光るみなも白い空 | 愛しんだ花

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しんだ花

寒い冬の夜に、ひとつだけ咲く小さな花を見つけて




暗い路の端っこに咲いた霜の結晶を纏ったその花は可愛らしくて




ぼくは毎日その花に会えるのを待ち、その花を眺めては愛しんだ




でも花は寒くても遠い月明かりだけで一人で生きようと決めた




寒い夜に凍えそうな花を毎晩毎夜気になって気になって見に行った




霜枯れをおそれ綺麗なその結晶をぼくの手が落とそうとした




霜を落とされた君は鮮やかな色に蘇り春を待つかも知れないと




ぼくにまた優しく微笑みかけてくれるかもしれないと待ち望みながら



















いい歌だな

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。