08/08のツイートまとめ

yuzae1981

何故だろう?Wesは”boy”と”girl”を、”同等の価値”だとは観ていなかったのか?彼は、違う目で、少年と少女を見つめていたかもしれない。男の子はレイプして拷問して殺す(それを実行した)が、女の子をレイプして殺すのは、結局、彼は妄想だけに終わったんだ。それは彼は叶えることはできなかった。
08-08 06:21

(女の子たちを死なせるなんて、そんなこと考えたこともなかったし、自分にできるなんて思ってもみなかった。)(僕は、少女たちを死なせてしまうということ以上のことを考えたことはなかったし、それさえできるとは思わなかった。)』
08-08 06:21

だろう。でも、海軍が僕を止めたんだ。』でも彼は、”女の子”に対して、”殺す”ことに抵抗があったのだろうか?そのあとにこう手紙に綴っている。『僕は少女たちを見殺しにしようと思ったことは一度もないし、それすらできないと思ったんだ。
08-08 06:21

男の子をもう一人見つけて、無理やり脱がせて、口封じに殺していたかもしれない。僕と一緒にいた最後の少年を誰も見ていないことは分かっていた。僕は彼を殺し、遺体に石を詰め、ボートや漁師が決して近づかない水深3メートルの場所に遺棄することができた。そうすれば、彼はただ姿を消すだけだった
08-08 06:21

ことはなかった。僕は公然わいせつ未遂で起訴されたけど、何も起こらなかったし、僕はただ女の子と話しただけだし、女の子が証言する可能性も低かったから、起訴は見送られた。』『もし僕が海軍に入隊していなかったら、1年以内に殺していたかもしれない。僕は、僕と一緒に「泳ぎに行こう」と言う
08-08 06:13

Wesは確信する。やっぱり、彼女たちは、僕で遊んで、ふざけていたんだな。後に、彼女たちはしっかりとWesの車のナンバープレートの番号を憶えていて、警察に通報する。『僕は警察に「二人を人里離れた場所に連れて行って、痴漢したい」と告白した。僕の記録には露出事件しかなく、罪に問われた
08-08 06:13

訊ねる。「ねえ僕と一緒に来て、彼らのいる場所を教えてくれないか?」彼女たちはまた顔を見合し、必死に笑いを隠そうとしている。彼は焦る。「…だれかひとり来てほしいんだ。」その瞬間だった。彼女たちはこみ上げてくる可笑しさを我慢することができなくなり、二人で声を出して笑い合った。
08-08 06:13

Wesは微笑んで言う。「彼らがどこに行ったか見たの?」彼女たちは、ちょっとにやにやした笑みを浮かべながらこう言う。「うん、彼らはあそこに住んでるよ!(彼女たちは指をさす。」彼は、もうこの時点で、あ、なんか俺、馬鹿にされてるのかな?と勘づく。でも、まだ諦めないぞ。彼は興奮のなか
08-08 06:13

訊きたいことがあるんだ。僕の愛車に石を投げた子どもたちがいるんだけど、彼のことを観なかったかい?」彼女たちは互いで目で語り合って訝し気な表情でWesを見上げ、こう言った。「それってあいつらでしょ!あたしたち見たよ。」Wesは不思議に想う。なんで僕の嘘なのに、彼女たちは知ってるんだ?
08-08 06:13

心配するんだろう。でも待てよ。もしかしたら、いやおそらく、彼女たちのどちらかは、僕にセックスを要求し、それを試してみたくなるだろうから、そうだ、僕はそれを心配する必要なんてないんだ。なんてなことを勝手にWesは妄想しながら彼女たちに近づき、こう言う。「Hi.ねえちょっときみたちに
08-08 06:13

彼女がそれで死ぬとてしても?いや、僕はそんなことはしないだろう。僕は彼女たちを道に迷わせて、そして電話のある場所を教えてあげるんだ。その電話は3マイル先にあるよ。とね。つまり彼女たちは、僕にレイプされるが、死ぬことは免れ、助かるだろう。ああ、でも僕はきっとその時が来たならば
08-08 06:13

僕はそれがレイプだと気づいた。もし僕がそんなことをしたら、彼女たちは僕を通報するかもしれない。僕の頭に、初めて殺人がよぎった。』でもWesは、まるで自分に云い聴かせるかのようにして、こう考える。僕は、そんなことはできないだろう。僕は、彼女たちを見棄て、見殺しにできるか?
08-08 06:13

オーラルセックスを自分が)”して、あるいは自分も相手にさせるつもりだった。だが彼は自分が想像しながら眺めているのは男の子たちではなく、女の子たちであることに気づく。彼は想った。『彼女たちはQ-よりも年上(11歳以上)で体格が良かったので、もしかしたら1人と性交できるかもしれない。
08-08 06:13

深刻に、『慈悲』によって考えなくてはならない。Wesはこのとき、非常に今までにない程に、焦っていた。何故ならあと2週間で海軍に拘束され、当分生き甲斐のない生活を送らねばならないからだ。彼はどうにかして子どもを車に乗せ、人里離れた場所に連れ出して服を脱がせて”望むように(恐らく
08-08 06:13

1981年の夏の終わり、20歳になったWesは海軍に志願し、1か月後には現役で出撃することになる。彼は逃げたかったのだろう。自分を襲い続ける恐ろしいまでの”urge(強力に急き立てる衝動)”から。人々は、”性犯罪者”たちに対して、”それ”がどれほど苦しくてコントロールができないほどのものなのか、
08-08 06:13

感じる。14歳の男の子に、色んな意味で痴漢は難しい。彼らは最早、純真な性に対する関心は喪っていて、代わりに何が芽生えたかと言えば、或る意味、〖不必要なまでの女の子に対する性的欲情〗なのだ。即ち、もう彼らは何をどう頑張っても、同性愛者でない限り、Wesの欲求に応えてなんてくれない。
08-08 06:13

the young male *)の従弟』とは、彼が14歳の時(1975年11月)に初めて痴漢した8歳の従弟のことではないか。そうすると彼はWesが痴漢したときと同じ年頃、14歳くらいということになる。彼は一体どんな想いで、その従弟の少年を見つめていたのだろう。何か、彼に対する特別な感情があったように
08-08 06:13

しれない。そういう意味でも、Wesが女の子よりも男の子を選びたかったかどうかはわからない。でも”女の子”の場合、本当は嫌でたまらないのに年上の男性の要求を断ることが怖くて、顔を赤らめて受け容れることもあるだろう。話を戻すが、Wesが見つめていた『僕が初めて痴漢した少年である若い男(
08-08 06:13

僕は想うのだが、これらの行為は、決して”彼ら”にとって、後々も悪い影響とはならないだろう。彼らが各々、それを思い出してどういう感慨を持つかはわからないが、”嫌な思い出”より、もしかしたら”なんだか恥ずかしいがちょっと甘い純粋な汚れなき思い出”として思い返したりすることもできるかも
08-08 06:13

痴漢した少年である若い男(the young male *)のいとこを見ていると、W-とQ-がやってきた。僕は3人の少年を説得して、瓶を回す遊びをさせようとしたが、彼らは嫌がった。僕は二度とやらなかった。1981年の夏の終わり、20歳の僕は海軍に志願して入隊し、潜水艦の訓練と任務に就くことになった。』
08-08 06:13

すべて楽しかった-に満足していたし、それはただ実験したいという子供の好奇心だった(心理学者によれば、多くの男の子がこのような実験をするそうだが、たいてい同年代の人とするそうだ)、しかし僕がこの接触から何かを求めていることに気づくとQ-はとても不愉快になったんだ。数日後、僕が初めて
08-08 06:13

を知っていると言ったが、僕が彼に口でしてあげるよと言うと、彼は「"that's OK" いいよ(ダメという意味)」と言った。僕は、彼がもう一度できるように、(彼をマスターベイションで)勃起させるのを手伝うと言ったのだが、彼はそれ』も断った。『今思えば、Q-は僕たちの「無邪気な遊び」-それは
08-08 06:13

(きみのお尻をファックしてもいい?」と言い出した。』Wesは信じられずどうしたらいいかわからなかったが、『子供とのどんな性的接触も断れない僕としては、彼が実験したいのならさせてあげよう!』と想い、お尻を彼に広げて見せたがQは挿入できずに早々と諦めてしまった。『「それを行う別の方法」
08-08 06:13

と持ち掛け、Qは同意する。彼は幸せな心地のなかQと20分ほど裸で泥まみれになってレスリングした。QがWesを押し倒し、Wesは完全に勃起し、Qも部分的に勃起していた。Qは「きみのと比べてみてよ 」と言ったが、Wesが性器に手を伸ばすと彼はそれを止めた。だがそのあと『Q-は「お尻を犯していい?
08-08 06:13

彼は『あまり年上の男の子は欲しくなかったし、男の子はそれぞれ成熟する年齢が違うことも知っていたし、陰毛のアイデアも好きじゃなかったんだ。僕は子供が好きで、男は好きじゃないんだ)。』と感じていた。でも彼はついに『「裸で泥んこ相撲はどうだ?(ヌーディ·マッド·レスリングはどう?)」』
08-08 06:13

と仲良くなった。W-は7歳、Q-は10歳だった。』WはWesの陰部をチラ見するなど、彼に対して深い関心と好奇心があった。Wesは彼に庭に設置したプールのなかでレスリングしようと誘い、彼に性的な接近を試みるが結局Wは”遊び”だけに終わって彼の切実な申し出を断ってしまう。Wesは10歳のQに目が行くが、
08-08 06:13

来たら隠れながら歩いたし、近くの学校ではブランコや滑り台などの遊具で遊んで過ごした(午前2-3時頃)。』りして、苦しくてたまらない衝動をどうにかして紛らわそうとしていた。そんな『1981年の夏、僕は母親と義父の8エーカーの農場で一緒に過ごした。僕はすぐに、いつも来ていた近所の男の子2人
08-08 06:13

裸で自転車に乗ったり最後に男の子に痴漢をした場所に座って、自慰に耽ったり、裸で砂漠を歩いたり走ったり、『夜中の1時か2時に、僕はスニーカーを履いて(他には何も履かない)、全裸でブロックを走り回った』りを夏も冬もやり、『ある夜、僕は2時間近く外にいて、服は家に置いて、ヘッドライトが
08-08 06:13

Westley Allan Dodd "For the first time, murder entered my head. (初めて僕の頭に殺人がよぎった。)"https://t.co/zUJwWv8NMAWesは『1979年と1980年の夏、18歳と19歳になった夏に4人の男の子に実際に痴漢をしたことを憶えている。』彼はその間、子どもに痴漢していない時(できなかった時)
08-08 06:13

関連記事
/*YouTube埋め込み動画を枠内に表示*/ iframe { max-width: 100%; }