光るみなも白い空 | 2012年10月

どんよりと、嗤う

こんな曇り空の下で人間たちが暮らしているのが信じられない
こんなどんよりした、って俺はなんにも見てないな、見ていない
てことはだな、どんよりとしておるのは俺の外じゃなくって俺の中、俺の中が叫ぶ、こんな世界には生まれたくなかった、そう、もっと最悪な世界に俺がお似合いだ、こんな俺、俺を軽く踏んづけて嗤う俺、その俺をまた踏んづけて苦しむ俺、その俺をまた踏んづける俺、の俺をまた俺が踏んづける俺、愛してるって誰にゆうとんねん、っつって、ふんづけられた俺が踏んづけてる俺を睨みつけるんだわ、びくっとしてちょっと考える、キチガイ魂を見せてやるうううぅっつって走ってって陸ガメにつんまづいてこけて頭打って死んだ、そして気づいたんだ、世界ってなんて美しいんだろう、美し過ぎて発狂する、そして躓かせてくれた陸亀探して五千年、もうこんな人生って最高だよね、そう自分に嘘をついて生きて暮らしてきたのは僕が一番よく知ってるので何も言わんといてもらえませんか?横から。口出しせんといてもらえませんかねぇ?っつってゆうと全員にしばかれた。淡い思い出。そんな日もあった。俺にはそんな過去、あったけど、君はどんな過去持ってるぅん?へーえらい過去持ってんねぇ、互いに大変だよねー、あひゃひゃひゃははははははーっ、って笑い飛ばせる日が来るって信じても、ええ…ってゆうたらどつかれたから、もう言わんとくだなんて、そんな言葉の海に流されたかった、俺はただ、もっと、もっと書きたかった、言葉に裏切られた、言葉が俺を表現上で裏切る、表切り、表へ出た俺がバッサリ斬られてしもてわけわからひんがな、ゆうて死んでいった言葉達が蠢いているんだぁ、よし君達を俺が救出してやるぞー、ばっさりばっさりバサバサやこの言葉達、殺してケロよん、なお言葉達が俺に請う、そうか、ならまず、表へ出やがれ、わかったけろよ、ばっさりいてもうたった、はははのは、うっそだろ?まだ生きてる君達、そう、言葉は生きてる、言葉が蠢くの宇宙、蠢くのうちゅう、蠢く脳中、ですのであなたは死んでないんですよ、生きてるんですよ!知ってましたか、それ、知ってまひたー?君達は、若い。そう、俺たちは、まだ。

EARTHLINGS

やっとEARTHLINGS(アースリングス)のバナーを貼れた。
嬉しい。
これをきかっけに一人でも多くの人が肉を食べる生活を悔い改めるようになることを願おう。
僕はずっと信じる。
いつか必ず生物みんなが草食になる日が来ると。
僕は死ぬまで、否、死んでもそれを祈り続ける。
誰も殺されなくていい世界を。





僕は今日、夢の中で、お父さんが目の前にいて、お父さんは何か大きな罪を咎められていた。
僕はやめて!と叫んでお父さんを守ろうとした。
お父さんがたとえどんな悪いことをしたとしても、僕にはお父さんが一番大切なんだ、そう確信した。
僕はお父さんに抱きついた、するとお父さんは僕を抱きしめて立ち上がった。
お父さんが立ち上がるとその背はものすごく高かった、地上からどんどん離れて行った。
僕はお父さんを強く抱きしめて心で叫んだ。
「お父さんが死んだら、こず恵も死にたい!」
地上から誰かが僕らを狙撃しようとしていた。

変だなぁ、お父さんは生きているんだ。
どこかで。
今もどこかにいる。
僕は今死んでるとしたら、いつか生まれる。
そしたら、言うんだろうか。
「お父さん生きてるなら、こず恵も生きたい」
プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる