光るみなも白い空 | 2008年03月

鳥の詩

私の中に住む鳥が見えますか、

鳥は今、眠っています

私はその鳥を起こしたくないです

鳥が目覚める時、私は眠るでしょう

そして、私は鳥の夢を見ます

鳥は眠ったままの私を食べるでしょう

やがて鳥は死ぬ夢を見ます

それは私が生まれる為です

ところでこの鳥は何色だったのですか、

私は思い出せません

全く思い出せないのです

でもあの鳥の目の色は、そう、

あっち側の、向こうの色をしていたね

僕にも届くかな

もう時期、君のところにも手が届く

どこにも存在しない場所、僕は

そこへ向かっている、死んだ鳥を連れて

かなしくない

かなしくない

鳥啼いている

かなしくない

さみしくない、と

鳥、啼いているよ

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる