08/19のツイートまとめ

yuzae1981

このWesの言葉は、僕たちに対する本当に切実な警告なんだよ。#ウェストリー・アラン・ドッド#child killer#child murder#serial killer#Child sexuality#Sexual abuse#westley dodd#pedophile#Pedophilic Disorder#ペドフィリア#小児性愛障害
08-19 04:26

Westley Allan Dodd "When I die, when they kill me, there will be 10,000 more just like me to take my place …Don’t ever forget that.“ 『僕が死のうが、彼らに僕が殺されようが、1万人以上の僕みたいな男が僕の座を占める(僕の後釜となる)だろう…それを絶対に忘れないでくれ。』 https://t.co/jGxRX62NnT
08-19 04:26

だれもWesを愛さなかったくせに、彼が子どもを殺せば、みんなはこう叫ぶんだ。「彼を殺せ(処刑しろ)!」一体、この世界は、どこまで虚しく、幼稚で、暴力的なのだろう?その「無残さの刃」が、自分自身へと向けられていることに、いつまでもいつまでも、人々は気づくことがないのだろうか?
08-19 03:51

彼の本当の苦しみと悲しみと、そして「絶望」と「虚無(闇)」の深さに誰も、気づけなかった。そして子供が3人殺された後でさえ、だれもそのことに気づかなかった。多くの者は叫んだ。「何故、彼がこのような残虐な行為をしたのか理解できない」「彼のような人間は、処刑されるべき人間なのだ」
08-19 03:38

いるものではなく「結局は自分が大事」だという姿勢でしか彼と関わってはいなかっただろう。でもWesが飢えているのは「本当の親の愛情(無条件の愛)」というものだった。つまりその愛は、「自己犠牲の愛」であり、命を懸けてでもどうにか彼を助けようとする想いだったんだ。誰もが気づけなかった。
08-19 03:38

「どんどん深い刺激を求める」とは、つまり飢餓がだんだんと堪えられないものへと深まって来ているということだ。Wesの人生で、彼を戻せないほどまでに傷つけ、絶望させ続けたのは、決して親だけじゃなかった。周りの人々は、彼を助けようとしていたかもしれないが、それは利己的なところを超えて
08-19 03:38

しかし此処まで重い障害(彼の恐ろしい程の衝動)が、カウンセリングで治療できるはずなんてないんだ…。親の愛情に飢え続けているからWesは一向に成長なんてできない。寧ろその愛情飢餓は深まって来た。何故かと言うとそういった人はどんどん孤立し、孤独が深まってくるからなんだ。
08-19 03:38

起訴されて刑務所に入ったのはH-に対する犯罪1件だけだった。』Wesは100人近い子どもたちに対して300回に近い痴漢行為をしてきた。でも尽く、重い刑罰を免れて来た。カウンセラーの何人かは、真剣に彼の将来(の危険性)を危惧し、真面目にカウンセリングを続けるようにと彼に言っていたようだが、
08-19 03:19

わけではなく、回を重ねるごとに少しずつ重いものに手を出していったものを挙げている)。その30人のうち、僕と口と性器の接触をしなかったのは、1人だけだった。僕が痴漢をした30人のうち、通報されたのはI、H、Uの3人だけだった。警察に通報されたのは2人(H-とU-)だけで、30人の痴漢のうち、僕が
08-19 03:19

数秒間それをさせた。』『現在、僕は1986年10月31日、25歳のときにシアトルに引っ越してきた。2回連続で被害届を出されて逃げ切った僕は、無敵の気分だった。このとき僕は、全部で30人の子供に痴漢をしたことになる。(僕はこのときまでに、全部で30人の子どもに手を出した(ここでは全部を挙げている
08-19 03:19

にペニスを咥えてくれることを期待して、ペニスを口に含ませようとしたが、咥えてはくれなかった。僕が絶頂に達するまで彼の股間にペニスをこすりつけている間、彼は静かに横になっていた。その日のうちに、僕はUに、Iの「おしり」に口をつけているところを見せた。僕はU-を説得して、I-に、そして僕に
08-19 03:19

していた。ある日、U-が外にいたとき、僕がI-のオムツを替えた。Iはしゃべれないので、体を拭いてからマスタベイションをした。僕は赤ん坊でも物理的な刺激を受けると勃起することを知っていた。それから僕はI-に口づけをし、U-がまだ外にいるかどうかすぐに確認し、服を脱いだ。僕は、1、哺乳瓶のよう
08-19 03:19

"股間性交 "をしようとしたのは、25歳の誕生日の時だった。U-に痴漢をしていた期間、彼と1-(2歳になったばかりの子)の子守をしながら、(その間、僕はUに痴漢をしていたが、彼と1歳の時(2歳になったばかりのI)にも痴漢をしていた。))I-は、トイレトレーニング中だったが、まだほとんどオムツを
08-19 03:19

子供が証言する必要がなかったことなどが分かったはずだ。もし警察がわざわざ僕に質問していたら、僕は有罪を認めて刑務所に入っていただろう。そのかわり、警察は新たに3件の犯罪を届け出た児童虐待の容疑者を完全に無視したんだ。僕は、1986年のハロウィンにシアトルに引っ越した。僕が初めて彼と
08-19 03:19

された。LはUを巻き込みたくなかったので、告訴を拒否した。U-の証言がなければ有罪になりそうもないので、僕は警察の取り調べすら受けなかった。もし警察が少しでも調べようとすれば、僕がいつも警察に自白していること、一件は司法取引、もう一件は有罪を認めていること、僕が二度有罪になったのに
08-19 03:19

シミュレーションをしようとしたが、彼は数秒後に僕を止めた。もう一回は、僕が彼のお尻に指を入れた。この3回、U-は母親に話したが、ほぼ毎日行っている僕たちの遊びのことは母親には話さなかった。最初の2回は、僕は二度とやらないように言われた。』『3回目、近所の人に見つかって警察に通報
08-19 03:19

をした。彼は僕に「ベッドの上であのゲームをしてくれ」と、ほとんど同じ頻度で頼んできた。しかし、彼は僕にそれ以上のことをさせてくれず、僕は彼の服を脱がすことはできず、彼のパンツを膝まで引っ張るだけだった。『僕は3度、U-に服を全部脱がせ、1度は裸にさせた。僕は2回、性交の
08-19 03:19

(気持ちいい?)" Yes, それで僕に「もっとやって」と言った。僕は彼に、ただ吸ったとき、頭を上下に動かしたとき、口の中で舌で転がしたとき、どれが一番好きか訊いてみた。彼は、舌で転がすのが一番気持ちいいと言っていた。それから4ヶ月間、僕はほぼ毎日、時には1日に2回、U-にオーラルセックス
08-19 03:19

ショーツの中に手を入れて彼の性器を撫でながら、彼は「ピアノ」を弾き続けた。僕は、彼をベッドに横たわらせ、パンツを下ろして、「もっと感じたいんだ」とお願いした。(僕を "もっと触って "と頼んだ。)彼は同意した" 僕は口をつけてもいい?" Yes. 彼は勃起した "Does it feel good?"
08-19 03:19

持っているのが気に入った』『彼が「ピアノを弾く」というので、僕は腕を回した。1 僕の右手の手のひらを彼の裸のお腹に平らに当てていた。指先は彼のパンツのウエストバンドに触れ、僕の手はまだ問題なかった。僕、「もっと下に手を置いてもいい?」" Yes. "「僕は触ってもいいんだね?」Yes. 僕が
08-19 03:19

アパートで4歳の男の子Uと知り合う。驚いたことにUはWesが初めて会った時、2-3歳の女の子の前で短パンとパンツを膝までずらして痴漢しようとしている最中だった。彼は露出狂のU『なら僕に痴漢をさせても通報しないだろうと思った。』彼はWesが『水槽と「ピアノ」(小さな和音オルガンだった)を
08-19 03:19

嫌がったが、僕は彼にパンツを下げるように言い、彼を自慰し始めたが、止めた。彼は起こっていることが気に入らなかったんだ。』その後、彼は『ベントン郡に戻り、週に一度、アイダホにセラピーを受けに』行かなければならず、『僕はもう夜、B-と二人きりになる機会はなかった。』引っ越し先の
08-19 03:19

僕はアナルとヴァギナの性交を知っていた。僕は"crotch intercourse." "股間(股)性交 (「股間の交わり」)"というものを発明したような気がした。僕は初めて性交を疑似体験し、絶頂に達した。』『数週間後、日帰り釣旅行の際、僕はついにBを説得し、僕のマスタベイションを見ることにした。彼は
08-19 03:19

かったんだ。(僕が上下に動く前に、彼の体がその触り方に慣れてほしかったんだ。)僕は絶頂を迎えた後、これ以上彼にしたくないと思ったので、もう一回彼に口づけをするために腰を引いた。それから彼は仰向けになった。僕は数分待ってから、後ろから彼の股間にペニスを入れて、彼の脚を一緒に動かした
08-19 03:19

最高の誕生日プレゼントになりそうだった。僕は彼の脚の上にひざまずき、両手と両膝をついて、彼に口づけをした。それから僕は彼の上に体を下ろし、お腹を彼に当て、でも体重はかけず、ペニスを彼の股間に入れた。1、そのまま横になった。僕は彼の体をその感触に慣らしてから、上下に動かし始めた
08-19 03:19

て、彼の手が僕のペニスに触れている間に彼のお尻を揉んだ。僕は彼を裏返しにすることにした。彼がもごもご言ったので、僕は彼を横向きに戻すだけだと言った(彼がベッドを独占すると僕に警告していたので、それを利用したんだ)。僕はまた彼に口づけをし、そしてあることを思いついた--B-はこれまでで
08-19 03:18

(彼が寝ている間)起きていて、思いっきり痴漢しようと思っていた。その夜、彼はパンツ一丁で寝たので、僕もパンツ一丁になった。彼が寝静まった頃、僕は下着を脱がせた。そして僕は彼のパンツのチャックを開け、前を引き下げて痴漢した。ある時、彼が寝返りを打ったので、僕は彼のパンツの後ろを下げ
08-19 03:18

ソーセージ)が見えるよ)」と言った。すると彼は、「じゃあ、僕たちは2人とも男の子なんだ」と言ったんだ。』彼は眠っているBに『一晩中何度も彼に口づけをしたり、彼の手を僕のペニスに預けてただ横になったりしていた。』『次の晩は僕の誕生日だった。僕は24歳になったので、Bと一緒に一晩中
08-19 03:18

脱ぐ。彼は僕の影のような存在で、それをとても面白いと思っていた。僕はそれをとても都合のいいことだと思った。彼は僕のようになりたいと言った。』『僕はただ寝て欲しかっただけなんだけど、数分間レスリングをした。ある時、僕は「"I see your weeny."(君の小さなおちんちん(ウインナー
08-19 03:18

自分の寝袋で寝たいか、それとも2つの寝袋を合わせて一つの大きな寝袋にして僕と一緒に寝たいか、と訊いた。』Bはステーションワゴンの荷台で一つの寝袋でWesと一緒に寝たいと言ってくれた。『一日中、B-は僕の真似をしていた。暑くて僕がシャツを脱ぐと、Bも脱ぐ。食事のときも、僕が脱いだらBも
08-19 03:18

シングルマザー』の6歳の息子BとWesは出会う。彼は7月2日、3日、4日の3日間、Bを連れて釣りに行く。『キャンプはBへのプレゼントで、彼は僕のものだ。(彼は僕のものになるだろう。)(彼は僕への御褒美だ。)僕はBが寝ている間に、Qにしたのと同じように、Bに痴漢をした。』『最初の夜、僕は彼に
08-19 03:18

特別に好きだったHの報告によってWesは4カ月間刑務所で過ごす。そして1年間の保護観察処分を受け、『子供と接触してはいけないという命令を受けた。僕はとにかく男の子を探したが、見つからなかった。1985年の夏、23歳の僕は1年以上痴漢をせずに過ごし、気が狂いそうだった。』そんな時、同僚の
08-19 03:18

Westley Allan Dodd "When I die, when they kill me, there will be 10,000 more just like me to take my place …Don’t ever forget that.“ 『僕が死んでも、僕が殺されても、僕の代わりは1万人以上いるんだ…それを絶対に忘れないでくれ。』https://t.co/t62aqbJONNTumblerブログを更新した。
08-19 00:03

関連記事
/*YouTube埋め込み動画を枠内に表示*/ iframe { max-width: 100%; }