光るみなも白い空 | 獣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗いところで洗濯を回していた
暗くて怖くもあったが暗くない場所はないようだ
闇の中に蠢くもの、それは猫だった何匹もいる
見ると窓が開いていた、わたしは急いで閉めた
猫を逃がさないように、わたしの慰みである猫を
出口を塞がれて猫たちは半狂乱の如く暴れ出した
中にはうちで飼っている猫も混じっている
危ない、まだ生まれたばかりの猫たちがいるのに
わたしは不安になりながらもどうすることもできず眠った
一匹の猫に腕を噛まれ目が覚めた、宥めようと猫を撫でた
猫は噛み付いたままだ、目を開けてみると猫の目は化け物のように
鈍く光り、また耳は猫のような形と違っていた
撫でても猫はさらに激しく今度は腹の方を噛んできた
このままでは食い殺されてしまう、この猫は何故こんなに怯えているのか
これは猫ではない、一体何が猫をこのようなことにしてしまったのか
わたしだろうか

現実に戻され思う
あの化け物と化した生き物はわたしが温めたばっかりに苦しむ運命を
もたらされ、わたしを恨んでいるうずらではないか
わたしが温めなければうずらは痛みも痒みもなく生まれる前に死ぬことができたのだ
うずらが生まれるかどうかはわからないが、今
殻の中で苦しみもがいていないかどうかどうわかることができよう
死よりも誕生させることこそが幸福なのだと、そう思うことが間違いであったなら
生よりもただ苦しみを与えられたくないことがうずらの願いであったなら
うずらがわたしを生涯恨んでもしかたあるまい
生かされることが、殺されることと全く同じなのだと、そう言いに来たのだろうか

次には今度は獅子に何度も襲われそうになっていたが
わたしは何を恐れているのか
それは、わたしがわたしの中に生まれるか、死ぬかとしている一個の
得体の知れない化け物のような思考である

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。