光るみなも白い空 | 煉獄の庭

煉獄の庭

好きな女の子がいて、ぼくは、ぼくは、好きだってこと、言った。
小さな女の子、ぼくも小さな男の子だったけど、勇気出して言った。
女の子は、無言だった。
女の子は、無表情でぼくに指図した。
意味のわからないことをやらされた。
言葉で言い表すのは難しいが、例えるならそれは大根の髭の多いやつと少ないやつを分ける作業みたいなことに似ていた。
意味も解らず女の子はそれを僕にやらした。やらし続けた。
僕は脳の大事な部分を抜き取られたみたいな感覚になって肩から腕にかけてだらりと垂れ下げて途方に暮れた。
女の子はそれでもぼくに指図をやり続けた。
ぼくと女の子が7歳のときだった。

十年後。
ぼくと女の子は偶然、おなじ電車に居合わせた。
女の子はぼくの目の前でハンカチを落とした。
虹色のハンカチだった。
女の子は途中の駅で降りた。
降りたことのない駅だ。
ぼくも降りて、女の子の後を着けた。
女の子は変に暗い美容室へ入っていった。
ぼくは外で待っていた。
女の子が出てくると、腰まであった長い栗色の髪が耳の辺りまで短くなっていた。
女の子はぼくの目を見た。
女の子は無言で無表情でぼくの横を通り過ぎた。
そして振り返り、ぼくに言った。
「どうしたら、いい?わたし」
ぼくは女の子に言った。
「ぼくに、仕事をください」
女の子は言った。
「さっき切ったわたしの髪を奪ってきてそれを1mm単位に切ってそれを一つずつ砂利に貼り付けてそこに火をつけて燃やせ」
ぼくは言うとおりにした。
そしてぼくは脳の人間的な部分をすべて剥ぎ取られた感覚になって肩から腕にかけてだらりと垂れ下げ言った。
「ああ、煉獄の庭」

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる