光るみなも白い空 | 人生という責任

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生という責任

責任とゆうのはなんやろね。
人間としての責任、社会人としての責任、親としての責任、子としての責任、成人としての責任、性交渉を行った男としての責任、いろんな責任感というのが気づけば芽生えていてそれに毎日苦しめられて生きている人間は多いだろう。
「子供ができたときに結婚をして育てるという責任を取れないならセックスをするな」という考えの人は多いのか少ないのか俺はよくわからないが、俺はその責任を相手に持たせようとする人間だと思う。
その責任があるから子供ができたとき、たいして好きではない人とでも夫婦となり、子供は育てられて、堕胎で殺される子供はまだ減っているのではないか。
責任、というものがなかったら、この世界はどうなるんだろう。そして責任と、理性、というものの関係性について誰か一緒に考えてください。
もし、人間に理性というものがなかったら?よく引き合いに出されるのは人間とサル、人間と犬、といった人間とほかの生物の違いについてである。
理性がある生物、これが人間である。または責任のある生物、これが人間である。
すっぽんぽんで路上で居酒屋のゴミ箱に顔を突っ込んで、ゴミ箱を倒し、そのゴミを漁って食い散らかしている人間がいたら人は思うだろう、嗚呼あいつは理性をなくしちまった、あれじゃ犬や猿と変わらねえなァ。
付き合ってる女が妊娠した、俺は育てる自信もないし、第一おれはもっと自分の好きなことをやりたいから子供なんて育てたくないと即、中絶するように言って彼女は堕胎した。それを聞くとこう思う人もいるだろう。お前は責任というものがないのか?WHY?
それじゃあ交尾だけしてすぐにほかの雌のところに行って子供を育てることのない動物と同じだ。お前は動物だ、いいか、お前は理性も責任も失った動物だ、鬼畜だ、ファッキュー、ファックオフ、クレイジー、クソバカやろう。と言われて、その男が発した言葉とはこうだった。
「おれには何ひとつ責任は負わされておらず、おれ自身がその責任そのものにほかならぬ」
さて、これはいったい誰の言葉でしょう?
はい、そこの涎と鼻水と涙を同時に垂れ流した君、うん、そう君よく知ってるね、アホみたいな顔して。
そうです、これはあの二十世紀最大の作家といわれたフランツ・カフカが生前に書き残した言葉でした。
まあ死後に書くのは難しそうだから生前なのは当たり前だよね、細かいところつっこむな君、アホみたいな顔して。
あ、ごめんごめん言い過ぎたね先生、帰りにチョコミントアイス買ってあげるから黙っとけ。
カフカが女を妊娠させてすぐに堕胎させたと言う話はないけれどもカフカは生前、八つ折り判ノートにこう記しました。




一切の責任を負わされると、
お前はすかさずその機会を利用して、
責任の重さのせいでつぶれたということにしてやろうと思うかもしれない。
しかし、いざそうしてみると、気づくだろう。
おまえには何ひとつ負わされておらず、
お前自身がその責任そのものにほかならぬことに。





俺はこれを読んでぐっと来ました。
カフカは責任というものは自分が負うものではなく、また誰かに負わされるものでもなく、自分を生きるということそのものが責任なんだ、と言ったのです。
これはつまり、責任を負う以前負わされる以前にもうすでに絶対に逃れることのできない責任そのものとして自分が生きている、ということでカフカはそうして絶大で重苦しい責任を誰以上に自分が自分に与えているということだろう。
それは自分の価値観や概念やおよそ自分の理解できる範囲のところに責任があるのではなく、責任とはそれ以上のもっともっと重く大きなものとして自分のわからないところに生まれたときから存在していて死ぬまで自分に付随して離れることはないのだということです。
これはおれ自身を俺が知らない以上、俺の責任というものは俺の想像しているよりずっと大きいだろうというものすごい責任を自分に科しているということだと思ったのです。
そこに在る責任とは愚かな人間の理解する責任というものを遥かに超えた、あまりに苦しい責任であるだろう。
そのあまりに苦しい責任を自ら自分に与えたカフカという人間がいます。
責任というのは決して誰かが自分に与えるものではない。
存在しているというだけで、それが責任というものだと僕も思うのです。
そうすると、彼女の子供を堕胎させた男は確かに酷い行動をしたが、その行動の責任というのを彼自身がしっかりと負っているということになるわけさね。
すでにその責任を背負って生きている人間に対して、どう他人が責めても責めなくても彼のその人生自体が責任を取る人生であるのである。
自分だけが自分を責めることを自分に任せる、これが責任である。
なので俺が嫌なことをして生きていないといって僕を責めるのはやめてください。
僕は僕の嫌なことをしていない人生の責任の人生を歩んでいるのです。
僕には希望はありません。
これは死ぬまでです。
絶望的な人生を歩む人生という責任が、僕自身だからなのです。

Comment

舟 | URL | 2014.09.01 18:15
よく分かるよ。それに、どうしたって、そのように生きられるしかないのだからね。
そうした深度の責任と、社会的な、倫理的な責任とは、調停されるべきだと思うかい?
そうすべきなら、一体どうやって…。
僕も、まるで分からないんだけどね…。
白空 | URL | 2014.09.01 20:28
舟さん、コメントありがとう。

本当に難しい題だと私も思うよ。
これは無知には罪はないのか、ということと繋がってるね。
自分自身という責任は本当に深いものだと思うから、対立さえしていないものにも思う。
でもそれ以外の、倫理を含んだ社会的な責任と、倫理の含んでいない社会的な責任の違いというものが難しいと感じることがあって、たとえば仕事を持って生きる、という責任は倫理を含んでいるのか含んでいないのかということをずっと考えてる。

仕事を持たずに生きるということに罪悪を感じるなら、それは倫理だろうし、自分という責任というものになると思うんだ。でも私がそう思うからほかの人もそうだとは思わない、そうすると社会的な責任や倫理的な責任も個人の内にあるものと思うけど、それを許すと社会が酷いことになるからと植えつけられるような責任が繁栄してる。

でもそれが裏目に出て人が人を裁くような悲しい世界になって、平和に近づくというより、みんなが責任を押し付けあって息苦しくなり希望を持つことのできない人たちが増えてる気もするよ。

人を殺してはならないという倫理のもとに殺人者が処刑される世界だものね。
押し付けあうような責任がなくなっても、人が感じる責任というものによる苦しみはなくならないと思うけどね。

でも何か、種類の違う苦しみなのかな、自分が自分を責める苦しみと、他者から責められる苦しみというのは、前者は自分を理解する苦しみで、後者は自分を理解されない苦しみで、後者は苦しみと悲しみがあるように思う。
舟 | URL | 2014.09.01 23:21
 そうだね、無知と罪の問題にも繋がってる。
 僕らは、無知であることを自覚できても、無知でないことは出来ない。そのかぎりにおいて、僕らは色々やらかしてしまう。そして、そのようにしか生きられない。そのとき、罪はあるのだろうか、ということだね。
 そして、こうした存在論は、わたしたちの生活世界における判断に、どこまで入ってこれるのだろうか、という話になるのだね。

 すべての人は、存在論的には(カフカの言ってるレベルでもあるね)、徹底的に「どうしようもなくそのようなものである存在」だけれど、社会生活的には(とりわけ近代以降)、未然に罪悪を回避したり、失敗しても修正したり学習したりすることで変化できる主体=個人として想定される。
 そういうギャップが未調停のまま拡大していると思う。

 それら双方を生きる「二つの責任」が対立しているとは、僕も思わない。ただ、それらが本来一体ないし連続しているとしても、その間を埋めているものが何か、僕には分からない。それがとても自然な、ひとつのつながりの中に感じられるならば、社会に暮らすということも、本当に素晴らしいことだろうに。

 僕も、罪を冒し続けている個人として、自分を思っている。どうしてそれで生きていいのか分からないまま僕が生きていることを、自己弁護のひとつもできないのだけど……。
 話してくれてありがとう。じゃあまたね。
白空 | URL | 2014.09.02 14:21
僕はいつか君が僕に言った言葉で、どうしようもなく苦しく悲しい言葉がある。
「あなたの罪は透けて見える」
というような言葉を君は言ったのを覚えてる?
それはきっと僕が気づいていない僕の罪だったはずだよ。だから君はそう言ったんだ。
僕の気づいていない罪が、君の見える場所にあることが、とてつもなく苦しかった。
それは僕が気づけなくて君が気づけたからじゃない、ただ君が僕の大きな罪をその目で見つけたことが僕は苦しかったように思う。
他者から有罪だと判決されることは相当苦しいことなんだとわかった。
そしておそらくその罪は、僕の本当の罪だと感じたんだ。
でも君はその罪がなんなのか、僕に教えてはくれなかった。
あまりに残酷な言葉だと感じた。
それは僕の無知による罪ではないように感じる。
無知ではないのに、僕の気づいていない罪なんだ。
その罪はまるで君に有罪の判決をされるためにあって、それに僕が一生苦しみ続けるためにだけある罪のようだ。
君が僕に罪を見たのは、ほかでもない、僕を苦しめるため、ただそれだけのためになんだ。
僕が僕に罪を見るのは、
君が君に罪を見るのは、

ただそれだけのためだとしたら。

僕はなんにしろ君に感謝してるよ。
ありがとう。

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。