光るみなも白い空 | 非常事態

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常事態

食肉、ペット、革、毛皮製品、動物実験、娯楽産業、狩猟、人間たちはあらゆる動物たちを利用し、利益のために虐待、殺戮を繰り返しています。彼らは私たちの知らないところでどのように虐げられ、殺されているのか。真実を撮ったドキュメンタリー映画「アースリングス」をご覧いただけます。http://vimeo.com/12884758




非常事態とゆうのが、なんとも恐ろしかったね
放火というものに憧れはするが、実際やったことはないなァ
爆音サイレンが昨夜何かの鈍い音の後に突然響いて
俺は吃驚しちまった。身の危険を感じる、まさに恐怖を感じた
外では消防車のサイレン鳴り響いて、俺のマンショーン放火
されたか?そう恐ろしかったよね、胸がドキドキして一切他の事
なんも考えられんくなっちまった俺、恐ろしいことだなァ
人はそうやって自分だけが助かればいいかな、なんて思っちゃう
のかなァって思ったらそれが一番恐ろしいことだなァて思っちゃう
だろう?人はそうやって幻想を抱くんだよ。人はそれでも幻想に
余裕があるときに他者の為に生きるのは容易いことだわな
人はその恐怖にどうやって打ち勝つことが出来るのか
その恐怖に人は大体が錯乱してしまうのじゃないか
非常に非常な事態になった時人は本能だけで生き抜こうとする
火事場の馬鹿力で人をも殺す、この世が地獄絵図と化し
やがて一切は炎に焼き尽くされ残りし物は浮遊す霊魂の永遠孤独
永遠地獄が待っていた。なんて話だ、恐ろしいなァ、さびしいなァ
巨大蟷螂の鎌で毎日首を切り落とされるよ、それでも肉喰うか?
って脅しは仏教的だなァ。君を救いたいと同時に俺は俺を救いたい
俺は地獄に落ちたくない、俺は君に地獄を見せたくない
俺らは俺らを救わなくっちゃァならないし、俺らは自分で自分を
救うことができない子供たち生き物たちを救わなくっちゃァならない
非常事態が毎日毎夜地獄が来る日も来る日も繰り広げられている





Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。