光るみなも白い空 | 肉を食べなくなったいきさつ

肉を食べなくなったいきさつ

kozue ueda
[2014/05/24 22:28:50] kozue ueda: 肉をやめるきっかけになったのは、話すとちょっと長くなるんやけども
[2014/05/24 22:32:04] kozue ueda: まず2012年の1月にとても怖い夢を見たんだ。それはhttp://madaminuharu.blog31.fc2.com/blog-entry-617.html このページのちょっと下のほうにある1月27日の「荒れ果てた罪」って題名の記事に書いてるんだけども
[2014/05/24 22:32:37] kozue ueda: それは人々が、僕の目の前で斬首刑に合ってる夢だった。
[2014/05/24 22:33:56] kozue ueda: で、1月28日にあほな詩をブログに書いて、たまたま頭にカナリヤ サウジアラビアとかって浮かんだからそれを書いたのね。
[2014/05/24 22:34:48] kozue ueda: で、次の日にカナリヤについてなんでか検索して調べてて、どんな鳥やったかなとか思って
[2014/05/24 22:35:53] kozue ueda: ふんだら、サウジアラビアの童謡「カナリヤ」って出てきたのね、うわ、昨日もふと浮かんだこの二つのワードが関係してる、すげえーとか思って、次にはサウジアラビアで検索して色々見てたのね。
[2014/05/24 22:36:49] kozue ueda: それが http://madaminuharu.blog31.fc2.com/blog-entry-600.html この記事なんだけれども。
[2014/05/24 22:39:21] kozue ueda: そこでね、偶然一枚の写真を見たんだ。サウジアラビアで少女が公開斬首刑を執行される直前の写真で。それを見てあまりにショックだったのね。その夜も起きたときも自分の首が落とされるような痛みを感じたし、つい最近見た夢とかぶって、とてもリアルに感じられたんだ。
[2014/05/24 22:40:33] kozue ueda: 僕はそれで本当に苦しくて、この世界の救いを心から望んで、とにかく救いを求めたんだ。
[2014/05/24 22:42:40] kozue ueda: それで以前にテレビで「オーラの泉」って番組でさ、スピリチュアルの世界観にすごく感動した覚えがあって、でもそれから離れてたんだけど、やっぱりスピリチュアル以外この世の救いはないんじゃないかと思えたんだ。
[2014/05/24 22:44:06] kozue ueda: だからネットでスピリチュアルについて調べだした。そしたら、初めて聞く名前でスピリチュアルでは有名な「シルバーバーチ」という聖霊の言い残した霊訓があることを知って、ネットで全部読めるようになってて、それを少し読んだんだ。
[2014/05/24 22:49:40] kozue ueda: 僕が4歳のときに死んでしまった母親がエホバの証人だったから、小さいころ聖書を学んでたのね、イエスの教えは今でもとても尊いものだと思ってる。でも宗教に入る気はなくて、で、そのシルバーバーチという聖霊がね、キリスト教を批判しながら、イエスを肯定していたんだ。それでいて、言う言葉がイエスのような美しさがあって、これはこの世の人間が言った言葉じゃないと感じたんだ。ものすごい感動だった。これは本物だなと直感したんだ。
[2014/05/24 22:49:57] kozue ueda: それは http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/sb-teachings/sb-teachings-09.htm この文章だけどね。
[2014/05/24 22:50:40] kozue ueda: 僕の記事の2012年の1月の終わりから2月にかけて、そういう記事が多いから興味があれば読んでください。
[2014/05/24 22:51:31] kozue ueda: で、そのシルバーバーチがね、「肉は、できれば、食べないほうが良い」と言ってたのね。
[2014/05/24 22:54:34] kozue ueda: なんで、そうあいまいな言い方かと言うと、シルバーバーチはわたしがだめだと言うからそれを信じて自分で考えないで物事を決めるのではなく、そのつど自分で考えて決めて欲しいと思ってるからなんだ。だから、人々が肉は食べないほうが良いのかと訊いたときに、そういう少しあいまいな言い方で返したんだ。
[2014/05/24 22:55:13] kozue ueda: 僕はでも、それを知ったとき、やっぱり肉を食べるのは良くないんだ・・・という気持ちだった。
[2014/05/24 22:56:21] kozue ueda: ずっと罪悪感を持って肉を食べてきたんだ。できれば、食べないようになりたいと思ってた。
[2014/05/24 22:57:55] kozue ueda: だから、もう、これはやめるしかない、と思った。この世の救いは向こうからやってくるものではなく、自分が変わることによって、作り出していくしかないんだと思ったんだ。
[2014/05/24 22:58:39] kozue ueda: でも、そう思っても、その意識だけじゃ、到底肉はやめられないと感じた。だから、無理にでも、屠殺の映像をネットで見たのね。
[2014/05/24 22:59:02] kozue ueda: 見たらやめられると思ったんだ。観ないとやめられないと思った。
[2014/05/24 23:00:37] kozue ueda: それで、意を決して見た。外国の映像で、ベジタリアンの活動をしてるポール・マッカートニーが出てて、最初の数分で、僕は体の全身が震えた。あまりに残酷だったんだ。
[2014/05/24 23:01:25] kozue ueda: 僕はそれまで本当に何も知らなくて、一瞬で頭を落とすのだろうか・・・と思ってたんだ。
[2014/05/24 23:07:22] kozue ueda: でも実際は、死んでからじゃ血が上手く抜けないから、気絶をさせて、牛は逆さに吊るし上げた状態で、喉を切り裂いて、その時に意識が戻って、牛が苦しそうに鳴きながら動いてる映像だったり、またはユダヤ教の国のやりかたで素早く血を抜く方法で、生きたまま牛は大きな機械の中に入れられて手足を切断されて、転がって出てくる映像や、どの映像も体の震えなしでは見られないほど残酷で、見た後も涙が止まらなかった。
[2014/05/24 23:07:57] kozue ueda: それで、もう肉を食べるのはやめようと決心できて、それからは肉は食べてないんだ。
[2014/05/24 23:12:13] kozue ueda: それから5ヶ月間ほどは、魚介類も卵も乳製品も蜂蜜も食さなかったのだけれども、5ヵ月後から、無性にホタテとか食べたくなって魚介類を食べるようになってしまった。卵や乳製品も鶏や牛を虐待したり、オスは肉食に回されたりするから、極力食べないようにしてるんだけれども、つい食欲に負けて、たまに食べちゃってる・・・。
[2014/05/24 23:12:37] kozue ueda: かなり長くなってしまったけれども、肉を食べなくなったいきさつはこんな感じです。

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる