光るみなも白い空 | 尤物

尤物

尤物が俺を支配していた。
尤物を俺は支配していた。
巨大なコンパスの針が死んだ木で出来ていた。
蹴り倒すと木が折れた。
破片が俺の肺に刺さった。
ごっついこと、痛かった。
俺は刺さった木を針に見立ててくるくる回ってみた。
止まることが怖くなっちっていつまでも回っていた。
ぐるぐる回転世界に俺が回っていて錦金魚の胸鰭。
俺の胸をかすめた、痛いっちゅうねん、お前なあ。
肺に木が刺さっとんねん、前通らんといてくれる。
日脚が残りご飯の物悲しさのような顔をして過ぎてった。
なんで昨日の日の光を貴方は残したのですかって言われて。
食べられなかったんですって回りながら俺は応えたのだけど。
そんな多い光じゃなかったよねって言う顔をしてまた過ぎてった。
何日回っとんねん俺、バニラアイス、ああそうか季節を先取りして。
俺はぐんぐん速度を上げて思ったんだ、このまま早く回っていくと。
俺の死ぬ日に追いつける。
死は俺に追いつかれる。
すると俺はそれを支配することが出来るだろうから。
俺の支配物が増える。
俺の死肺物が増える。
俺の死灰物が増える。
そして俺がそれをあまねく支配したら。
今度はそれが俺を支配してもう戻れないだろうから。
それは回り続ける、ふと止まって見ると。
灰の降り積もった地面に一本の死んだ木が刺さっていた。

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる