光るみなも白い空 | THE BOOM & 矢野顕子

THE BOOM & 矢野顕子

THE BOOM & 矢野顕子 - それだけでうれしい

この曲はうちの兄がシングルを持ってて私も当時大好きなった曲です
1992年なんで、兄は17歳とかで、私は11歳とかの時です
すごい懐かしくて、鳥肌立ちまくりました
若いミヤがかわいすぎる!




赤ちゃんのおしり 矢野顕子 パンパースCMソング

これは、もうだいぶまえにお父さんとお姉ちゃんと私が乗ってる車で
私がちょうどそのころ矢野顕子が好きでカセットテープ入れて流してたら
お姉ちゃんが「これ知ってる!お母さんがおまえ赤ちゃんときに聞いてたやつや!」
ってゆうて、そうなんや!って嬉しくなった思い出の曲です
この曲のような優しい気持ちで、お母さんが赤ちゃんの私のおしめ変えたりしとったんやろか
とか思うと泣きそうになります


























この曲は今日初めて聴いたんですけど、聴きながら泣きそうになりました
なんか、あったかいなぁ・・・って


























この曲は、ブームだけの曲知ってて好きな曲なんですが、矢野顕子が加わっても
またいいんですよねぇ、でこの絵すごく可愛いし

























で、これは、当時みんなのうた、でやってたブームの曲です、懐かしい
小学校の机に入れたままの残りのパンがカビて出てくることあったなぁ・・・と
あれは男子に見つかると、必ず、うわー!とか言いふらされるんですよね(笑)
























で、最後に、やっぱブランカ大好き、この南国系のってなんでこんな解放感があって
鳥肌ぞぞぞわわわぁっと来るんでしょうね






Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる