07/24のツイートまとめ

yuzae1981

@supremda 私は2012年まで人の命が最も重いものだと感じていました。でもその年に屠殺場の映像を観てから私の考えはまるで変りました。「人の命は家畜同様軽いもの」なのだと感じたのです。それは人間の欲望によって虐待され苦しめられて殺されてゆく家畜と人間の姿が同じものなのだと確信したからなんです。
07-24 20:07

Wes「僕の犠牲者が幼いKidsでなければならなかった理由は、僕が最も憎んでいるのは子ども時代の僕自身だからなんだ。僕は未だ僕の内側で愛されなくて苦しみ続けている僕自身を苦しめて虐待し拷問に掛けて殺してあげなくちゃならなかったんだよ。それを僕は何よりも望んで、切実に求めていたからね。」 https://t.co/Q53M5APJzx
07-24 19:50

でも本当に誰ひとり、彼に真剣に向き合って、いくら労力をかけてでも彼を更生させようとする人間はいなかった。彼は大人たちから表面的な感情だけ向けられてきたんだ。そこには彼に対する真の慈悲、愛情はなく、虚しく浅ましいものだけがあっただろう。此の世を覆い続ける虚無が彼を殺人者にした。
07-24 02:05

犯したのは、僕が子供たちに何をしようと誰も気にしなかったからだ。彼らは背を向け続け、僕を逃がし続けたんだ。』https://t.co/Rr0UAc6J9Zより彼のKidsに対するやめない淫行は、彼の切実なSOSであった。彼は本当は、自分を止めてくれる(変化させてくれる)存在に出会いたかったんだ。
07-24 02:05

積み、またもや警察は何もしてくれなかった。僕は10年近く続けて、ついに19日間、刑務所に入った。遅すぎるくらい遅かったんだ。それ以来、いわゆる「司法制度」と呼ばれるものを笑い物にしている。2つの重罪の記録があっても、僕は報告された犯罪から逃れることができた。13歳で実験し、28歳で殺人を
07-24 02:05

思春期を迎えたばかりの僕は、セックスについて何も知らなかった。実験していただけなのかもしれない。でも、多くの子どもたちから好意的な反応があったので、それを続けていた。被害届を出すと、警察は告訴を見送った。どうやら、自分をさらけ出してもいいということらしい。その後、僕はさらに経験を
07-24 02:05

two felonies on my record I got away with reported crimes. Maybe that's the answer, experimentation at age 13, then murder at age 28 because no one cared what I did to children. They kept turning their backs and letting me walk away.なぜ13歳の時に初めて自分をさらけ出したのか?
07-24 02:05

press charges. Apparently it was OK to expose myself. I progressed and again the police did nothing. I went on for nearly 10 years before I finally went to jail for 19 days. IT was TOO little TOO LATE. I have been LAUGHING at the so called "justice system" ever since. Even with
07-24 02:05

Wes「Why did I first expose myself at age 13? I was just reaching puberty, and I knew nothing at all about sex. Perhaps I was just experimenting. But then i got a positive reaction from many children so I kept doing it. When the incidents were reported, the police decided not to https://t.co/l7eldumjQg
07-24 02:05

この寄生虫(人)は動物の肉を引き離して自身を肉に付着させ、そのまま肉になる。動物の死体を食べた人はそのまま動物の死体になる。オクラを食べた人はそのままオクラになる。そしてその後は体内で、人間の粘液を食べて生存し続けるという。恐らく、そういうことなのであろう。
07-24 01:35

魚の舌を食べた寄生虫⇒そのまま魚の舌になる。不気味な姿に「まるで火星人」 https://t.co/u0paccEEaX 『同局によると、この寄生虫は魚の舌を引き離して自身を魚の口の中に付着させ、そのまま魚の舌になる。その後は口の中で、魚の粘液を食べて生存し続けるという。』つまりこういうことか。
07-24 01:35

"男性も女性も私の頭の中で性的な妄想を繰り広げていた 。」と話した。彼ら(火星人たち)は彼を刺激し始め、性的な行為をするように命じた。火星人たちは彼に性欲過剰な状態を引き起こしていた。その”異常性欲”とその苦痛の解放の欲求によって、彼を”殺人”へと駆り立てたと言えるだろう。
07-24 01:22

世界は火星からの古代文明によって支配されている。』彼は奇妙な性的感情を経験し始め、「誰かが手動で私のペニスに血液を送り込んでいるように感じた」と述べている。彼は火星人のことを "ハイパーセクシャル "と呼び、「彼らは私を性的にもてあそび始めた。
07-24 01:22

我々の政府、軍隊、そしてアメリカの企業をも支配している。彼らは地球上のすべての「野生の」人間を把握し、我々を動物園の動物のように管理している。我々の "自由 "は注意深く作られた幻想なのだ。』『物事は彼らがそうであるように見えるものではない。
07-24 01:22

アイダホ州銃乱射事件の容疑者の「ハイパーセクシャル(性欲過剰)」火星人のマニフェストは、解き放たれた心の窓であるhttps://t.co/MBXN8Khah4 『火星人はどこにでもいる。どの国のどのレベルの社会にも存在する。ある者はブルーカラーの仕事をし、またある者は権力のある地位を占めている。彼らは
07-24 01:22

関連記事