光るみなも白い空 | 2005年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロオモウションだ

僕の言葉をチクリと刺したのは
まぎれもないあの棘のある石さ

正々堂々とその毒の正体をさらけだせ
シュールレアリスム?毒が愛おしいなんて
また空にマグリット飛んでる
飛んでもないよ

一番下はどこだ
この世に上も下もないよ
あるのはその目
眼球の裏が宇宙になってたなんて
心臓から送り込まれる血液の温度の変化
不純物が入りすぎた
氷を沸騰してまた即凍らせるんだ

僕の涙は死海以上にしょっぱくって
そんな涙を泳ぐ魚はいないと思ってたのに
びっくりした、僕の眼から魚が
そいつは僕をずっと見ていた
なにか訴えているような目だ
何が言いたいんだ、こいつは
めんどくさかったがわざわざ
海に連れてって逃がした
なのに、あいつ戻ってきやがった
しょうがないからそいつを食べた
他に方法がなかったんだ
でも焼いたり煮たりせずに生で食ったから
あいつは今もたぶん僕の中でのうのうと
くらしてるはずなんだ

スポンサーサイト

宇宙を越えた鳥

僕の体の中に何があるんだろう
僕の心は何でできてるんだ
いつからこんなところにいるんだろう

僕は残さないべきですか

相槌を打った
宇宙に話した
僕の全ての悲しみを話した

覚えてるから忘れようとして
忘れたから思い出そうとして
なんなんだ、勝手なんだ
もうこの場所を置いて行くところなんてないんだよ
なのに逃げようとして戻る逃げては戻る
行って、帰る
帰る場所がここで
逃げる場所は向こうだ
僕を置いていった者はいないんだ
僕が置いて行く者がいて、置いてきぼりにしない
するもんか

ここから向かう場所はここだ
僕が空を見たら、空は僕になって
空が僕を見たら、僕は空になって
沢山の鳥たちを迎えた
僕が繋いだ糸をはずし宇宙まで飛んでいった鳥を
いつまでも見送っていた
宇宙さえもがあの鳥をずっとそばに置くことが叶わなかった
宇宙を突き抜けてその向こうへ飛んでいった

あの鳥は宇宙に果てがあることを知っていたんだ
でもいつの日かあの鳥は戻ってくるだろう
僕にはそれがわかるんだ
僕の鳥だったんだ
大切な大切な鳥だったんだ

僕の全てを許してくれた、たった一羽の鳥だったんだ

僕を置いて飛んで行かなくちゃならなかったあの鳥の気持を僕はいつか知ることができるだろうか

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。