光るみなも白い空 | 死刑という殺人の連鎖

死刑という殺人の連鎖

死刑を望む人たちが、殺人者を産み出している。
殺人者は皆、愛されなかった人たちだ。
誰もが、彼らのように愛されなければ殺人者になる可能性があるということです。
周りの愛が少しでもあったから、私たちは殺人者になっていないだけだ。
愛されている人間は、愛されていない人間の苦しみはわからない。
彼が殺人を犯したのは、愛されなかったからだ。
そして多くの殺人予備群の人たちはこれからも愛されなければ殺人を犯すだろう。
本当にこの世から殺人がなくなってほしいと望むならば、死刑を望んでいては無理だ。
死刑を望む人は人の苦しみを理解しようとし、その人と共に苦しんでゆこうという気持ちがない。
彼らの罪を、自分の罪として、一緒に償って行こうという気持ちがない。
しかし死刑を望む人間もまた、愛を知らない。
愛されない人間が、愛されない人間を殺すこと、それが死刑だ。
だから死刑で殺人を減らすことができない。

Comment

| | 2016.05.14 22:49
このコメントは管理者の承認待ちです
Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる