった・・・・・・。