光るみなも白い空 | 漆黒

漆黒

君の眼が今も瞳孔を広がせて真っ黒にテラテラと照らついてるのかと思うと

僕はいてもたってもいられなかった

僕が初めて自分の瞳孔が開ききった真っ黒な目を鏡で見た時は酷く恐れた

死んだ人の目か人形の眼がそこにあったんだ

僕は死んだんだと思い布団に潜ってぶるぶると震えていた

漆黒の闇がそこにあった

これまで感じたことない死に最も近い重い重い孤独の中にいたよ

君もそんな孤独を何度も感じているんだろうか

体を刻々と蝕ませていきながら、また寂しそうな顔してるのだろうか

あの孤独から解放されたとき、普通のその感覚がやけに幸せに感じたものだよ

君もそれから解放されるとき、そんななんでもない日常を幸せに感じるのだろう

苦しみは毒ではないけれど、快楽は毒だ

苦しみこそが本当の恐ろしい中毒なんだ

だってあんなに苦しくてさびしくてたまらない世界にまた行きたい

そう思った日には、また手を伸ばし、この目をまた黒黒と染めるよ

内臓の悲鳴も無視して、目も潰しそこに融け込むのさ

みんなの涙も無視して、最高の孤独に浸り続けるのさ

怖いことから逃げるのはなにが必要かわかるかい?

それ以上の恐怖だよ

君はこのまま行くとそこに辿り着ける

辿り着いた日には僕もそこで待ってる

漆黒に散瞳どこまでも大きく広がせてね

漆黒の産道を君とゆくんだ、手を取り合い



Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる