光るみなも白い空 | 存在しない世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存在しない世界

僕は、一目散に駆けだしていた

そうさ、苦しいことがあるといつもそうしてきた

逃げよう、幻想の世界へ

其処は決して明るい世界じゃない

空は澱み、今にも落ちて来そうだったが

僕の心は晴れやかなんだ

まるで少女になったように、暗い色の草の中

駆け回り、こう言うんだ

「さぁ、僕を捕まえてごらんよ」

さらってくれる人をいつも探しているんだ

一人で遊んで一人で逃げて一人ではしゃいで

冷たい草の中で転げ回って楽しいふりしてさ

そうやって逃げてきた、そうやって来るしかなかった

現実を思い出すと、僕はいつでも泣くばかりの石と化すんだから

動き出すには、まず逃げ出すことができる想像力が必要だったのさ

わかってたんだ、いつも、僕を救うことができるのは

僕だけだって、他に誰もいやしないんだって

そうやって、いつも僕は僕を救いだして来たんだ

知ってるから、誰にも頼らない僕が一番好きで幸せなこと

ここには存在しない世界へ逃げることが一番僕が僕でいられる時間だった

必要で、悲しくも開かれた僕だけの世界

だから夢の世界と、とてもよく似ているから

どんな悪夢も現実から遠い世界なら、どこも僕はいくらか幸せなのさ

そこにいるのは、どこにも存在しないものだらけ

存在してないかのような自分がいるだけ

僕の存在を無視する世界はどこも楽しいのさ

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。