Fog - Wallpaper Sink Or Swim

私の敬愛するふぉぐたんのWall Paper Sink or Swimの歌詞を翻訳サイトで翻訳してみた。




Wall Paper Sink or Swim

1. So A exclaims "I'll paint the walls red so the blood/bird will match."
2. So B replies "You're full of lies.
You know you don't think like that."

Oh I Suppose...

We're goats we'll eat tin cans...
We're carp we'll eat tin cans...



yahoo!翻訳の場合

一か八か壁紙
1. Aが叫ぶように、「血/鳥が合うように、私は壁を赤く塗ります」。
2. それで、Bは、「あなたは、うそでいっぱいです」と答えます。
あなたは、そのように考えないということを知っています。」
ああ、私は思います ...
我々は、ブリキ缶を食べると決意するヤギです ...
我々は、ブリキ缶を食べると決意するコイです ...


エキサイト翻訳の場合

壁紙流しあるいは泳ぎ
1. したがって、Aは、「私は壁を赤く塗り、したがって、血液/鳥が一致するだろう」と叫びます。
2. したがって、Bは、「あなたは嘘でいっぱいです」と返答します。
そのように考えないことを知っています。」
おお、私は推測します...
私たちは食べるヤギです、ブリキ缶...
私たちは食べるコイです、ブリキ缶...


Google翻訳の場合

壁紙は、いちかばちか

1。だから"血/鳥が一致するように私は壁が赤いペンキでしょう。"叫ぶ
2。ので、Bの応答は、"あなたは嘘のフルです。
あなたがそのように考えていない知っている。"

ああ私は考えます...

我々はブリキ缶を食べる!ヤギです...
我々はブリキ缶を食べる!コイて...


@nifty翻訳の場合

壁紙流し台か水泳

1. したがって、Aは主張します。「血液/鳥が合うように、私は赤く壁を塗装するつもりです」。
2. したがって、Bは返答します。「あなたは偽りでいっぱいです」。
「あなたは、そのように考えないのを知っています。」

おお、I。思ってください…

私たちはヤギです。私たちはブリキ缶を食べるつもりです…
私たちは鯉です。私たちはブリキ缶を食べるつもりです…


Infoseek楽天マルチ翻訳の場合(関西弁)

一か八か壁紙

1. Aが叫ぶように、「血/鳥が合うように、わいは壁を赤く塗るんや。」
2. それで、Bは答えまんねん、「あんはんは、うそでいっぱいや。
あんはんは、あんはんがそのように考えへんちうことを知っていまんねん。」

ああ、わいは思いまんねん...

うちらは、うちらがブリキ缶を食べると決意するねんヤギや...
うちらは、うちらがブリキ缶を食べると決意するねんコイや...


OCN翻訳の場合

壁紙流し台または水泳

1. 従って、Aは、「私は、壁を、血/鳥がマッチするように赤く塗ります。」と声高に言います。
2. 従って、 B返答" 嘘でいっぱいです。
それのように考えないと知っています。」

おお、私は思います…

私達は、私達がすず缶を食べるヤギです…
私達は、私達がすず缶を食べるコイです…



と、このようにさまざまな訳を展開してくれました、特に、Google翻訳の片言のつめたな感じ「嘘のフルです」「コイて・・・・」で終わるなどの訳すばらしい、それと、
Infoseek楽天マルチ翻訳の場合(関西弁)には笑わせてもらえたよね。
でもフォッグは決して関西弁などでは歌っていない。
この曲、本当に好きなんだよね、泣きたくなるんだ、たまらない曲だ。歌詞も最高だ。本当に早く帰ってきてほしい。fogのマイスペースが消えてたからすごく心配なんだよね。

FOG





ふぉぐたん帰っておいでよ。
どこにいるんだい。
心配してるよ。
君の音楽もっともっと聴かせてほしいんだよ。




で、違う音楽だけどもこれも載せてみた、音楽誰かわかんないけど、このアニメ好きなんだぁ、なんてアニメだっけ、再生回数が0回だった。jamsween1 さんを応援しよう。伸びろ再生回数。

Sparklehorse




スパークルホースのマーク・リンカスが昨年の3月6日に自らの心臓をライフル銃で打ち抜き生涯を終えたことを今日知った。
あらためて聴いた。いつごろ聴いたのかはっきりと思い出せないが、多分21歳から24歳くらいまでの間に聴いただろう、六年以上は経っている。これほどよかったかと、こんなに心に響くものだったかと悔やんだ。




 
フレデリック・マーク・リンカスは1962年9月9日、アメリカ合衆国ヴァージニア州アーリントンに生まれた。炭鉱労働で生計を立てる父や兄弟の元で育ったマークは、家族と同じ職業に就くことを拒否し、幼くして音楽の道を志すことを決意する。13歳の時に両親が離婚。その後、学校ではいわゆる〈不良〉とつるむようになり、高校ではアルコールとマリファナに溺れる日々を送っていた。



 高校卒業後、進学のためにニュー・ヨークへと出たマークに転機が訪れる。ダンシング・フーズと呼ばれるバンドを結成し、自らヴォーカルとギターを担当。2枚のアルバムをリリースした後にバンドはそれなりの評価を獲得し、マークたちはさらなる成功を求めてロサンゼルスに進出した。しかし、その直後にバンドの関係が悪化。80年代末には解散してしまう。





音楽ビジネスに幻滅を覚えて、かつて毛嫌いしていた故郷ヴァージニアへと帰郷、こつこつと曲を書きためてゆく。当初は地元の小さいヴェニューを中心として活動を続けていたが、徐々にそれが軌道に乗り、1995年にスパークルホースとして傑作ファースト・アルバム『Vivadixiesubmarinetransmissionplot』を発表。マーク・リンカスはここでその真価を発揮し、破滅的な前衛っぷりの中に得も言われぬ懐かしさを秘めた本作は多くのアーティストから絶賛された。そして、当時『OK Computer』を引っさげてのツアー中だったレディオヘッドから直々にサポート・アクトとして指名を受けるに至った。





だが、1996年レディオヘッドをサポートした翌年のツアー中、滞在先のロンドンのホテルで抗不安薬のヴァリウムと抗鬱剤などをアルコールと一緒に摂取したことが原因となって2分間の心停止と14時間の意識不明状態に陥り、脚への血流が止まったことからその後6ヶ月間の車椅子生活を余儀なくされる。

 復帰後は順調に音楽活動を続け、アルバム『It's a Wonderful Life』ではトム・ウェイツ、PJハーヴェイといったゲストとも共演。他にもダニエル・ジョンストンのアルバムを手がけたり、2009年にはナールズ・バークレイのデンジャー・マウスとともに豪華なコラボレーション・プロジェクト〈Dark Night Of The Soul〉の中心メンバーとして活躍した。





2010年。スパークルホースの新作のレコーディングをほとんど終えていたマークは「アルバムを完成させるために」と家族にことわって、テネシー州ノックスヴィルの友人宅へ向かい、3月6日にその庭先にて胸にライフルの銃口を当ててトリガーを引いた。弾丸は一撃で彼の心臓を貫き、同日の午後1時30分に通報を受けた警察が駆けつけたときには、すでに息を引き取っていた。両親と妻、3人の兄弟を残して、47歳で輝く馬に乗って空に駈けてった。











「You are star」