光るみなも白い空 | 全ての夜明けよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ての夜明けよ

昨日ナチスによるホロコーストのドキュメンタリー映画「夜と霧」を見て

そこから、どうにか救いはないのかと探しましたが

何も見つけ出せそうにありませんでした

ただ、怖く、恐ろし過ぎて、

何をしていても殺された人たちのことが浮かび、つらかった

ベッドに横になれば、あの狭いベッドに寝ているような感覚になり

しかし、ここは温かく、とてつもない疲労などない、恐怖はない

鏡に自分が映ると、自分も死んでいる体なのではないかという感覚になった

恐ろしかった、あの映画を観ている間にも、何故これを私は観なくては

いけないのか、と、もう、観たくない、観たくない、と、

ただその場から動けない自分がいるだけだった

殺された人たち全員がまるで、自分の家族のような感覚を覚えた

だから、もう観るのが本当につらく、やり場のない思いに

ひたすら逃げたくなった




少し落ち着くと、彼らには一瞬でも、強制収容所に入れられてから

幸せを感じる瞬間はあったのだろうか、と思った


愛する家族と離され、労働能力のあるものはひどい強制労働をさせられ

労働能力のないと見なされた老人、妊婦、子供、女性たちは

すぐにガス室で殺されたのです


他の人のブログの中で、ガス室に向かう人たちの顔が、それほど恐怖に

満ちていない、それは何故かは、彼等は、これからシャワーに行くと

騙されて、それを信じて待っていた顔だからだ、と言うのを読み


もう苦しくてたまらない、何も考えることもできなくなる

ずっとずっと苦しかった、時には涙も流したが、救いがどこにも見当たらなかった



しかし、そこから生き残った心理学者ヴィクトール・フランクルの

収容所での生活が書かれた「夜と霧」の中身をネットで少し読んで、知り

私は心から感涙して、救われた

http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_8_i.html

彼はそんなあまりに苦しい毎日の中で、自分が導き出した答えによって

救われ、また、それを話したことで同じ仲間の心を救ったのです

愛する妻と心の中で対話をし、どんな苦しみをも光に変えたのです



私が特に救われた、美しくて愛おしくてたまらない場面があります、下引用文

“ある時など、過酷な労働で疲れ果てバラックの土間に死んだように横たわっていた時、

一人の仲間が飛び込んで来て、極度の疲労と寒さにもかかわらずに、

ちょうど、彼の目に映った美しい日没の景色を見逃させまいと

急いで出て来るように催促してきたこともあった。

外に出てみると、そこにはバイエルンの美しい夕暮れの光景が広がっていた。

燃えるような雲が青銅色から真紅の色に変化していく様は、

まさにこの世のものとも思えぬ幻想的な芸術であった。

感動の数分後、誰言うともなく「世界ってどうしてこんなに綺麗なんだろう」と

タメ息まじりの声でつぶやくのである。

自分たちの背後には、荒涼として灰色で泥だらけで

殺風景きわまる収容所があるだけなのに。”




嗚呼、なんて生物だろう!人は

本当にそうなのだな、人は苦しみを知るほど世界は美しく観えるのだな

それは、本当に普通の暮らしでは絶対にわからない美しさであるだろう、と思いました




そして、もう一つの感極まり涙が溢れた文が、停電の夜に起きたことです

少し長いのでホームページのほうで、ぜひ全部読んで頂きたい

これを機にまだ「夜と霧」を読んでいない方には読んで頂きたい

私も必ず読みます



それと心温かい監視兵がいたということが、どれほど彼らにとって

救いであったのでしょう




しかし、実際そのような救いを知ることなく死んでいった人たちに対して

私たちは、何ができるでしょうか

それは私は、いつもこう思うのです

死は終わりである、という人がたくさんいます

私はそれを絶対に信じたくない

死が終わりなら、無念を残し無残に死んでいった人たちの夜明けは

一体いつ来るのですか?

永遠に安らかに眠っているだろうから、それが救いである、とは

思えないです

彼らには生きていたならあとどれほど喜びを感じられたのでしょうか

安らかに眠ることは、喜びではない、また、苦しみでもない

彼らが、また生となり、彼らの生活する時間が再び来ることを

私は心から願い、信じます

それはすべての再生であり、私自身の再生でもある

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。