光るみなも白い空 | 屠殺場の恋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屠殺場の恋

誰一人喜ばせられないのだろうか
誰一人希望を持たせられないのだろうか
誰一人悪い習慣を断たせることはできないのだろうか
誰一人わたしの言葉は届かないのだろうか

もし家畜すべての魂が一つの人間の魂となって生まれてきた彼に
僕は会ったなら、彼の前に言わなければならない
「僕は君の死体を美味しいからと言って食べ続けてきたんだ」
彼はきっとこう返すだろう
「・・・・・覚えちゃいないが、覚えているのは、そうだな、こういうこと、こうやって草を踏むこと、草を踏むのが好きみたいだ、あと草を食べること、草の匂いが好きだ、ねえ今からピクニックへでも行かないかい」
「いいね、たくさん行こうよ、君とずっと一緒にいるよ」
「人間って面白いね」
「嵐の中のピクニックになるが、いいかい」
「なに、へっちゃらさ、本当に僕は全然平気だ、みずみずしい草の食べ放題、その中を走り回れるんだ」

そして君は嵐の中で出会った傘も差さず雨に打たれていた少女に恋をするんだ
無口な少女もまるで動物のように馴れ馴れしく話しかけてくる君に恋をする
二人は恋の迷宮に落ちていった
そこは、血の雨が降っていた
彼女は屠殺場で働いていた
彼女は君に言った。
「昔から動物が殺したくてたまらなくなるの、きっと殺せなくなれば気がおかしくなって死んじゃうんじゃないかしら、ここはわたしの天国、だって毎日動物を殺せるんだもの」
血が引いた君の顔はまるで、やわらかな春空のようで透き通って青い。
その表情が一瞬、昨日殺した牛と似てるな、と彼女はそう思った。
心配した彼女は君に言った。
「きっと野菜ばかり食べているから貧血になったのよ、今から自慢の手作り和牛ハンバーグを作るわ、一緒に食べましょう」
「・・・・・なんか、なんもかんがえらんない、ああ空が青い」







Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。