光るみなも白い空 | 悲しみを満たした身体が

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみを満たした身体が

僕を生かしている

お腹すいたよ、蜉蝣
僕の喜びを食べさしてあげよう
薄い羽根を僕がむしった
僕は怖かったんだ
得体の知れない恐怖に僕は狂わされようとして
空は静かに真っ赤に染まりたいんだろう
信じた証に殺されることにもうじき慣れるよ
僕は一人の部屋から抜け出せない
狭くても広くても同じ
僕は一人で部屋に篭っている
来客と楽しい一時を過ごして
来客が帰った後に僕は何が楽しかったのかさっぱりわからなくなって
また蜉蝣の薄い羽根をむしって
僕の今日の楽しい幻想を食べさして
僕はお腹はすいた
蜉蝣のお腹は、いっぱいになったかい、蜉蝣
次の日の夕暮れに新しい蜉蝣は飛んでくる
君もお腹がすいているのかい
じゃあ僕の空っぽな喜びを食べさしてあげよう
今日も来客と楽しい一時を交え
来客が帰った後に、蜉蝣は僕の元へ飛んでくる
僕が何の為に蜉蝣の羽根をむしるのかはわからない
今日の来客の夢を君に食べさしてあげるよ
僕には必要のないものだから
僕の脳の中から出てきた蜉蝣達だから僕のことよく知ってるのかと思ったけれど
彼らは何もわからないようだ
次の日に来客は自分の脳から出てきた蜉蝣を一匹残して行った
彼の蜉蝣は悲しみを食べる蜉蝣だった
蜉蝣は僕の悲しみを食べに近づいて来た
僕は怖くなってその蜉蝣を殺した
僕の悲しみを食べられたら、僕はいなくなってしまうからね
僕が死んでしまうからね
可愛そうなその蜉蝣に僕は話していた

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。