光るみなも白い空 | そのかがやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのかがやき

昨日の出来事だ。
俺は、激近いスーパーに歯医者の帰りに寄ってん。
ふんで寿司、食いたいなぁ、て思て、寿司売り場に寿司慾抱え舌なめずりして寿司パック、ギロギロな目で凝視した。
赤貝、たこ、赤貝はう~ん、ひとつの握りが赤貝かたこか、どちらを買うか魔寄ってるとそこの店員、隣に来て、俺の隣すぐそばにいる、恥ずかしい、こんなに間寄ってるのは、俺は赤貝のネタ入りパックを手放し、たこネタの寿司を手に持ってその場を去ろうとした瞬間、「いいですか?」というそばに居た店員らしき男からの声がかかた。俺は驚いて振り返った。男は若い背の高い少々太った色白で肌が綺麗な男であった。私は男の手に100円引きの値札シールがあるのを見た、俺は黙って、寿司パックを男に差し出した、男は黙って100円引きシールを俺の寿司パックに張った。ガラガラに枯れた声でありあとうございます、と言って俺はその場を離れた。
その夜、寝る前に俺は思い返すのだった。
あの男は、よく考えたら、100円玉を持って、俺に「いいですか?」と声をかけて、俺に100円をくれてくれた神様のような存在であった。
なんにも働いてもないのに、100円をただでくれる男、それはその存在はとてつもない光を帯びて輝いていたのだ。
俺はその男に恋をした錯覚に陥った。
100円をただでくれることとは、すなわち恋に落ちることと同義な価値であったと思った。
俺はその男に多大なる想いを寄せた。
100円を俺に注いでくれる男、俺の価値は、最低100円はあるとゆうこと。
その日に食った寿司パックはいつもより旨かった。
100円引いて、338円の8巻入りの寿司パック。

Comment

| URL | 2014.12.08 02:35
いいね。
白空 | URL | 2014.12.08 07:00
変に嬉しかったよ(笑)
人とリアルでまったくコミュニュケーションしてないってのも関係してるのかも。
Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。