08/01のツイートまとめ

yuzae1981

でもまさか、少し性的ないたずらをされる以外のことなんて想像にもできなかったに違いない。「拷問や殺害」というものが、どれほど恐ろしいものであるかを、子どもたちだけでなく親でさえ想像もできていないんだ。それは自分の食卓にそれがいつも載っていることについても無関心であると同様に。
08-01 00:33

挟まれた小道で。相手はまだ若い青年だったという記憶がある。僕はそれに妙に羨む気持ちを抱いたのだが…。つまり「愛に飢えてきた」子ども達にとっては、性的に異性から欲求されることは「親からの愛」と同様のものであるように感じている。Wesに好意を向けた子どもたちもきっとそうなのだろう。
08-01 00:33

愛する子どもたちを一歩も外へ出すことさえ叶わない。何故ならば外のあらゆる場所には危険が潜んでいるからだ。僕が親ならば、大金を払って子どもにボディガードを付けたくなるかもしれない。僕が小学3年生の頃に近所の友達の女の子が下校途中に痴漢に合った。人通りの極めて少ない広い空き地に
08-01 00:33

子供が裸のまま玄関に来る?女性が全裸の2歳の子供を見知らぬ男と二人きりにして?僕のトラックに乗りたがる子供たち?警戒心の強い性犯罪者にとって、"気楽な犠牲者 "を見つけるのはとても容易なことなんだ。続きは後ほど - ウェス』Wesはそう言っているが、そんなことを言ってしまえば親は最早、
08-01 00:33

alone with a strange man? Kids asking to ride in my truck? It is so easy for an alert sex offender to find "easy victims." More later — Wes​とにかく--僕はその仕事で信じられないようなものを見たし、(その仕事の結果として)郡の知識をレイプ&殺人目的の誘拐のために使ったんだ。女性や
08-01 00:33

『Anyway — I saw some unbelievable things on that job, and I did use my knowledge of the County (as a result of that job) in my attempt to kidnap for the purpose of rape & murder. Women and kids coming to the answer the door while nude? A woman leaving her nude two year old https://t.co/eXuAvufw2H
08-01 00:33

関連記事