光るみなも白い空 | 竜の波

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜の波

始めに一匹の竜がおりました
ちいさなちいさなとてもちいさな竜の子です
とてもちいさなその竜の子は光り輝きながらゆらゆらゆらゆらとなんにもないなんにもない闇の中を泳いでおりました
真っ暗闇以外になんにもないその中で竜の子はだんだん寂しさがつのってきました
最初のうちはただなんにもかんがえずに闇の中を泳いでいるだけでよかったのに
竜の子はいつしかひとりぼっちなんだということに気づき始めたのです
竜の子はふと思いました
(俺がもう一人いたら、この寂しさはなくなるのかもしれない)
そう思った瞬間です
闇の真っ暗な向こうのほうからゆらゆらとゆらゆらと泳いでくるちいさな光る波が近づいてくるように見えました
それはどんどん近づいてきてやがて竜の子の目の前まで来ました
それは竜の子の前で光りながらゆらゆらゆらゆら揺れて波打っておりました
竜の子はこころが波立つ思いにゆれました
(なんて嬉しいんだろう、俺がもう一人いる)
竜の子はそのじぶんとそっくりな光る波と一緒にあそびました
ずいぶん遊びまわって、ふとした時です
竜の子は光の波とふれあったのです
その時です
竜の子と光の波は一つとなり形を帯びました
竜の子はまたひとりぼっちになってしまったのです
竜の子はまた思いました
(俺がもう一人、また俺の前に現れるように)
するとどうでしょう
竜の子とそっくりな形を帯びたものが闇の向こうからやってきたのです
その光るものと竜の子はまた遊びました
遊びまわったあと竜の子は思いました
(ふれあうとまた俺はひとりぼっちになってしまうだろう)
(そうだいつまでたってもひとりぼっちにならないように)
(俺がたくさんたくさんたくさんもう数えきれないほどにたくさん生まれてくるように)
いつしか真っ暗闇の中は光り輝くものであふれました
そしてそのひとつひとつの竜の子たちがいろいろなことに思いをはせました
(さみしいのはいやだ)
(かなしいのもいやだ)
(たのしいほうがいいな)
(でもずっとたのしいとたのしくなくなってしまう)
(あいしている)
(だいきらいだよ)
(あいしている.....)
(えいえんに.....)

Comment

| | 2013.02.20 19:14
このコメントは管理者の承認待ちです
Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。