光るみなも白い空 | 燃え行く椅子

燃え行く椅子

bokuが今日、厠で悟ってしまったこと、それは「人間から芸術というものを取り除いたら人間は阿呆でしかない」ということである。
昨今、火災報知器を屋内に取り付けることが義務となった。
ということは、どういうことか、というと僕の家には椅子だけがあって机がないという事実がばれてしまうということだ、これは小さな波ひとつ起きない水面に穏やかにやってこようとする波の低さは低いが、それが僕に与えるものは大きい、何故か、それは火災報知器を取り付けに来たおっさんか、または兄ちゃんに、この部屋には椅子はあるが、机がどこにも見当たらない、という異常な事実を発見され、絶対おかしい、こいつ、絶対どっかイカれてるのだろう、精神異常者に違いない、早く火災報知器を取り付けなくては、取り付けるのが遅い、少しゆがんでいる、こんなものを取り付けられるせいで、僕は焼死が出来ないではないか、などと発狂してわめき散らされて殺されるかもしれない、と恐れられるに違いあるマイのだ。度内証。どないしょう。しかもおっさんかにーちゃんが取り付けている間、僕はその椅子に座って見ているに違いない。なんか椅子に座ってずっとわしのこと見てるで、おい、怖いなぁ、はよ取り付けて帰りたいわ、うわっ焦って手が震えてうまく取り付けられまへんやん、どないしょ。と思っている火災報知器鳥付け人を僕は伊豆に座って、椅子に座ってただじっと見詰めているんだ。それにさして僕は椅子に座りながらずっと瞑想的音楽を口ずさんでいる。火災報知器鳥付け人は、じゃあ取り付け完了しましたので、一度正常に報知するか試してみますわ、と言ってライターで僕の部屋の布団に火をつける。買ったばかりの敷布団が燃えてゆく。そして火災報知器は見事に放置。ははははは、動きませんね、あっれぇ、おかしいなあ、もっかい取り付け直しますわ、ゆうて火災報知器鳥付け人は部屋がもうもうと燃えてゆく中椅子に座ってそれを見守る僕に見守られながら火災報知器を取り外してまた取り付ける。はよ、はよ取り付けないと火災報知器が燃えてアウトやわ、はよ取り付けないと、火災報知器が燃えてしまったら何のために俺は取り付けに来たんかわからんがな、阿呆やん、はよう、はよう、はよう、はよう。椅子に座った僕は燃えてゆく、椅子は燃えている、椅子は燃えている、椅子は燃えている、燃えても燃えても椅子は四本の脚で僕をただ座らしている、燃えてゆく僕を。

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる