光るみなも白い空 | 狂生

狂生

http://www.youtube.com/watch?v=BosZxa1bYcE#t=89

見てるときはそうでもなかったのが見終わってなかなか強烈な吐き気がおさまらない。
そこにはものすごい嫌悪があるし、苦しいからできれば違うことを考えたい、なのにこの佐川さんが愛おしいのか、愛したいのか、嫌悪と愛おしさが同じところにあるから胸の奥が捻じれてこんがらがる、そんなことほど激しく困惑することほど大事なことなんだと思う、大事なことなんだ、嫌悪に偏るばかりでもなく愛おしさだけに偏ることでもない、この人はとても大事なことを抱えて生きてる、今まではなんだか気持ち悪い怖いこととしてしか僕の中になかったことに対して、深く向き合おうと思えたことは僕にとって大事なことだと気付けたことは喜びなんだろう、書いてる今でも嫌悪感すごいけれども、吐き気がするのに佐川さんと名前を呼ぶのも嫌悪があるのに彼を見たい、彼の中に在る狂気ではなく、彼の中に存在しているすべてという正気を見たい、僕が観たいのは狂気ではなく、狂気という仮面を被っている正気だ、理性を超えた正気だよ佐川さん、吐き気をもよおす正気、せいきだよ、正しい気が狂った気を纏う、ほら嫌な吐き気のあとに無垢な赤ん坊が生まれてくるように、狂生ってわけだな、できればもう観たくない、しばし忘れたい、不快さが下痢の痛みのように引いては押し寄せる、動画の最後に、彼は「死だけが希望」だと泣くのをこらえて言った。それはまるで彼の苦しみが僕ら全員のこの嫌悪のための犠牲になってるみたいだ、僕らのこの嫌悪感を彼らの絶望以外の何が救うだろう、吐き気のあとに生み出すものはなんだ?

愛すべき佐川一政。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E5%B7%9D%E4%B8%80%E6%94%BF

動画は「Interview with a Cannibal」というものです。

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白空

Author:白空
1981年8月4日生

sirosorajpnonikki’s blog
錯覚する情景
悲しみの男カイン
天の白滝
Twitter

Cowspiracy環境保護団体があなたに知られたくない事実
カウ(牛)にまつわるコンスピラシー(陰謀) ドキュメンタリー映画『カウスピラシー』
食肉、ペット、毛皮、動物実験の現場ドキュメンタリー映画EARTHLINGS
ナレーション:ホアキン・フェニックス

音楽:Moby

『アースリングス』

肉食と食料問題(飢餓問題)
先進国の5人に一人が肉食をやめると、飢餓が解決すると言われています。
アンゴラ・ウール・フェザー・ダウンの作られ方
毛や羽毛を取るためには残酷な虐待をしなくてはなりません。 そして最後には殺されてしまいます。
犬や猫も生きたまま毛皮をはがされている
残酷な動物実験をしている会社から化粧品、洗剤類を買わないという選択ができる
くろたん
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
猫の目時計
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる