光るみなも白い空 | 禁じられた愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁じられた愛

david sylvianの禁じられた色彩の歌詞で

僕の愛は 禁じられた色彩を帯びる
僕の生は もう一度 あなたを信じる

があります、とても好きな詞です

禁じられた愛とは、どうゆうものだろうと

思ったとき、それは

私が持つ愛のことです

この世界の神なるもの、目に見えないものを

ただ愛するのでなく、私は何よりもお父さんを愛している

その次は姉兄たちです、それ以外の愛はカオスに塗られた色彩を帯びている

それに伴う苦しみを与えられ、逃れようともしない

絶望のまま終わらせるしかないのか

それによって悲しませているものは

父であり、私であり、私に光を望む私が導く神である

僕が神である私の純なるものを信じるとき、光がどこまでも広がってゆくことを

私は知っている、すべての救いがそこにしかないと

私は知っています

それでも神にはなりはしないのは私は人であるからだ

人のそんな弱さと脆さとどこまでも深くなることができる孤独と悲しめるその心を

僕は本当に愛おしいと感じて、そんなものたちといつでも

一番側にいたい、共感者でありたい、共鳴する存在でありたい

その心のいつも近くで寄り添い悲しんでいたいのです

それを禁じるあなたは神ではない、僕の愛しい友です

そんなあなたのこともどれほど僕が愛しているかを

あなたは知っているでしょうか

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。