光るみなも白い空 | 陽光

陽光

ずっと幻影を見てきた。
光が見えるという幻影を。
闇のなかでわたしの霊と、話をしてきた。
それがどこまでも、わたしに光を与えてきた。
悲しげな光はわたしに安らぎを与え、それ以外はわたしに翳りを与えた。
夜には凍えたわたしのちいさな足先を、あたたかいお父さんの足先にこすり付けると、
お父さんはびっくりして声をあげた、あの幻影はわたしに翳りを与える。
父の14回忌の今日、わたしの足先はまだ冷たく、わたしに翳りを与える。
あの日の幻影から、遠ざかるほど、父もまた、遠ざかり、翳りに光は増す。
幻は光であり、その影にわたしは不安を覚え、近づける翳りに陽光を見る。
それがどこまでも、わたしに翳りを与えてきた。
闇のなかでわたしの霊と、目を交す。
暖かい光はわたしに不安を与え、それに渇き、追い求めずにはおれなかった。
昼には温もりの手を繋ぎ見上げれば、面を被った顔の見えないお父さんがおり、
わたしはびっくりして声をあげた、あの日の幻影に、わたしは陽光を見る。
でもわたしの内に、哀しくないものはあろうか。
哀しげな光と哀しげな翳りのほかに、あろうか。
闇夜には凍えた陽光が、暖かい翳りに照らされ、眠るわたしとわたしの霊は、
めざめさせられては喪いし日を心做しか遠ざかりしまま夢む。
なにごとかも日を追いし、日没まえにあまさず眠るまま夢む。
今見た光に翳り射し、明日見る翳りに射す光は、顔の見えぬ父の面様の陽光の様。






















Comment

| | 2018.04.04 09:51
このコメントは管理者の承認待ちです
Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる