光るみなも白い空 | 落語「死神」

落語「死神」

「死神」 三遊亭圓生







ものすごい落語を観てしまった。
観ていると気が遠くなり魂が吸い取られるかのような感覚に陥るこの空気感は死を表現できている。
さびしさの果て、人間の存在がこのさびしさの果てのいつも含有物なのだと思うと人間はなんというさびしい生き物なのだろう。
今日はなんというさびしい日だろう。
人間はなんというさびしい物だろう。
「二人」と書いて「天」と「トミノの地獄」で言っていたものの、もう一人が死神だったらば、そらぁ、あんさん、それほんまもんの天国ですわなぁ。
まぁ「一大」と書いても「天」やけど、なにが一大なのかなぁ。
「一大組織」と言うやんか、天の政府と言うとキリストが言った神の国による支配をあらわしてるけど、死神はよく笑う。
死神は果たして天の組織の遣わし者なのか、はたまた他の組織に仕えし者なのか。
そこがわからなくってものすごくさびしい。
死神が天使の微笑みで笑うなんてことをあまり聞かない。
嗚呼一人はなんてさびしいのだろう、死神でも近くにいたなら話し相手くらいになるか知れない。
「一人」と書いて「大」って何が大きいんだよ、「大人」は「一人人」と書くから大人はさびしいわけだ。
確かに一人じゃ孤独は大だ、しかしもう一人が死神だとさらに孤独は大だ、「天」は結局「一」と「一」が「大」ということだ。
孤独と孤独が合わさり孤独が凄まじく大きくなると言うことじゃないか。
だって一人に付き一人死神が付いてくる。
やあみんな生まれた瞬間から「二人」じゃないか、ああそうだね君「天」から来たんだろう、そらぁ二人だ。
いやぁ二人だ、天だよ、天国だ、死神といつも二人、しかしあれだなぁ死神こいつぁ俺が死ぬときしか笑わねえとなるとこいつを笑わせるには俺は死ぬしかないってぇのかい、難儀なことやなぁ。
だって何言っても笑わない奴と四六時二六時五十三次一緒にいねえといけないのに面被りみたいに無表情だと参ってくるねえ。
なんとかして笑わせてやれねえかと考えるわけだ、こいつは一体何が面白くて生きてるんだって。
こいつは面白くねえのに俺が面白いとなるとこいつだって面白くねえだろう、余計に、ああ面白くねえああ面白くねえと思っている奴にこんな近くに居られちゃあ居心地が良くなることがない、俺はこいつを面白くさせねえと全く面白かねえなぁ。
しかしひょっとしたら俺が寝ているときこいつはずっと笑ってるかも知れねえなぁ、ただ俺のいる前では笑わないようにしてるんじゃあないか、もしそうだとすると、お、そうだ、今夜おれは薄眼を開けてこいつをじっと見ていてやろう。
さてどんな顔をするのか、面白いじゃあねえか、なあおいお前もそう思うだろう、お前もだから起きているんだ、わかったね、だって寝ていたらお前が笑ったところでただの夢を見ながら笑ってるだけじゃねえか、俺は起きてるんだからお前だって起きているんだ、俺の死神だろう、俺は寝ない、ああ寝ない、お前の笑顔を見るまで俺は寝るもんか、しかし本当に眠くなったら俺は寝るだろうから代わりにお前は起きてろ、だってお前まで寝ちゃったら何か起きた時俺はお前をまず起こさねえといけない、その数秒の差で俺は死ぬかもしれない、俺が死んだらところでお前はどうするんだ、俺が逆にお前の死神になってやってもいいが、お前はいつ死ぬんだ、お前はいつ俺を笑わせてくれるんだ、よし、契約をしよう、お前がいついつなん時なん分なん秒に俺を笑わせてくれるのか署名して判を押せ、うんそしたら俺が死んだらこんだ俺がお前の死神になってやっからお前は安心だ、俺の死を笑って見届けられるだろう、俺は死んだあと先々までお前のことを考えてやってるんだ、だから一度くらいは、一度くらい、おまえ、笑ったらどうなんだ、だって俺が死ぬ瞬間にお前笑っても俺は見れねえかもしれねえわけだ、お前は俺の死神だろう、俺は次お前の死神になると契約したがお前が死ぬとき俺が笑うのをお前は見ないで死んだら、お前を生き返らすぞ、俺はたった一人で笑うためにお前の死神って仕事を引き受けるわけじゃない、たった一人で笑って笑いが冷めた後に我に返った瞬間のあのすんげえ恥ずかしく侘しくさびしいものをお前も人間になって経験してみたほうがいいぞ、まあ次おれが経験さしてやってもいい、俺はお前を心の底から笑わせてやるよ、お前を俺に遣わしたのは、へっへっへっ、へへ、俺だよ。

Comment

白空 | URL | 2015.03.21 21:47
この話は俺は意図しないで書いたのやけども
今日目が覚めると、わかってね。
俺は腹の底が冷たぁくなった。
題して「笑う死神」この話は意味がわかると怖い話となっておったのであったのあであるのであった。
まあね、作家たるもの(自称作家だけどね、へっ)よくある、自分で意図していないものを書けるのが、面白いわけやね。
俺もこれ書いたときはそれほど怖い話に思えなかった、怖さが隠されているような気はしかししていた。
次のコメントでネタばらしをしていこう。
あなたがそのネタを自分でわかると怖さは倍増することだろうかも。
白空 | URL | 2015.03.21 22:24
では解析していこう。
なぜ、「俺」は死神の笑う顔を見たがったのか?
そしてなぜ、死神は自分の死を喜ぶ存在のはずだから自分が死なないようにするはずないのに死神に向かって「俺」は「お前を起こしてる間に死ぬかもしれないからお前は起きてろ」などと不可解なことを言ったのか?
それは「俺」があほだから。
ちがうぅっ。
そうではない。そうではなかった。
そしてなぜ、「俺」は死神を遣わせしめることが果たしてできたのであろうか?


ではここから意味のわかると怖い話のその怖い答えなるものを書く。

この「笑う死神」の主人公「俺」という男は、実は
自死で人生を終えるという人生を自ら決め抜いて生まれてきた男なのである。
生まれる前に「俺」はその死を自分に与えることができる存在である死神に託した。「お前はなん時なん分なん秒、かまあ知らんけども、とにかく俺の死が俺の望む時に訪れる自死という形になるように頼むぞ、俺はそうすれば必ず笑って死ぬ、では頼んだぞ」
そう言って「俺」という男は死神に自分の魂を預けたのである。
死神は魂を預けられた以上は、その預けた人間の望む死以外の死になった場合、死神としての責任を全うできなかったことによる処罰が待ち受けており、そうなると男が死ぬときに気持ち良く笑えない、笑いが引き攣っているということになって、死神自身としてもなるべくそれは避けたいと願っているのである。
それをわかっている「俺」は何度も忠告のようにして死神に言うのである。「俺が死ぬとき、お前の心からの笑い顔を俺に見せろよ」と。

何がどう怖いか、おわかりになられたでしょうか。
死神が笑う顔を見たがった理由は、「俺」という自分が死ぬときに自分が心から笑うためであったのである。
「笑う死神」とは他でもない、「俺」というこの男自身であったのである。
自分の死をも操る男、まさにそれたる存在が「死神」と呼ぶのである。
へっへっへっ、へへ、棚戸棲。
Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる