光るみなも白い空 | キセル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キセル


これはファーストの曲、このpv初めて見た、このバージョンすごくいい
終わりがけのギターがすごくいい




この曲初めて聴いたわ、このpvええなぁ・・・ほんま可愛い兄弟やな
歌う豪文兄やんの隣で焼きそばを食う弟の友晴君・・・可愛い・・・
兄貴も可愛いけど友晴君が・・・すごい
ものすごく愛らしい。。。昔恋してたなぁ




で、おととし一月に出たアルバム今頃聴いて・・・いやぁ、嬉しい・・・
すごい、いい、いいねん、これ
これほんとどの曲もすごい地味やのにこれだけいいなんて、やってくれたなぁ、おい
キセルやっと戻ってきてくれたぁ~な~、ふわぁ嬉しい
(ぁ、でここだけの話フィッシュマンズに似てきてるよぅ!また一緒に聴きたいな)


で、特にこの曲がなんともいい、実話らしい
歌詞はったれぃ


君の犬が死んだ朝

いつもと同じ雨の朝

お久しぶりね君からの

便りのなかに

新聞になんて書いてないのさ

少しのあいだ泣いてみたんだ

君も帰ってこないんだと

分かった気がして

君に会えないようにね

君の犬にも会えないな

その目その声好きだった

君を好きなように

真夏のように生きていたね

僕らのそばで

君の僕が死んだ夜

本当の月が照らしたから

知らない歌を口ずさみ

忘れたふりで

新聞のすみでささやいてる

戦争はなかったなんて言ってる

忘れてどこへ行くんだろう

不思議な顔して

君に会えないようにね

君の犬にも会えないな

その目その舌むかついた

君を好きなように

真夏のように過ぎていった

僕らのそばを

僕の君を殺した朝

のどかな春の花の下

振りむく空はどこまでも

青いままで

夢の浜辺に埋めましょう

掘っても掘っても指先に

触れてくるのは柔らかな

想い出ばかり

岬の波間で揺れるのは

白い小さな僕らの舟

からっぽのままで出てゆくよ

輝く海へ

henry, henry, my sweet, my baby

good night and good bye.




「君の僕が死んだ」とか「僕の君を殺した」とか
そんな歌詞は今までなかったから、あっ、となった
しかもこんなまったりとした音に乗せて、そこはキセルやけどな

なんだか、深すぎる悲しみに直面したばかりの悲しみなのか
なんだかもうよくわからない変なきょとんとした空気感を
ものすごくリアルにこの歌が現わしてると思たな、うん

でもなんべんも聴いてると、じわじわ悲しいのやってくるな
特に最後のgood night and good byeが悲しい、泣きそうなった

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。