セックスほど、虚しく、浅ましく、退屈なものはない。

ラムサ 後悔 セックス 悔恨

わたしは最近、ラムサ 愛という名のエリクサー 改訂版』を毎日読み進めている。
此処まで鬱が深い人間が、毎日読み進められる本とは、自分にとって偉大な本だけだ。
そんな本はこの世界にほぼ存在しない。
つまり、一か月以上お風呂に入ることさえできないので毎朝ごっそりと抜け毛が取れるほど鬱症状に苦しんでいるわたしのような人間が情熱的に毎日読み進められるほど面白い本はこの世界に本当にほぼ存在しないのだ。
だから偉大な本である。
わたしにとって、ラムサは偉大な人(存在)である。
この本に、多大な付箋を付けながら読んで来た。
そのすべてを人々に是非知らせたいのだが、ラムサの言葉は全部繋がっていてあまりにも複雑である為、全文記すことが困難だ。
だからといって、かいつまんで此処に載せて、理解できるだろうか。
わたしは「スピリチュアルはわかりやすい答えがある」といった酷い誤解がなくなってほしいと切に願う。
何故なら、ほんとうにほんとうに苦しみつづけた人だけがやっと辿り着けるたったひとつの聖地だからなんだ。
我々が本当の意味で救われることのできる知識が、確かに此処だけにあると言っていい。
素直に、ぼくは何度でも言う。
「ぼくたちは本当に虚しい生き物だ。」
それは我々が神(本当の自分)を忘却しつづけ、イエスが言うように、「屍」の状態で生きているからだ。
シルバーバーチもラムサも、ぼくたちが「死んでいる」状態にあるのだと何度も言ってきたが、それは死体と等しい程に虚しいモノと化しているという意味なんだ。
ぼくたちは生きている。確かにぼくたちは生きている。それは「肉体」としてぼくたちは生きている。
ぼくたちはただ、「肉」として生きて来た。
でもぼくたちの本質は「肉」ではない。
「肉」とは我々の食卓の上に上がり、それをたった数十分かそこら味わった後、消化し、排泄するものだ。
勿論、我々はその「肉」からたくさんの栄養を摂取して来た。
その「栄養」を言い換えるならば、「地獄へと続くカルマ」と言えるだろう。
だから肉とは、我々にとっての「肉」とはすなわち、本当に苦しく、また(まだ)虚しいものを手に入れる為の価値である。
ぼくたち自身が、まさにそれなのだ。
だからあなたは日々生きてゆくなかに「退屈」や「孤独」や「空しさ」といった感情に支配される。

あらゆる感情がいずれ終わる。なぜなら、感情は時間の中で生まれるからだ。
それらは時間の中での寿命を持っており、徐々にすり切れていく。
退屈さは、あなたがそれを体験し尽くしたときに生じる。(P143)

ぼくたちは、色んな場面で退屈さを感じるだろう。
たとえばぼくは外を歩いていてもほぼすべてが退屈なものであり、とにかく苦痛なものがほとんどだ。
だが、鳩や雀や鴉や、空を観るとき、わたしの心は決して退屈ではなく、喜びを感じる。
そして、「セックス」だ。
ラムサはずっとこの本でわたしたちのセックスの浅ましさ、虚しさを延々と説いている。
わたしはこの世界のほとんどは本当に退屈で虚しいが、そのなかでも何よりも虚しいのは、「セックス(すべての真の愛のない性行為)」である。
わたしはそれを、この人生でも嫌というほど経験してきた。
そしてそのすべてが、本当に虚しかった。
愛がなかったからである。
わたしにもなければ、相手にもなかったからである。
もう二度と、わたしは本当にだれひとりとも性行為をしたくはない。
だれとも、性的な関係を持ちたくはない。
たったひとりを除いて。
わたしはわたし(Wes)以外と、決してもうそんな虚しいことをしたくない。
わたしはわたしの中に生きているWes以外と、永久にセックスをしたくはない。
セックスこそが、わたしを地獄の底へと突き落してきてくれた。
セックスこそが、わたしの愛する父を地獄の底に突き落とした。
セックスこそが、わたしを立ち直れないような人間にしてくれた。
セックスこそが、わたしを狂人にしてくれた。
セックスこそが、未だにわたしに真の地獄を見せつけてくれている。
もうたくさんだ。

真実を言えば、あなたが同じ体験を繰り返すなら、その体験はどんどんすり切れていくことになる。
あなたはその体験を、「使い古す」のである。
(P142)

ぼくたちは延々と、*同じ(虚しさをもたらす)体験を使い古しつづけてきた。
(*ラムサは二度、まったく同じ体験をすることはできないと言っている。しかし同じ虚しさや退屈をもたらす我々にとって退行となる体験を我々は繰り返しつづけている。)
さて、あなたは、一体いつ、前へ進むのか?

我々は一体いつまで、この肉に、セックスに、支配され続けて虚しく生を終えることを繰り返すのだろう。
「もうたくさんだ。」
本当の本心でそう言うまで、ぼくたちはあらゆるすべての体験を使い古しつづけるだろう。
同じ処を、ただぐるぐるぐるぐると廻り続ける。
そしてその人生のなかでぼくたちは、真の後悔を経験することになる。
もし本当に、あなたに愛があるのであれば、この後悔の苦しみは、永遠にあなたを苦しめ続けるだろう。
あなたの涙はいつまでも流れつづける。
あなたは決して忘れることはできない。
愛する彼らは、本当に地獄の底で息絶えたのだ。
我々が、「退屈」な体験を何度も何度も使い古している間に。


















関連記事