光るみなも白い空 | 冬の朝

冬の朝

目が覚めるとカーテンを開けた。二つの窓があった。外は枯れきった草が伸び繁り、黒い外れかけてゆらゆらと揺れる門が見えた。あれ直さなくちゃな、そう思った僕はしかしそのあまりに淋しい景色を閉じてまた眠りへとついた。起きたらパンとコーヒーの朝食をとる。ストーブの前にへばり付いて考える。僕はあんな廃屋に住みたいかもしれない。一見人なんて住んでいないかのような荒れ果てた家に実はひっそりと隠れて生きていた少年。とかそう、それだ、僕の課題は自分で思うに孤独を乗り越えることじゃないかってそんな気がするけどな、だから僕は僕に孤独をたらふく与えなくてはならないし、僕にとって一番の幸福な場所は一番孤独な場所だろう。よく人と関わらなくちゃ人の気持ちわからないって言うけども、僕は人は孤独にならなくちゃ人の気持ちなんて考えられないと思う、それも本物の孤独、本当に寂しい人は人に優しくできるものさ、僕には孤独がまだまだ足らな過ぎるようだ。僕は温められている分心は分厚い氷河のようになっている、本当のひとりぼっちになった時き
っと僕は溶けて流れだす、思い描いてみる、喜んでくれる人たちのこと。

Trackback

Trackback URL
http://madaminuharu.blog31.fc2.com/tb.php/519-667f1115

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる