光るみなも白い空 | eden

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eden

わたしたちはいつしか愛し合うようになった。
私は女で彼は男であった。
そして彼は私に一人の女性を紹介した。
私は彼にも彼女にも嫉妬や憎しみを感じることはなかった。
「こんなことは今まではなかったよ」私はそう言いながら、私と彼と彼女は同じ家で暮らすようになった。
彼はどこか女性的な柔らかさと優しさを持った男だったが、彼女は男性的な逞しく凛々しい精神を持っていた。
私はやがてそんな彼女に惹かれていった。
私たちの暮らす家は壮大な自然の中にあり、私たちは衣服を身に纏わなくなった。
そこは私たちのエデンであった。禁断の実を口にすることはもはやない。
私たちの家の側には輝く海が広がっている。
ある日私と彼女は岩浜で魚や貝を獲っていた。
すると光を反射させるペールターコイズの海面近くに岩の間を泳ぐ一匹の大きな竜がゆらゆらと現れた。
竜などとはなんと珍しい、しかも驚くほどに美しい鱗ごとに様々の青や緑にきらきらと光る宝石のように鮮やかな、また顔立ちはなんとも愛らしい竜である。
私は興奮してそれを彼女に知らせた。
それを聞いた彼女の心が躍るのを私は見て、竜の元へ走る彼女を追いかけた。
そして彼女は海に入ると竜を捕まえ岸辺に上げた。竜はとてもおとなしく暴れることもしなかった。
彼女の顔は獲物を仕留める狂猛な顔つきになって斧を手にしていた。
私は驚き叫んだ。やめて!そんなにも美しい竜じゃないか!
しかし彼女は素早く斧を竜の太い前足に振り下ろした。
足を切られ苦痛に叫ぶ竜の気持ちが伝わった。
これほどまでに美しく神々しい竜の悲しみもこの広い世界の中では小さなものに成り果てることにひどい悲しみをおぼえた。










いとおしき竜を殺した彼女を私は愛することができようか、続く。
と言いたい所だが、これは今日観た夢の話なので、続くかはわからない。
竜を殺されてとても悲しかった。将来、あの竜の背に乗り夜空で眠りたい。

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。