何処へ

気付くと僕は教室にいた

とても暗い

先生も生徒も影だった

何を話してるのかわからない

授業中なのに僕は外へ飛び出した

土砂降りの雨が降ってて

途方に暮れていたんだ



気付くと僕は湿原の真ん中にいた

周りを囲む遠い地平線が霞んで

足が冷たくて

帰りたいのに帰る場所がない

空がないようだった



気付くと僕はモノクロォムの海を眺めていた

とても静かで落ち着いていて

隣に人がいたんだ

なのにまた影しか見えない

僕の鼓動が止まりかけていた



気付くと僕は家にいて

今日の晩御飯を何にするか考えていた

ステレオから音が溢れて

お父さんがもうすぐ帰ってくる

僕が作ったごちそうみんなで楽しそうに食べてるんだ


ごちそうさま


次はどこへゆこうか

呼んで欲しい

僕をこの世界から連れ出して

関連記事
/*YouTube埋め込み動画を枠内に表示*/ iframe { max-width: 100%; }