光るみなも白い空 | Category : 映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコーの巣の上で


カッコーの巣の上で [DVD]カッコーの巣の上で [DVD]
(2010/04/21)
ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャー 他

商品詳細を見る


僕の大好きな映画「アマデウス」のミロス・フォアマン監督の1975年の映画
「カッコーの巣の上で」を観た。

浅野忠信が一番好きな映画だとなんかで書いてたから期待して観たが面白かった。
精神病棟に精神病のふりをして刑務所からやってきたマクマーフィー(ジャック・ニコルソン)が厳しい病院の制限に言いたいことも言えずおとなしくなっている入院患者たちに規則を怖れずに自由を求める姿を見せながら一緒に自由を取り戻そうとして生きる喜びを患者達が知り始めていくが話は思わぬ方向へと向かってしまう。

この精神病棟に拘束されている患者は数人しかおらず、それ以外は皆が自主性で入院していると知ってマクマーフィーは驚く。
好き好んで自由の利かないこの病棟に居るのかと思えばそうでもなく、患者はそれぞれしたいことを思うようにできないことで不満をつのらせているが、不満を叫ぶと激痛が走る電気ショック療法が待っているからしょうがなく我慢して面白みのない退屈な日々を暮らしている。
つまりここに居る患者達は精神病棟でしか暮らせない理由があるから仕方なく暮らしているのであって好き好んで不自由を楽しんでいるわけではないということだ。
マクマーフィー以外は犯罪者でもないのだからいつでも家に帰られるのにそれをしないのは家に帰るのは今以上に苦痛だからかもしれない。
そうでない人間なら誰があらゆる制限を我慢してまで病棟での暮らしを選ぶだろう。
飲みたくもない薬を毎日飲まされ夜は拘束具で縛られて眠る。
彼らはこの精神病棟でしか生きてはいけない人たちなのだ。
そんな彼らから安くもないお金を奪い彼らの望みを聴くこともせずに事務的に接して彼らから喜びを奪っている病院で監視する人間たちに何度も反抗を試みる自由が好きな子供のように純粋で優しいマクマーフィー。

その豪快な奔放さは規則を作ることで平穏に暮らすことを望む大人の社会には迷惑に映ることだろう。
しかしここは患者を治療するためにある精神病棟であり、患者から生きる楽しみを奪うためにある社会ではない。
自由奔放なマクマーフィーの姿はここの誰より人間としての生きる喜びを生きているように見える。
規則や制限は作るほうの人間の心をも蝕んでいくものなのだと改めて感じたのである。
世の中からキチガイと呼ばれる人も世の中からまともと言われる人も元は同じ人間同士である。
自分の嫌な規則を設けられたら嫌であるし自分の思い通りの規則が設けられれば嬉しい。
ここでは病院側だけの規則を守らねばならず、患者側の意見が通らないで患者が我慢し続けなければいけないことを病院側が問題としていないことが問題だと思われる。
何故ならどんな対人関係でも片方だけが我慢を強いられる関係は片方の重荷が重すぎていつかガタが来てもおかしくない危ない状態のまま繋げている関係だからだ。
これはどこにでも言える事であって上司と部下でも言えるし親と子でも言えるし病院と患者でも言えるのである。
つまり我慢と辛抱とは互いに分け合ってしていかなくては持たない、壊れるときを待っているような関係性の上に成り立っており、それをそのまま放っておくのでは患者は一向に快復できずむしろこれまで以上のトラウマを抱えて外に出て行くのかもしれない。
だからマクマーフィーがやらかした数々の荒い行為は病院いじめではなく素直にこのままじゃダメやんけと思ってしたことであり真剣に元気を失い果てた患者達に元気を取り戻そうと必死にやっていたことで、そんな彼らを責める病院側は自分たちの心無い厳しい制限が患者の心をどれだけ閉ざせて未来を奪おうとしてきたかを考えていけたらええなと思う。

自由とは、一方だけのものではなく、不自由もまた一方だけのものであってはならない。
自由より不自由を愛する人があるが、それは権限を持つ人間が愛するものではなく、むしろ不自由を望む者は自ら自由を奪われる者が望むものだ。
相手に不自由を与えて自分は相手を不自由にする自由を手にしながら「不自由を愛する」などと言ってはなるまい。
不自由を望むならば、相手を自由にして自分が不自由の身を選んでこそ望めるものではないのか。
自分は暴力を望むと言いながら相手に暴力を振るってはならないのと同じである。
暴力を望むと言うならば自分は暴力を振るわずに相手から暴力を振るわれることを望まなければいけない。

読んでるか知らないが、上の言葉はやまちゃんに、そしてこの映画をふりょもん部屋の権限を持つ人たちに私は観てもらいたいと思う。
自由を奪われた患者達が最後どのような行為に出たか。
自由を無理矢理に奪われる者がいなければ反乱は起きないのだ。

私はもう不良悶絶閉鎖病棟には二度と戻るつもりはない。
私をマクマーフィーのような最期にあの部屋は送らせようとしているのだ。
薄汚く醜い権限と言う極悪な権力で人々の自由を奪い取り自由発言の出来ない大人しい人間にさせようとしている社会の病巣に気付かずに今日も明日も病巣での馴れ合いをし続けていくのだろうか。
私はもうその巣を巣立つときがきたのだ。
私はもうカッコーの巣を巣立ったのである。
ちなみにカッコーとは精神に異常をきたした人間のことでカッコーの巣とは精神病棟のことだが
不良悶絶病棟はまさしくそのような巣である。
人の自由を奪い自分たちだけのユートピアを作り上げようとする精神こそが異常そのものだからである。
電気ショック療法に怯えて誰も言いたいことを言えない狭い世界。
そんな彼らも自由の部屋に居座って病棟のほうで部屋の人間の陰口をみんなで叩き合っているのだから寒気がする。
早く異常さに気づいてカッコーの病巣を巣立つ人間が増えていくことを私は望む。

病巣の側で自分が笑われてるのかもしれないことに耐えられなくなって私は遠くの誰とも喋らないこの故郷に帰ってきた。
とても苦痛な毎日だ。ニュースを見る気力も失せ社会からだんだんと孤立していくのを感じる。
しかしそれでもあの病巣に戻るほうが苦痛だから私は戻らない。
どれほど他の者にとって権限を振り回される居場所が苦痛かをあの人間たちは何も知らない。
言いたい言葉も制限されるのなら何のために真剣に人間と関わりに行くのか。
あいつらは言いたい放題で俺の胸をえぐる死ぬまで忘れない言葉を吐き続けながら何で俺だけ言いたい言葉を制限されるのか。
俺が出て行くのは当然だ。
俺が辛抱切れて巣立つのは、当然の結末だった。
おまえらにロボトミー手術をされる前にな。
俺ばっかりがあいつらを仲間だと思っててあいつらは俺を仲間だとは思ってなかったんだ。
仲間に制限を課したり、権限を振るったりしないからな。
どうしても同等にあいつらは人を置きたくないんだ。
でも一番大事なことじゃないか、自分と相手を同等に置くってことは。
一番人間として大事なことをあいつらは最初から放棄してるんだ。
どんな醜い顔で相手と向き合ってるかわかってないんだ。
どんなに卑劣な部屋か気付いてないんだ。
賢そうな文句をどれだけ並べてもあれじゃ意味がない。
自分がクソで餓鬼で頭が悪い人間だと周りに見せているようなものだ。
でも何言っても気付かないんだろう、自分らだけの居心地の良さを求めてる奴らには。
言っておくがそんな奴らはみんな大馬鹿野郎だ。
おまえはいつその病巣から巣立つんだ。
おまえだよ。
全体非公開性にしやがって。
おまえら全員、いったいいつその病巣から巣立ちするんだ。
それとももうロボトミーされちまってんのか、この病んだ社会の巣に。
何故全員の見ている場所で自分の言葉を発しないんだ。
何故隠れるんだその病巣に。
いいか、俺の日記を見に来るならおまえも俺におまえの日記を見せろ。
じゃないと不公平だ。
観に来ないなら別にいい、勝手にしたらいい。
自分は自分の本音を俺に見せもせずに俺にどうたらこうたら不満を抱くな。
同等が大事だ。
なんと言っても同等がこの世界では一番大事だ。
あ、膀胱が痛い。トイレにも行かずに俺は日記を真剣に書いてるのにおまえらは俺に何の真剣な言葉も見せようとしない。
なんでも対等にやれて一人前だ。
いつまで経っても子供でいいなら今のままで病巣にい続けたらいい。
巣立つ必要もない。
ヒナはぬくぬくな巣であったまってりゃあいい。
親と兄妹にしか聴こえない声でピイピイ鳴いてりゃあいい。
狭い世界で鳴いてるだけで安心しているんだろう。

何が「もう要らない」だ、俺はぽんちゃんの耳に心地いい鳴声を聞かせるために居る小鳥じゃねえぞ。
気に入らなければ捨てるおもちゃのように言いやがって。

どいつもこいつもなんなんだ、人をおもちゃのように扱いやがって。
俺はいつも泣き顔で絶叫してるのに何にも届かない。
俺を代わりの居ない存在のように思ってくれる人はいないってことだろう。
ことごとく社会との接点を失った俺を見て嘲笑っていればいい。
死人のように生きている。
ロボトミーされて生きるより死んだ方がいいな。
俺は死を選んだんだ。
でも望みを持って死んだ。
いつかみんなが真剣に相手と関われる日が来るという望みだ。
俺は落ちたんだ、カッコーの病巣から落ちて死んでしまった。
で、死んだから幽霊になって巣の上を漂ってるというわけだ。
っつうことで「カッコーの巣の上で」よろしく。
早くすべての病巣にカッコウ鳥の鳴く日が来ますように。
スポンサーサイト

映画「ピアニスト」


ピアニスト [DVD]ピアニスト [DVD]
(2002/10/11)
イザベル・ユペール、ブノワ・マジメル 他

商品詳細を見る


ミヒャエル・ハネケ監督の2001年の映画「ピアニスト」を観た。

幼少の頃から母親の厳格な教育と過干渉を受けて育ったエリカは母親の望むピアニストにはなれなかったもののウィーンの名門音楽院でピアノ教師として働くようになったが、40歳を過ぎても一緒に暮らしている母親の執拗なまでの干渉に嫌気が差しながらも共依存の関係に陥って抜け出せないでいる。
エリカはこの年になってまだ男を知らず、仕事の帰りに男が日常的にストレス発散や性欲処理をするかのようにポルノショップへ赴き、性的倒錯的なちょめちょめなことをしては何かを発散している、または自己をギリギリのところで保っているように見える。
そんなある日、地味でシャレオツの「シャ」の字も知らないような地味な中年女エリカの前に、若く厭味たらしいまでの爽やかフェイスと健康的なガタイを持ち合わせた美青年学生ワルターが現れて。
教師で年長者であるエリカに対しての敬意が足らんという風な生意気かつ執着的かつ純真的な求愛をして来られ、エリカは最初冷たく拒絶を続けようとするんだけれどもエリカの抑えていたものが徐々に華を開きだしてゆかんとする。

これで腐った女子いわゆる腐女子的な妄想の末あんなことやこんなこともして妄想のあまりの軽薄さに自己嫌悪に陥り浅ましい欲望だけの作品に終わる、ということをしないのはハネケ監督が異常なほどひねくれているから。
ではなく現実をありのまま表現しようとしているからなんだろうけれども、私も観ていて、何度か「そうそう、わかる、わかるよ、あー来た来た、男は怖いねえ、男は怒らせるとこうなるからねえ、いやあー自分のことを見ているようで非常になんとも言えないなあ」と思ったと思っているところだ。

私と彼女の共通点をではまた挙げてみることにしよう。

・親と共依存に陥っている。(私の場合は父親です)
・異常な性癖、有り。(私の場合はスカトロジー性癖です。嘘です。ではなく末広丸尾の童貞厠之介<厠の中から現れる糞尿まみれの少年>に恋焦がれていた)
・執着的依存的恋愛を繰り広げる。嫉妬心もッパネエ。
・親に口答えすることはままあったが、逆らい切ることが出来なかった。
・親との間に激しい愛憎が結構いつもあった。
・自傷行為、有り。(私の場合は親に隠れてアムカ<腕の部分をカッターやかみそりで切る行為>を毎日やっていた)
・マゾヒズムな欲望を隠している。(私の場合、自分を見下しきった相手に手篭めにされたいという欲望がある)
・キレた男から連続で暴力を振るわれたこと、有り。(私の場合も自分の我侭に耐え切れて相手がブチギレた)
・結局のところ、男に醜悪的にも縋る恋愛しか出来ない。まともな恋愛をすることが不可能。
・男に縋るくせに、男がその気になるとこんだ嫌悪感が漲ってくる。
・男に対する依存と拒絶が同時に起きている。(肉体的なところでも起きている)
・片親の不在。(私の場合は母である)
・実のところ相手から痛めつけられたいという願望は痛めつけられることを先に自ら望むことで相手より自分が優位に立って支配したいというサディズムの倒錯したものであって、それは男性性の強い男性的な女の潜在心理である。
・しかし実際に痛めつけられたときに拒絶反応が出るのは男から出る暴力に太刀打ちできないことで否応にも自分が弱い女でしかないことを悟らされるからである。
・女はどうしたって男にはなれないのだと見せ付けられることによって男より優位に立つには男に依存的に愛される以外にないと知るからである。
・故に、女が男に依存する深層心理とは自分を優位に立たせられる男の存在がどうしても自分に必要なものだと知っているからである。
・しかしそんな歪みきった醜い感情は女が親から受け続けた愛憎の連鎖反応であり、親の愛は子の愛に受け継がれてゆくのであった。
・依存とは支配することであり、共依存は互いに支配しあうことになり、共依存で育った者は依存だけが愛であると認識しており、よって女が望むこととは、本来、男と共依存という愛の形成を行いたかっただけなのであったと思われる。

アンチクライスト


アンチクライスト [DVD]アンチクライスト [DVD]
(2011/09/07)
ウィレム・デフォー、シャルロット・ゲンズブール

商品詳細を見る


「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー監督の2009年の映画
「アンチクライスト」を観た。

夫(ウィレム・デフォー)と妻(シャルロット・ゲンズブール)が愛し合っている最中に息子が事故で死んでしまう。
そして二人はある理由から深い森の中へと向かう。

今日の早朝に観終わった後なかなか吐き気がやまなかった。
昼過ぎに眠って目が覚めたら部屋が暗く、まだ18時半なのに闇の濃さが恐ろしい。
とりあえず一回目観た感想を書き留めておこうと思う。

ネタバレを避けられないので、興味のある方は先に観たほうがいい。



この「アンチクライスト」という映画は救いがないわけではない。しかし救いがあるわけでもない。
感動がないわけではない、しかし感動があるわけでもない。一滴の涙もこぼれようとしない。
“カタルシス”ではない。
この映画に“カタルシス”を求めることは、あってはならない。
私は求めていたつもりはない。
だから観終わった後がっかりもしなければ悪い評価をつけることもしない。
この映画は私の期待通りだったのかもしれない。
いや、期待以上のものだ。
ジャケットを観るのもおぞましい。
この映画を観る前までは一縷の光があり、この映画を観終わった後はそれが幻だったのだと感じる。
映画を観終わった後、私は自分の運命に泣くことすらできない。
“悲嘆”“苦痛”“絶望”にさらなる感情が合わさることから私は逃げていたのだろうか。
眠らされていた“恐怖”という感情が呼び覚まされたような感覚で、闇を怖れている。
どのようにしてこの映画に恍惚に浸りカタルシスを感じて感動できるのだろう。
感動がないわけではない。この恐怖とおぞましさは感動以外のものではない。
この映画はハッピーエンドでもなければバッドエンドでもない。
この映画を支配しているもの、それは“混沌”しかない。
どんなに苦しいものでもそこに救いを見いだせるなら救いを感じるだろう。
私は救いを見いだすこともしなければ救いを見いださないこともしない。
この映画はわたしにとって、そんなに容易く結論が出ては決してならない映画だからだ。
シャルロット・ゲンズブールが演じた妻の罪悪はわたし自身の罪悪に他ならないからだ。
彼女の罪悪は私の罪悪に似すぎている。
唯一、この映画に一つの場面で恐怖にほんの少しだけ勝る悲しみを許されるなら彼女がひとり闇深い森で自慰行為を行うシーンに自分の哀れな姿を映して観てみたい。
自分を憐れむことで一層の自分に対する憎悪を吐き気を催しながら産み出すことができたらいい。
私と彼女の共通点は、性的快楽に耽って愛する者を忘れ、その時愛する者は苦しみの中にいた、そして愛する者が死んだことを自分の最も重い罪悪にしていることだ。
彼女の場合は小さな息子で、私の場合は父親だ。
自分がたどる結末を見せられたような思いだ。
最近夢でよく父親に向かって怒り叫んでいるものを見る。
彼女が夫に向ける怒りと同じだ。
私を捨てないでほしいという切実な思いが自分を捨てるのではないかという不安から我を見失うほどの怒りに変容する。
まるでウィレム・デフォー演じる夫が父親のように見えてしまった。
観るのが耐えがたいシーンの多くはそのせいもあったのだろうか。
目が澄んで綺麗なところとか父親とよく似ている。
だからあの最後で吐き気がやまないのは当然のことだった。
これで涙を零したり、カタルシスに浸るならそれこそ狂気だ。
この映画は光以上の闇をわたしに与えてくれた。
ラース・フォン・トリアー監督に心から感謝の意を込める。

あらゆるものを消し去っていくとカオスに辿り着く。
しかしそこには消え去っていないものを人は見るだろう。
それが“悲嘆”“苦痛”“絶望”であり、そして“恐怖”だ。

大河の一滴

邦画「大河の一滴」を観た。
なんでこれが酷評なのかさっぱり私にはわからない。
なんか自分の評価と世間の評価がまるで違うと苦しいものだな。
なんだこれはと思ったものがとても評価がよくても絶望してしまうこともあったし。
まず何を訴えたいのかわからないというコメントが多かったが、その人たちはちゃんと観てないのではないかと思う。
三國連太郎が演じた父親の言葉はとても深い言葉だった。

「雪子、泣いたらいかん、自分の信念で生きるんや」

余命わずかの父親が泣きそうになった娘の雪子にそう語るシーン。

確かにこの言葉がわからない人は多いのかもしれない。
この言葉以上の生き方がないというところに立たされた人には、これ以上はないという深く重い言葉で、死ぬまで響き続ける言葉だと私は思う。

それから雪子のわがまま度はよく私と似ていた。でも私が思うに雪子は決してただの鈍感な馬鹿な女ではないように思う。昌治のつらさもわかった上であえてあれを頼んだのだと思う。
二股愛というのは、嫌な言い方だが、それは二つとも恋愛を超えたところにある感情だったからこそ、そこに成立した愛情だったのではないかと私は思うのです。
だから雪子はあれを昌治に頼めたし、また昌治の家にニコライを泊めた。

わがままにしかなれない人の苦しみがわかる人ならこの映画の良さがわかるんじゃないかと思う。
人間は弱い、誰もが、相手をどんなに傷つけてもそうすることしかできなかった人間の弱さとか愚かさとか、それがヒューマンでドラマだ、その一滴がどんな人生であろうとそれが現実的であるなら共鳴できるのが人間ではないだろうか。

Boys Don't Cry

食肉、ペット、革、毛皮製品、動物実験、娯楽産業、狩猟、人間たちはあらゆる動物たちを利用し、利益のために虐待、殺戮を繰り返しています。彼らは私たちの知らないところでどのように虐げられ、殺されているのか。真実を撮ったドキュメンタリー映画「アースリングス」をご覧いただけます。http://vimeo.com/12884758




boysdontcry.jpg




映画「ボーイズ・ドント・クライ」を観た。
ずっと気になっていた映画だったので借りて観た。
内容は、体は女であるが心は男である性同一性障害を持った主人公の映画としか知らずに観たが、観た後に後悔している。
これは実話であったのである。
実話だと知ってから観るべきであった。
主人公のブランドン・ティーナがあまりに誠実で優しい青年で、そんな彼のがんばる姿をもっと観ていたいと思う間に、事は観る側を尽く悲しみの中へと突き落としてゆく。







自分の話になるが、私自身若干、自分の性に違和感を感じるようになってきたのはいつからかよくわからないのだが、自分の体が女であることや、女の格好をするにも化粧なんかするにも、あと自分の声が高い声であるのにも違和感を持つようになってきて、そういったことは結構苦しいことであったりする。
しかし恋愛対象は普通に男性であるので、そこでは苦労はそれほどはないかもしれない。
ただ、好きな人からでも、もっと女らしくしたらどうか、のようなことを言われるとムカッと来る。
所詮、お前は俺が女だから好きなだけで、俺が男なら好きにはならないんだろうよ、と思って冷めてしまうのである。
そういった女として男に尽くす自分がまったくいないので恋愛もうまく行った例がない。
もし、男に生まれてきていたならどうだったんだろう。
人生は全然違ったかもしれない?

姉の古くからの友人がブランドンと同じなんだ。彼と最初に会ったのはまだ9歳ごろだったんじゃないか。姉に紹介されて、一緒にどこかへ行ったんだ。私はそれがショックでならなかった。何故なら大好きな姉を彼に取られてしまった。そう思ったからだ。彼が車を降りて帰った後、私は嫉妬のあまり泣いていた。姉がそれに感づいたのか「○ー君は女の子やで?」って言ったんだ。私はどうしても信じられなかった。だって身のこなし、服装、喋り方、どこからどう見ても私には男にしか思えなかったからである。そんな嘘を私に言って私を慰めようとしても無駄だ!と心ではそう思っていた。しかし成長するにつれて、それは本当なのだと言うことがだんだんわかってきた。いつしか私はそんな彼にほのかな恋心のようなものを持つようになった。何故なら彼はとっても優しくってかっこよかったし男が持つ不潔な下心のようなものを持ち合わせているように見えなかったからである。中学生になった私は彼に会うと頬が赤くなっていた。ヴェルサイユのばらのオスカル様に恋する乙女時代である、彼を見ていると、彼以外の男はみな汚らしくて野蛮でガサツにしか見えなくなるのであった。そんな淡い少女のような片想いをずっと彼に抱き続けて時は過ぎ、家族みんなで彼と親しかったが、お父さんがいなくなって、それから三年後くらいだろうか、わたしが25歳くらいのとき、たまたま姉の違う友人宅でうちの兄も一緒に、みんなでご馳走になって、みんなで楽しくお酒も飲んで、私と彼以外はベランダに煙草を吸いに行ったときである。残された彼と二人きりなって、かなり酔っ払ってしまっていた私は吃驚するようなことを彼に言ったのである・・・・。なんかそんなお互いふざけあった雰囲気だったからか、私は彼に「抱っこして」とせがんだのである。彼はすぐに快く「よっしゃ」と言うと私の体をひょいと軽々と持ち上げて立ち上がり、お姫様抱っこされた私は感激と恥ずかしさのあまり顔を真っ赤にして彼の肩に顔を隠した。ベランダから姉と兄と姉の友人が見て笑ってた。なんてたくましいんだろう・・・・。ドキドキしながら抱っこされてると彼は「このままベッド連れてってまうで」とかなんとか言って、できるなら・・・・と思ったが、まさか姉兄のいる前でベッドへ運んでもらう訳にも行かず、それだけに終わったのが、今思い出しても、いい思い出である・・・・。彼がどれほど社会で苦労しきたか、私は姉から少し聞いたことがある。仕事は男でもつらいようなきつい仕事を長年続けていた、仕事場での差別、嘲りは本当に酷いものだったらしい。華奢な体格である彼がそんなきつい仕事をして、周りから差別されながらもがんばっている、彼は本当にかっこいい男以上の男であると思うんだ。

って、ぅわっ、結構語ったなァ、ぼく・・・。映画の感想の記事で映画以外の話で滅茶苦茶語ってしまったが・・・。
だからブランドンの体は女と知ってからも愛するラナの気持も結構わかったんだなぁ・・・・ってね。
実際、そういえば大好きな女の子の友だちと結婚したいって思ったことがあったな。
あまりに好きになると、性別なんてどうでもよくなってしまうんだね。

なんとなくハッピーエンドになると思って観ていたものだから、余計に悲しく、あっけなすぎて、なんてあっけなく事は起きてしまうのだろうと思って、ブランドンとラナの幸せな時間がいつまでも心に残る映画であった。
プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。